MMA ISLAND

ブログトップ

Ver.5pd全カード雑感その2

ミックミクになりながらなので作業が滞ってて困る。
同時押しきついね。今まで左手は添えるだけだったからほとんど別ゲーだよ。




咲畑 梨深[1]
割と安価なドローソース。しかしただ使おうとすれば代償としてデッキが3枚削れる。
ここまでして無理にドローすることは花だったらないし、
ドローしたいんだったらハーモニカという手段があるので採用してもほぼバニラ。

椎名 まゆり[1]
条件付ドローソース。
ランダムに手札を公開しないといけないため期待値は低い。
月花だと路地裏、撫子喫茶を抱えている場合が多いから花単よりも確率アップ。
問題はデッキスペース。

漆原 るか[1]
殴るときだけ3打点。しかし所詮AP2。
ローレルデッキでも出番ないかな。ターン終了時まで得てるわけじゃないから。

今坂 唯笑
能力自体は結構使う機会は多いかもしれない。
しかし3コストキャラをわざわざ場に出す余裕があるだろうか?
まあSP3の1コストサポーターはある程度場で強いスペックではあるんだが。

荷嶋 深歩
これはひょっとして「全色に積めるトラップメタだぜ!」と言いたいんだろうか?
トラップメタと言いたいのならせめてバルド級の能力は持ってこないと。
って言うかこのテキストの書き方だと、相手はこちらの手札を破棄することを選択できるのだが。

相摩 希
3.0瑠璃の能力を常時で搭載。
中央に置いて両方のアタックに使ってね、ということなんだろうかねぇ。
条件付構築でもなければ、使うことはないでしょう。

早蕨 美海
デッキトップと手札の入れ替え。
やらせ? 違うよ演出だよ。

椎名 まゆり[2]
特定カードの回収。自身のアンタップは完全におまけ。
これでAP3とかだったら普通に強かったのに。
一応確実に月コスト、もしくはEX2のイベントを手札に入れることができるという使い方もできるが、デッキスペースの問題が。

白河 ほたる
今回は置き場サイクルですか?
ターン開始時なので、実質自ターン中しか使えないのが痛い。
使い捨てしようにもいちいち溜めないといけないからどうにも使い勝手が悪い。

荷嶋 音緒
ハーモニカミラー、もしくは終盤ハーモニカ使って相手のデッキを削れというわけですね、わかります。
そうじゃなくても、エリアを主体としたデッキは大抵のものを潰せるので地味に厄介なカード。
しかも1ターン2回なので、同じものを2枚貼り続けて維持するという方法が、3枚握ってないと取れない。
エリアを積んでる場合手札アドまで取られるので、エリアメタとしては割りと洒落にならない。
加えて1/3/3の2コストサポーター持ちという、スペックのインフレも体現していたりする。

日名 あすか
ペナ1ドロー付きの3/1はどこで需要があるかわからない。
能力のおかげで対面のAP2もある程度無視できる。しかしコストが辛い。
DFに置いて大幅にAP増やす手段があればなかなか面白いキャラなのだが、デフォだと左DFにしか出れないのが残念。

鷺沢 縁
効果範囲はあくまで同オーダー。
中央DFに置いた場合左右はそこそこの硬さにはなるだろう。
でもブードラならともかく積極的に積みたいカードでもないかな。

春日 結乃
能力自体は悪くない。悪くないんだが、失うのが相手ターン終了時までと長すぎる。
それでも3枚破棄は抑止力としては優秀なのも事実。
あとはスペックか。
いっそのこと1/3/3ならよかったのに。

秋津 神奈
笹部しおりと組み合わせたいが残念ながら色が致命的。
打点加速としても、花という色だとあまり美味しくない。
もっと致命的なのが、花のスペックインフレの中で2/2/2でサポーターも持っていないところだろう。

星来・オルジェル[1]
能力自体は、混色強制だがなかなか強い。
本人の性能が2コストにしてはいいアタッカーわざわざハンドを切るほどではなく、DFとしてももったいなさ過ぎるおかげで自ターン中はもっと強力なアタッカー、もしくは詰めの段階でもなければ活躍はできない。
一応相手ターンにも使えるので、このキャラを使いたければアタックを封じる使い方の方が機会は多いだろう。
真壁とセットならハンド2枚で6点、他にターン終了時もしくは永続でデキボを付けられるキャラがいればもっと伸びるだろう。

星来・オルジェル[2]
上手くいけば1ターン相手のアタックを丸々封じることができる。
でも出したターンにしか使用できないのが少々使いづらい。

一条 秋名
0宣言で、なんにでも使える花1コストを発生できるのは強い。
しかしタイミングが致命的に弱すぎる。
このキャラが参加している、ってだけでも十分致命的なのにスペックが低すぎる。

舞方 香菜
基本能力はなかなか強いのだが、能力は結構弱い。
空転に入れるにしても大分無理があるだろう。

漆原 るか[2]
能力自体はなかなか面白い。
しかし本体が3コストでこのスペックというのが一番の障害。

西條 七海[1]
立ち回り次第で相当な回復量を誇る。
中央DFにいる未行動状態の味方キャラ、ということ以外は条件はないので混色でも入れやすい。
月花だとガートルードと配置が被ってしまうのが痛い。

西條 七海[2]
今セット最強のカード(イラスト的な意味で)
ただし能力は、最大4体(相手含む)アンタップできるが相手も回復してしまう。
本体のスペックも含め、どうにも使いにくい印象がある。

咲畑 梨深[2]
ペナ1ドローを持ち場全体にかなりの破壊耐性を持たせるのだが、このキャラ自身がアタッカー向きの性能なので少々厳しい。
主従ミーティングなどの安価なアンタップを仕込んでおきたいところ。

桧月 彩花
登場時3点回復と、コンバフィーナを思い出す性能。
しかし1回しか起動せず、このキャラ自身4コストも払うには中途半端な性能をしているので苦しいところ。
とはいえやはりSP4のノーハンドサポーターは相手にしてはそこそこ厄介なので、場を固めるデッキには2枚ぐらい仕込んでおいてもいいのかもしれない。

天王寺 綯
序盤に使える両端に対する問答無用の除去。
だけどただでさえ5コストのうえ、序盤でないと自分のキャラを指定される可能性は高いためネタカード以上の評価は受けにくいだろう。

星来・オルジェル[3]
一言で言えば劣化シールド紗音。
本当にそれ以上でもそれ以下でもない。

西條 七海[3]
登場時にハンド消費を軽減できるのはいいのだが、消えるときのデメリットが大きすぎる。
元々そこまで大したスペックでもないし、ランダムハンデスのデメリットを抱えてでも出すものなのかといわれれば疑問が残る。

携帯メール
デッキトップ、もしくはボトムの操作。
コンボ目的以外には使われないだろう。

ビシィ!
拡声器がもっと使いやすくなってすぐに帰ってきた。
さすがにグラバスとかでの使い回しを防ぐためか使用後には取り除かれちゃうけど。

ぼけなす
アンタップとして使いやすいカードの次は、タップカードとしては相当使いやすいカードの登場。
花をどういう方向に行かせたいのだろうか。
指定が列、そして寝かせるのも相手キャラと限定されているので何かの間違いで自分のキャラも寝かせてしまうことがないためかなり使いやすい。

素振り
回復能力を付与するのだが、よっぽどの回復特化でもなければ使うことはないだろう。
タイミングもターン開始時なので、あらかじめつけておく必要があるのも悩みどころ。




判 安二
1コストを手軽に掃けるうえに、出したときのメリットが今までのEX2の1コストに比べて破格。
1点だけでなく手札も覗き見れるのは結構な利点。
ただし問題はデッキスペース。

天王寺 裕吾
例えEXが2であったとしても、一昔前のスペックと言わざるを得ない。
宙が雪に苦しめられてた時代だったらワンチャンスあったかもね。

木瀬 歩
0コストオーダーステップぐらい付いててくれれば……。
あと能力の関係上AP4は辛いとしてもデッキボーナス1点ぐらいはほしかった。
つまりそんなレベル。

牧瀬 紅莉栖[1]
宣言ひとつでアンタッチャブルにできるし、対応も許さない。
自ターンなら優先権を使えば確実にキャラ1体を守ることができるし、相手ターンもまず真っ先に除去を撃たないといけない。
とはいえそのためにEX1のキャラを入れるのはきつい。
テラペゾのメタにしても、貼った次の相手ターンには使用できないので使い辛い。

牧瀬 紅莉栖[2]
この手の能力は割と多いので使い勝手はいい。
対象キャラも味方キャラというだけなのでうまく使えればかなりのアドを稼ぐことができるだろう。
本人もサイステ持ちの4打点とダメージを通しやすい。

白河 静流
置き場サイクルとしてはなかなか厄介。
とはいえやはり6枚溜めるのは面倒なんてものじゃない。
宙単体では大して怖くもないが、サポーターコストの通り花と組むとこのキャラ自身も安全に殴れるようになるうえ、安価なアンタップのおかげで酷い打点をあげることができる。
どうにも手間が掛かりすぎてるけど。

鈴代 黎音
攻めにも守りにも色々と汎用性のある能力なのだが、生憎とコストが重い。
星3ならアリス含め色々使えるのだが中途半端に宙1が付いているため使い辛い。

野呂瀬 玄一
いわば作品単に使うキャラなのだが、打点効率が非常に悪い。
このスペックと条件なのだから、せめてこのキャラが殴るのと同じぐらいの打点は与えてほしかった。

霧島 小夜美
本人がサイドステップを持ってるからなのだが、攻めに使えないのは辛い。
それでもDPマイナス効果としては自身が左右に動けること、使用代償がデッキ1枚破棄だけで済む事などは割りと評価対象でもある。

鳴海 沙子
どうにもインパクト弱し。
盤面での影響力も少ないしね。

藤原 雅
ダッシュを持つのはまだいい。
相手キャラの能力を下げるのもいいが、なぜにAF限定なのか。
確かに下がればDP4以下の相手を討ち取れるが、ダッシュ付きなら素直に殴っている場面がほとんどだろうからAFキャラに干渉しても意味がない場面の方が多いはずだ。

蒼井 セナ[1]
色んな場所を選んで退避できるが、そもそもこのキャラ自体をそこまでして対比させるメリットが、嫁認定している人しか思い浮かばない。
せめて登場時メリット能力、メリットペナルティ、アグレッシブのどれかはほしかったところ。

蒼井 セナ[2]
アイテムを安価に回収できるシステムを構築できればなかなか厄介な存在となれる。
というかそれぐらいやらないと素のスペックだけで生き残れる時代ではないのでどうにもならないともいえる。


ストパン2のED、また一括にしたアルバムで発売って形式なんかね。
[PR]
by mma-island | 2010-07-30 01:17 | Lycee | Comments(0)