MMA ISLAND

ブログトップ

4/23ゲマ公認

バトスピですが、ついに制限がきましたね。
案の定のミカファールと、ついでにイビルオーラ。
イビルは結構重宝してたのですが、まあしょうがないですね。
空いた2枠に、入れようとおもってたけど枠が足りなかったウィークネスでも入れますか。

1段のカードプールから今回の制限まで、俯瞰視点で見てたら本当に図ったかのような流れだよなぁ、これ。


コナンの劇場版、黒の組織絡みという事なので今回は劇場に足を運んでみました。
……ええ、正直ちょっと舐めてましたよ。
上映30分ほど前に着いたのですが、チケットボックス前は長蛇の列。しかも10分ほどで第1回のチケットが完売しました。
仕方なく第2回のチケット買って暇を潰し、会場時間ギリギリぐらいに行ってみたら、チケットボックス前の行列が全然減ってないのが驚いた。
しかも第2回のチケットも完売してるし。
ちなみにこの行列、上映終わった後も全然減ってませんでした。怖い怖い。

内容は事件自体がすでにおまけでした。
犯人どころか事件関係者自体が終盤にしか登場しないってぐらい。

その分映画13作目にして映画への新規登場人物の数が半端ない。
黒の組織絡みもそうだけど、今まで出てきた警察関係者も結構な数出てきたし。
なにより今作オリジナルの黒の組織の人物が笑った。なんせまんまコブラ。
サイコガンはないものの銃の構え方までコブラだし。

例に漏れず色々ツッコミ所はあるんですが、一番酷かったのはジンですね。
ジンといえば非情に頭が切れ、一度出し抜かれてもすぐさまリカバーして迫ってくる、現状最強の敵ポジション。
そんなジンさん、現場で盛大に漏れた絵の具を踏んで足跡処理しないわ、
警察が集合しているタワーの近くまでヘリ乗り付けて、長時間機関銃ばら撒きながら旋回してるわと痕跡残しまくり。
しかも一番酷いのが「工藤新一って憶えてるか?」「バラしちまった奴は忘れたよ」のやり取り。
一度ならともかく、何度もそういう人間が出てきたうえそいつらの周りでごたごた起きてるんだからいい加減気にかけるぐらいはしろよ、と。
これらの行動をウォッカがやってしまいジンに注意されてしまうのなら今までのキャラ通りのやり取りですが、ここまで不注意なことを肝心のジンがやっちゃうのが一番不可解だった。

まあもっと不可解なことは、あの群馬県警のへっぽこが警部に昇進したことですが。


ライアーゲーム、ドラマ版が劇場版&第2シーズン制作決定だそうで。
メインキャストは第1弾と同じらしいです。
とはいえもうあまり期待してませんけどね。
原作ストック尽きた最終回の脚本なんて本当に酷かった。
特に前回中途半端に勝っちゃったおかげで3回戦敗者復活戦もないし、ヨコヤも破滅同然に負かしてリタイアさせちゃったんですよね。
つまり完全オリジナルになってしまうわけで、今のドラマ業界の脚本レベルでどの程度のものができることやら。

打って変わって本編の方ですが、感染ゲームのルール説明。
なんかもうルール説明の時点でかなり面白い展開が用意されてる雰囲気満々なんですが。
予選から早くもヨコヤと対峙させた理由はこれか、と思っちゃいましたね。
これ案外本戦の方はあまりヨコヤとの戦いには重点置かれない気がする。
フクナガたちを別のチームに分けて排除したのは、ヨコヤと繋がりのない人間をゲームに混ぜるためで、対ヨコヤは予選で大まかな部分を終わらせちゃうような気がする。
つまり別のチームの方にヨコヤに匹敵する、もしくは上回る強敵が出現する可能性も高いわけですが。


使用デッキ:花日花嫁
1戦目 雪単 ×
2戦目 月単ハンデスサイクラ ○
3戦目 月単サイクラ ○

幸せのコーラサワーっぽく相変わらずのデッキで。

1戦目。
うん、だからこのデッキ雪単相手だと相手が事故らないと無理なんだ。
しかも今回なぜか饗宴抜けてて、昇華を引かないんだからどうしようもない。
それでもなぜかあと一息というところまでいけてたけど。

2戦目。
序盤にいたずら2回立て続けに撃たれたのですが、カリン出せることだけが救いという酷いハンドだったのであまりダメージありませんでした。
むしろおかげで手札を温存でき、ハンデス相手にしてるのにこちらの方が手札多いなんて事態に。
それとサイクラ出るのが遅かったことも手伝って、まなで打点加速して里美出る前に終わらせました。

3戦目。
早々にサイクラ里美体制やられたのですが、相手の強制言語が強かった。
クドで貼り返して以下放置。
あとは花嫁が殴ってるだけで割となんとかなりました。
見敵必殺? なにそれ美味しいの?

ふう、除去ないデッキには割とどうとでもなるんだなぁ、と思ってみたり。
実際止まらないからねぇ、こいつら。


さ、早く新しいデッキでも組むか。
今回、というかここ最近の汁鰤はネタカードに対して手抜きの姿勢が見えて地味に哀しいことです。
[PR]
by mma-island | 2009-04-23 21:22 | Lycee | Comments(0)