MMA ISLAND

ブログトップ

6/5北グリGP予選

なんか今回やたら人多くて、フェスタ前だからかと思ったらGP予選だったようで。
参加賞もらって初めて気づいた。


エピソードブルー見てきた。
今回は(も?)本当に面白かった。

なんというか、今回のエピソードで幸太郎はやっと本当の意味で電王になれたと思う。
やっぱり電王である以上イマジンとの繋がりって重要だと思うし、今まではゲストキャラだっただけにそういうところに尺を割く事ができず、テディの態度からも元からあんな形だったような印象が強かった。
だから真のパートナーになることができたエピソードブルーはスピンオフでありながら正しい意味での電王の物語だといえる。
そしてその名の通り新たなる電王の誕生を祝福するように流れるダブアクストライクフォーム。
元祖ダブアクを継承しつつも幸太郎&テディの色を出しています。



今日の大会、使用デッキは宙月花恋。
単に恋にわかば使って9点とかいうのがやりたかった。

1戦目、花星上杉姉弟。
私も以前組んだデッキなので、大体の動きはわかってます。
でもさすがに早々にカレイド+キス姫が出てくると打点止められなくてきついですね。
結局カレイドラッシュの打点差に沈みました。

2戦目、雪単。懐かしのレンリバーン。
こちら先行初手岸田、相手京とレンリ出して岸田に辱め。異次元物体できっちり迎撃。
その後互いによくわからない高まり方をして色々やり取りした後、サプライズ置き場に4枚ほど溜まった岸田を死守してなんとか勝ちきりました。

3戦目。雪宙。
手札が本当にひどかった。先行取らされてもわかばAFエンドとかありえない。
それでもなんとかボーナス持ちアタッカーが出てくれたので助かった。
しかし相手が前半事故って多分、その付けが来た後半に除去が集中していたために、思うように打点が通らず。
最後は1点を争う勝負になるも、一生懸命が早々に全部落ちた上キャラを並べられず打点を防ぎきれませんでした。
だが相手は7点パンチャーの恐怖にがくがくと震えていた。
LFYは あいてに トラウマ をあたえた。

4戦目。日単。
最後の試合ってことで、お互い完全にやる気なし。
最後の最後で、一回も場に出ることがなかった恋を引いて、おまけにドレスとすもももセットで到来。
ただ相手の取材が強すぎて、わかばとか追加の岸田が落とされたのが辛い。
まあお互い守る気もない殴り合いで、数の暴力には勝てませんね。
しかしLFYは あいてn(ry

1勝でしたが非常に満足。
やりたいことが全部できたしね。


さ~、明日のフェスタどうするかな。
実はまだデッキが決まってないんだよね。
[PR]
by mma-island | 2010-06-06 03:10 | Lycee | Comments(0)