MMA ISLAND

ブログトップ

龍帝全カード雑感その3




妖精ドロシー
オズの魔法使いセットその1。
ええ、黄らしくものすごい貧弱なただの1/1です。
これでオズセット専用マジックでもあったらよかったのに。
ちなみに私にはメガネ属性はないのでトリスタさんの言ってる事はさっぱりわかりません。

ワイズレス・スケアクロウ
低コストの光芒持ちがとうとう登場。
しかしながら出てきたタイミングが悪かった。
スペックが貧弱でさっと焼かれるため、タッチなら今まで通りペイラでいいと思う。

ダークピヨン
ちょっとは丈夫になったけど、まあ所詮は黄の軽量なので。
こいつ価値があるとすれば2コストとバニラということと、あとは歌鳥というところ。

黒の妖精ティ・ターニャ
マジックの軽減アップなんだけど、それだけなのはちょっと辛いね。
まあ能力が常時のうえ3/3だから、出し方によってはいい感じに軽減活かせると思いますけどね。
ただそのためにこいつを入れるかというと……。

ハートレス・ティン
オズの魔法使いセットの3体目。
でも内容はなぜか白サポート。
とはいえ効果自体は面白いと思いますよ。
BPパンプは些細ながらアルマ・ジールLv2と同じ効果だし、白に貴重なドローソースだというのもいいですね。
Lv2まで2コアですし、パンプとドローが同居してるっていうのは結構でかい要素でもありますからね。
相手の行動任せなのとこのスピリットは貧弱のままっていうのが最大の問題か。

アルカナビースト・ハルト
どこかで見たようなことがあるとか言ってはいけない。
ケンと対を成すアルカナパンプなんですが、一言で言うと弱すぎる。
なぜかというと、ペイラというほぼ上位の存在がいるから。
あいつは光芒持ちのうえ、アタック時効果ではなくアタックステップに常時効果を発揮してるためフレテンなどの被害を食い止めやすいんです。
まあ両方入れるのはありですが、どっちかだけのつもりならペイラを使った方がいいんじゃないかな。

郵便ペンタン
まあ、こいつに付いて語ることはあまりありません。
先行公開から印象が変わるカードがなかったので。
リセ勢からはイラストが大好評でした。

天使スローン
アルケーの次はスローネです。
能力自体は本当に嫌がらせですね、これ。
相手としてはコアの少ないスピリットを残すことができず、目当てのスピリットのコアの維持もできないわけですからね。
Lv3はおまけですね。

アルカナソルジャー・サンク
なんと複数対象へのマジックを1体に集中させるという身代わり能力搭載。
しかしながら一番防ぎたいフレテンが、効果を発揮するLv2だと対象外になってしまうのはままならないところですね。

光帝リュミエール
龍帝の中でダントツでBPは低いのですが、系統がそれを補ってあまりあります。
黄で四道を持つということはそれほどまでのアドバンテージを孕むということなんです。
系統のおかげで、龍帝の中ではトップクラスなんですよね、使いやすさは。

ブレイブレス・レオ
4人組最後の1体。
そういえばオズの魔法使いと聞くとマジレンジャーを思い出す。
7/5という軽減の多さは魅力なのですが、ちょっとBPが低い気がするかな。
それでも黄だと十分強いことになるか。

天使長セラフィー
天霊デッキだと割りと必須レベルだと思うのですよ。
やっぱりこの展開力はスゴイの一言。
これで天使の階級って全部出揃ったっけ?
ああ、まだケルビムが残ってるか。

奇跡の丘
セラフィーがいるからこそLv2の効果が鬱陶しいわけですが、それにしたって必要コアがちょっと多いかな。
あとパンプ効果とあまり噛み合ってないのも気になります。
発動タイミングもどちらも自分のアタックステップのみなので結構使い辛い感じです。

魔力満ちる泉
Lv1の効果の時点でかなりの嫌がらせ。
1コスト余分に払わなければいけないっていうのは、本当に鬱陶しいものですよ。
で、1コスト増やしたうえにLv2でさらにコアを削られる、なんという嫌がらせ。
でもLv2はおそらくいらないかな。Lv1だけでも十分すぎる。

トリックプランク
やっぱり出たデッキ回復カード。
それでも1度の破壊には耐えられない辺りはご愛嬌。
そもそもデッキボトムのカードに干渉できるカードが出ない限りはあまり使わないんですけどね。

グリームホープ
とうとう光芒を与えるマジックが登場。
これにより光芒スピリットを無理にタッチで入れなくてもいいことに。
私も使ってたからわかるんですが、タッチで別の色のスピリット出してそれにコア乗っけて、さらにマジックのコストも使うとなると相当時間が掛かるんですよね。
その手間を省けるのだから相当偉い。

ジャッジメントライツ
ダブルシンボルマジックのサイクルの中で、誰もが認める問答無用の最弱カード。
なんでわざわざダブルシンボル専用のマジックで、それよりも発動条件が容易なフォーカードと同じ効果を出さないといけないのか。
こいつがフォーカードより優れる場面って、場に黄のスピリット並べないデッキにタッチで差し込むぐらいじゃないか。

ストレートフラッシュ
以前も思ったことですが、やっぱり代償が大きいな、と。
小玩をパペットストリングスで系統加えて、チワールで回収すれば損害も抑えられ……手間がかかりすぎるか。





鼠人チューリッヒ
青のジャグリーンともいえる存在。
とはいえこちらはジャグリーンと違って戦獣が場にいればいいだけなので好きなだけ展開できますし、その代わりといっては何ですが数を減らすことへのプレッシャーがなくなるのも面白いところ。
今弾からの青はこいつを中心に下地を整えるのが主流になりそう。

薬師ギルママール
青単での貴重なコアブースト手段なんだけど……トリガーとかその割には増える個数が心許なさ過ぎる。
これで系統が戦獣だったらまだ救いはあったんだけど。

戦士グフタス
まあ、典型的な1/1バニラですよね。
Lv2以降が1/1の割にはちょっと数字が高めですけど。

戦闘獣ジャッカー
電撃隊と呼んではいけない。
ネクサス保護としてはかなり優秀な部類。
効果をLv1から発揮できて1コスト。タッチでも十分活躍できる。
Lv2へは4コア掛かるうえ1000しか増えないので、いっそただのスケープゴートと割り切るのも手か。

猿人モンゴクウ
無駄に爽やかな顔がやたらむかつく。
それはそれとしてサイズの小さい勇傑としては評価できる、といった感じ。

二刀流のアムブローズ
こいつに関しても、先行公開から語れることはなかったりします。
序盤の攻めとしてはロック・ゴレムと双璧をなすかな。
よっぽど変なデッキでもない限り2000はアップするでしょうし。

ウガルルム
まあ、ディノハウンドの劣化版です。
なぜかこちらはLv2に必要なコアが5個掛かりますが。

機織のハーフェレシテ
鶴の恩返しですね。
ネクサスをトラッシュに送る効果とコアブーストを両立できるのですが、やはりネックとなるのは手札を一気に消耗することでしょうか。
破壊時効果がなかなか乙なものなので、特攻するときは是非Lv2で。

猫人アビシニア
まあ、取り立てて語ることもないバニラですよね。
本当に語ることもなさ過ぎて困るぐらい。

ドラ・ゴレム
覚醒サポートとしてはなかなかの性能。
ただそのおかげかLv2に4コア掛かるのはちょっと痛いような気もする。

アイアン・ゴレム
これも特に語ることないよね。
前回で全部話しちゃったし。

幻影士のミラージ
Lvいじるスピリットとしてはなかなか面白いんじゃないかな。
複数のスピリットを一気にレベルマックスにできるのだから最高に奇襲ですね、
むしろタッチで使いたいスピリットかな。

戦闘獣ディアトリマー
アビシニアからLv2のBPが1000アップしただけなんですよね。
それ以外は系統が強いだけで、特には何も。
スペックが微妙なバニラばかり多くなっても仕方がないのにね。

スチーム・ゴレム
粉砕デッキの必須スピリットですよ。
1体で崩壊する戦線内蔵なんですから、弱いわけがない。
出るのがちょっと遅いぐらいかな、大きな欠点って。

ラビラビ
普通に使った限りじゃ、酷くコストパフォーマンスの悪いバニラ。
サファイアの城壁と組み合わせると途端に化け物になりますが。

海帝クラン・マラン
やっぱり唯一の2段階レベル設定だけあってちょっと小回りが聞かないのが痛いかな。
まあダブルシンボルマジックのためだけの存在なんだけど。

異合竜ハイドラス
コア消費も派手ですが能力ももっと派手。
フォクシンと凱旋門Lv2の効果を備えた究極のマジック殺し。
フォクシンはサイズが一番のネックでしたが、こいつも逆の意味でサイズがネックですね。
つまりは極端に重くなりすぎ。
それでも軽減が5あるだけマシなんですけどね。

伝説巨人ジュード
能力発動条件がちょっと厳しいというか、青ミラーメタですよね、これ。
とはいえ粉砕持ちのでかいのはランドルフクラスじゃないと使われない定めなんですけど。

機動要塞キャッスル・ゴレム
アニメでも見せた通り、ド派手な効果です。
一瞬の爆発力ならタイタス以上ですね。

古代闘技場
Lv1、Lv2効果共に実に強力。
こちらが攻め込むときは目に見える数字だけで判断できるし、逆に相手は不安になるでしょう。
特に白はブロック時BPパンプ効果が発動しないので結構つらいことになるでしょう。
Lv2はデッキ問わず強力ですね。
紫なんてロンデスができなくなるだけで大分パワーダウンしますし。
これで3コストなのだから怖い怖い。

心臓破りの巨大坂
じわりじわりとデッキ破壊。ちょっとゆっくりしすぎな気もしますが。
Lv2はバニラサポートなのがちょっとちぐはぐな感じもしますけどね。

栄光の表彰台
古代闘技場にちょっと話題を掻っ攫われた感がありますが、それでもやっぱり強力。
ネクサス展開のためのカードというより、ネクサス利用したコンボパーツですね。

スイッチヒッター
バニラとしての効果を持たせる、と書くのはなんだか妙ですが、そんな感じのマジック。
造兵にしか効果がないのが玉に瑕かな。
それ以外は2コスト+3000なんですが、ストームドローの効果が偉大すぎて目立たないだろうなぁ。

レッドウォール
ブロックできない効果を無効にできるカウンターですが、主な使い道は油断しきってる相手に対するカウンターですね。
ブロックできないスピリットがいるときって、結構気軽に殴っちゃうものですから。
2コストだからどのデッキにも入るというのもいいかな。

マジックドリル
やっぱり破棄枚数が不安定なのは痛いなぁ。
それでもデッキ破壊にとっては色々と頼もしいカードが増えたおかげで、入れない選択肢はほとんど消えてしまったのが幸いだけれど。

マッシブアップ
ビルドアップと違って青限定で、しかもLv3限定か。
ランドルフに使う未来しか見えないんだけど。

ネクサスリペアー
ネクサスリアニメイトとしては大分軽い。
コントラストみたいに大量には展開できないものの、ひとつのネクサス自体に主軸を置くデッキなら手軽に撃てるマジックってことで結構強いんじゃないかな。
それでいてフラッシュ効果のパンプは+3000となかなかの数字だし。

タイダルタイド
気がつけばこいつがダブルシンボルマジックの中で一番強かった。
破壊するカードを選ぶのは相手だけど、そもそもネクサス自体を大量展開できるコンボが用意されているわけだから大して気にならないよね。
困るときって、そんなのが通じないほど異常な大量展開されているときぐらいだし。




総括ですが、なかなか面白い強化がされてますね。
赤、青、白が一番強化された色でしょうか。
現環境最強だった赤は現状のコントロールを強化するのではなく、新しい方向性を作り出して強化させるというものだったのでバランスを崩壊させたわけではありませんでしたね。
青の強化は半ば当然なのですが、デッキ破壊を安定して行えるようになり、フィールドの下地作りの軸もできたりとなかなか興味深い。
白も新機軸を作り出しつつ防御力もさりげなく向上させていたりと、拡張性と色本来の持ち味の両方が強化されています。
紫は妖蛇コントロールという道ができましたが、どうにも力不足感があります。Xレアを絡めたウィニービートなんかも出てくるかも?
とにかく紫にとって辛いカードが何枚か出てしまったので、その分のマイナスをどう取り戻せるかが鍵ですね。
Xレアが残念なことになってしまった緑ですが、大型サポートともいえるネクサスが増えたのが収穫といえば収穫でしょうか。あとは樹魔と爪鳥がどれだけ成長できるかに期待ですが。
黄は天霊がセラフィーのおかげで結構強化されましたが全体的なパワー不足が少々悩みの種かな。光帝のおかげで四道の爆発力が地味に上がったのが強化といえば強化かな。

最初の一ヶ月は、大きく環境が動きそうかな。
それ以降はどう環境が変わるのか、正直まだ掴めませんね。
まだ実際のカードの動きを掴んでませんし、飛び抜けて強い形もないんですよね。
どれかが突出しようとすればそれを殺せるカードがあるので、そうそう一つのデッキが幅を効かせるようなことにはならないと思いますが。
それでもどれかひとつが突っ走るとすれば、色々対策仕込めたうえで安定して行えるデッキ破壊かな。

とはいえ来週以降じゃないと頻繁に大会に出れそうにない、というか出れる大会がないのが残念なところ。
[PR]
by mma-island | 2009-06-12 02:14 | バトルスピリッツ | Comments(0)