MMA ISLAND

ブログトップ

Ver.5pd全カード雑感その1

リセですが、別に引退したわけじゃありません。
確かに今月は大会出てませんがね。
一応デッキは組もうとしてるんですよ?
ただ細部を詰めるために現環境を研究しようとすればするほどモチベーションが削られて結局完成しないだけで。




伊吹 みなも
ゴミ箱とのイベント入れ替えなのだが、事前に手札にイベントを握っていなければならない。
序盤だと意味がないし、中盤だと場が弱すぎる。
タックス・トラッシュが付いているため終盤に出して使いやすい除去を回収しつつチャンプするのが一番効率的か?

桐生 萌郁[1]
アグレッシブを持てるがAFに配置できないのでほとんど意味はない。
AP+効果とダッシュ付与から見てDFで威圧するのが主なお仕事。
雪属性限定というのが少々厳しい。

箱崎 智紗
中央に配置できればAP-3。
とはいえ1コスト掛かるし、スペック的に微妙。
AFの低DPキャラを保護する目的ならそこまで悪くは……いや、ないな。

陵 いのり
DP1のキャラというと割りと候補はいるが、この能力が有効に働く場面がそんなにあるかといわれれば……。
少なくても御三家時代じゃあるまいしこの程度のスペックで刺さるかどうかわからないキャラを入れるスペースはないよね。

岸本 あやせ[1]
イベント除去への火力支援なのだがちょっとスペックが貧弱。
おまけにペナルティ持ちなので何回か効果を発揮しないと元が取れない。

岸本 あやせ[2]
やってることは実質手札の入れ替え。
自キャラ破棄手段としてはデッキ2点がやや痛い。
ペナルティも手札削ってくれるのでどうにも使いづらい。

百瀬 環
EX1とはいえゴミ箱任意除外のうえ2点。
でもやっぱり壁にしかならんEX1はきつい。
沙耶は任意除外に加え、ただでさえ自身が優秀なアタッカーなのにAP上昇とダッシュ、ボーナス付与の特典まで付いてたから強かったわけで。

寿々奈 鷹乃
タイミングが優秀な除去だけど、発動するのは4回目の自ターン後。
精々1体除去できれば上出来といったところか。

桐生 萌郁[2]
能力自体はなかなか強い。
ターン中に登場したキャラと適用範囲はなかなかのもの。
実質デッキ破棄が1枚だけで済む。のだが中途半端にAFスペックなのが辛いか。

仙堂 麻尋
適用キャラは現環境の半分以上のAF。
スペックがやや中途半端だが、役割を考えればSP3は破格の待遇か?

タイムマシン
あからさまなペゾメタ。
他にも色々突き刺さるが、汁鰤が一番推したいのは対トラペゾだろう。

ファンタズム
うじゅの基本能力版。
というか「元の」って付いてないのに、タイムマシンみたいな特定メタとは違って汎用性がある除去に対応不可をつけるのはどうかと思う。

バングル
雪らしいアイテムですよね。
これで鼻血と共に伊吹風子が大活躍するフラグが……EX1が限界ですね、はい。




楠 優愛[1]
プレリからはそこそこ使いやすい能力に。
色拘束もさることながら、ボーナスによる打点も素通しとほぼ変わらなくなったのが大きい。

将軍
登場時相手のハンド全とっかえ。
本当にただそれだけ。しかも配置場所もスペックも最悪。
お勧めで相手の手札に重要キャラを加えさせて全とっかえという嫌がらせもできるけど、そのためだけに入れれるカードではない。

諏訪 護
元の、と書いてないのでDPをいじれるカードと組み合わせれば効率のいい除去。
しかしそのDPをいじる手段が効率的であるかどうかの問題があり、加えてタイミングが非常に使いづらい。

百瀬 克子
実質0コストになれるが、1回だけ任意でドロー内容をいじれる。
とはいえ相手にもドローされるカードは見えるわけで。
月ならむしろカウンター手段見せ付けて相手の動きを牽制するのもありでしょうけどね。

葉月 志乃
終盤にDFをほぼ確実に寝かせられることができる。
ただしこのキャラが生き残れる場にいることが条件とかなりシビア。
しかもチャンプに使おうにもペナルティのおかげで美味しくないときたもんだ。

橋田 至
デッキからほぼ任意除外自体は強いのだが、自ターン中のみのうえいちいち寝かせないといけない。
そのくせスペックもやや貧弱。

高科 史男
宣言を挟まずイベントを妨害できるタイプで、ペナルティなどは持っていない。
だがその分イベントは手札に戻すだけなので一生懸命みたいに1回しか宣言できない類のもの以外にはあまり意味がないという致命的な欠陥が。

雨宮 瑞穂
いつぞやの朝倉さんのように、ドローによるデッキ減少を抑えてくれる。
あちらはゴミ箱から回収するためサルベージには適しているが新しいカードを引くことはできず、こちらはその真逆。
それでも性別が女だったりスペックが地味に向上してる分こちらがやや有利か。

南 つばめ
かなり時間のかかる回復カード。
麒麟児の回復量の異常さが目立つ。
回復は毎ターンではないのでちょっと計算が大変か。

楠 美愛
相手だろうと自分のだろうとキャラがダウンした時点で回復。
場にいたら酷く鬱陶しいけど、その分打点は貧弱に。
まあステップ持ちのSP3だから動かし方次第じゃかなりのアドバンテージを中盤までに稼げるんだろうけど。

黒須 カナタ[1]
デッキ破棄してドロー自体はいい。アンゼリカとかモロ丘とかいるから。
しかしなぜただの手札入れ替えにするのか。

黒須 カナタ[2]
アタックorブロックするだけで1点回復。
回復は任意なのでメタで逆利用されることもない。
やってることは華琳ちゃまと似たようなものだが、EX2とはいえ打点が1点減り相手のアタック時デッキ破棄もできないと、比べてしまうと色々と不備が目立つ。

双海 詩音
朝狗羅以来の効率のいいハンド上限強制。
しかもこちらはハンドを捨てさせた場合はデッキダメージも。
捨てさせる枚数は朝狗羅の方が上だが、ハンドを残したくないと思わせるのはこちらだろう。

野乃原 菜夜
非常に範囲の広いメタ。
引っかかったときの代償はデッキ1枚破棄だけだが、回復だけでなく手札をデッキに送ったり、スケカクや未来視のような効果まで引っかかる。
しかしながらターン終了時まで消えてしまうので、ある程度なら無視してしまえるところが悲しい。

嘉神川 クロエ
ハンドを1枚支払ってどんどんと成長していく。
デメリットはタックス・ウェイクアップだけなので、ニナとかで消すまでもなく回避方法は豊富。
惜しむらくは素がAP4のため、ツキよりも起こす手段が限られてしまうところだろうか。

岡部 倫太郎
ティベリウス涙目。
ゲームセットに突っ込んでおきたいカード。
……もう2、3セット前に出てれば活躍できただろうね。
なんで同セットのカードにメタられまくらなければならないんだろう。

楠 優愛[2]
対応宣言はなく、1ターンの間相手キャラを完全バニラ化。
しかも回数制限はなし。
それでいて本体は0ステップにデキボ含めて4打点。
EX1とはいえかなりいやらしい先攻初手安定キャラ。

星屑との握手
手紙手紙とうるさいから適当にメタを作ってみました、と言わんばかりのカード。
普通の効果が使い道なさ過ぎるんですよね、これ。
しかも手紙のメタとはいっても、相手先攻初手に取材で手紙めくれました、って場合には無力。

チートコード
ああ、Mボムの簡易版ですね。
トラペゾ相手に撃てというんでしょうか。

電話レンジ(仮)
登場妨害イベントとしては結構効率はいい方。
バウンス効果は一回しか発動しないが適用範囲が広く、普段なら呼び出せない、呼び出すのに手札が掛かるニナ鯖みたいなデッキや、転校生で自分のゴミ箱のキャラが奪われたときなど。
あと撃つかどうかは個人の判断だがたぬき寝入りとかで緊急避難したキャラを戻したりとかね。

ゲロカエルん
コンボ専用カード。
相手ターン開始時なのでチャンプのおかわりはできない。
ただチャンプ量産として使いたいなら、0コストキャラやウェストのようなキャラを何度も呼び出すのも可能。
エリアでの効果だから、タイムマシンとかに引っかからないのが利点。


とりあえず今日はここまで。
明日に備えたいのでその2以降はまた後日。
[PR]
by mma-island | 2010-07-28 02:04 | Lycee | Comments(0)