MMA ISLAND

ブログトップ

Ver.5pd全カード雑感その3

ミクのミニスカートは凶器。
そのことが身体ではなく心で理解できた。
というかなんで新曲のPVはミニスカ付近のアングルがあんなに多いんだろうね。




ドクター中鉢
イベントのサルベージなら、日単縛りでない限りは色々と効率いい手段があるし、日単では回収したいイベントもない。
自身を対象にできるところは唯一の利点か。
手札に加えるのにワンアクション必要なところも評価を下げている。

エリンフレイ・オルジェル
一年前なら人気が出たかも。
今ならアグレッシブでも付いてないとどうしようもない。

三住 大輔
今更不安定な+1/+1する3/1が出てどうなるのか。
せめてEX分相手のデッキを破棄、ぐらいは付け加えてほしかったところ。

児玉 響
EX2で2コストAP3ダッシュというのはいい。しかしデメリットが致命的。
AFにいようとDFにいようとどちらかのターンでは仕事をしない。
何もしない(できない)ターンでもデッキを強制的に削られるのはたまったもんじゃない。

北原 那由多
任意にゴミ箱を取り除けるのはコンボ要素として使えそうだが、それにしたって本体が貧弱すぎる。
得るのがボーナスではなくデッキボーナスだったのならまだマシだったのだが。

秋葉 留未穂[1]
この手の能力は実に使い所が難しい。
一応相手ターンにも使えるので、ある程度は相手の動きは制限できるが。

秋葉 留未穂[2]
あからさまなバトラメタ。
しかも破棄するのが相手のデッキとかわけがわからない。
ひとつだけはっきりするのは、明らかに他の男キャラの方が割を食っているということ。
メレムとかナチュラルにメタが増えてる状態なのに今度は場にいることすらできなくなったし、ウェストにいたってはチャンプも許されなくなった。

音羽 かおる
単騎ではかなり面白く立ち回れる。
正直ちょっぴり強いんじゃないかとは思える。
少々使用代償は重いものの、実際相手をしたらスペックで止めるのには苦労するんじゃないかな?

力丸 紗代里
出たターンのみパンプしたアグレッシブになれるのだけれど、本来アグレッシブキャラなんて別の目的でもないとブロックされない状況で出すのが基本。
精々がFD対策ぐらいか。
それにしても所詮はただの3打点なわけで。

観島 香月
デッキボーナスを消すことができるが、使用代償が掛かる。
回数制限はないものの毎回はちときつい。
日単でデッキボーナスを消したいなら、後付け対策でもなければ美羽で十分なのが残念なところ。

遠峯 りりす
デッキ2枚破棄するだけで即タップ。
しかし本人はアグレッシブで、寝かせる相手も同列限定。
EX1枠を割くほどの魅力はないかな。

阿万音 鈴羽[1]
ペナ1ドローがあるので実質4点回復。
しかし4点回復するには[2]も入れないといけないわけで。

阿万音 鈴羽[2]
デッキ回復なのだがその対象となるカードがエリアかアイテム。
エリアはそう多く積むカードじゃないし、アイテム積むようなデッキは大抵ダイダロスデッキなので論外。
[1]も含めて回復デッキを組もうにもあまりにもデッキの内容が縛られすぎるため効率が悪すぎる。

花祭 果凛
実質1ハンドで出てこれるが、相手に任意アンタップを許してしまう。
とはいえタイミングをちゃんと見誤らなければデメリット部分は克服できるのがありがたいところ。
致命的な問題としては、ワンハンド軽減できたところでこのスペックのキャラを投入するかということ。

飛世 巴
4枚溜めて、ようやく1ドロー。
SP3のオダステも、今の日だとそんなに意味はない。

折原 梢[1]
星3コストで隣接キャラを破棄。
おまけになんでこいつ、ボーナス3点はともかくデキボ3点まで付いてるのか、意味がわからない。
おそらく動かない3/1ならこれぐらいやっても許されるとか思ってるんだろうけど、花と組んだら大してデメリットにならないうえ真壁で起こせる。
それ以前に日単ならダイダロスがいる。
相手のデッキを読みきっていなければ、中央AFか左右AFかの二択になるのはどうしたものか。

折原 梢[2]
アンタップメタなのだが、適用範囲が狭い。
その分決まればそこそこ強いのだが。
でも相手の動きを縛る分には[1]の方が強いっていうのが残念。
イラストは[1]もこちらも甲乙付けがたいのだが。

ぶちゅぶちゅさん
効果が全文処理されて初めて1枚の手札アドを得れる。
本当にそれだけなので、使い所が難しい。
雪に入れた場合は全文処理はやりやすいのかもしれないが、その分日コストという部分がネックになる。

メイクィーン+ニャン2
アンタップの代償が手札全公開。しかも強制。
同じ効果を期待したいなら修行で十分。


その他

波多野 一成
コンボor攻めの起点にする以外に使い道なし。
カレイドなら効果を発揮したうえチャンプにもなれるのだからまだ使える方か?

西條 拓巳
ポジティブとネガティブを落とすためだけの専用サポートカード。
一応手札は増えるのだが、生憎とデッキの基点とするにはパワーが不足しすぎている。
というか自己満足だけで後が続かない。

ネガティブ
特殊処理によるデッキ破棄だが、専用キャラ込みでも使い勝手が悪すぎる。
この手のカードはデッキスペースばっかりとるくせにそのままだと使えなさ過ぎるのになぜか対象カードを取り除くのでより意味不明なことになっている。

ポジティブ
専用キャラを使ってもフォローできないのはどうか。
出番なし慎二はアドが取れるためみんな4積みしてたけど、あれはあくまでデッキスペースが余ってたのと、手札にきてもEX2で、効果を発揮するのに代償などなかったからだ。
その全てをオミットしたこの手のカードの出番はない。

ディソード
相手のSPに干渉できるが、条件がやや厳しい。
それ以上にもっと厳しいのはデッキスペース。
容易く相手キャラ全体のSPを下げるため、悪用できるカードが出れば出番はあるか?
え、雪音?
装備キャラが戦闘参加しなきゃいけないのでちょっとタイミングが微妙です。

飛び降り
シールド紗音の、妨害部分だけをピックアップしたような効果。
ただし同列限定なので、少々使い所が難しいか。


今回は、なんか中途半端ですね。
やっつけすぎるメタの数々、そのおかげで苦しめられる想定とは違うデッキたち。
汁鰤のいつものパターンだって言われたらそれまでなんですけどね。
だからって面白そうなカードを同弾で致命的なメタを出さなくてもいいじゃないか。
中途半端すぎるメタカードのおかげで、デッキパターンが広がりそうにないのが本当に残念。
いい加減、今までの広範囲メタを潜り抜けるカードが台頭する度に広範囲メタを出すパターンはやめてほしいところ。


あと数日で超星のカードリストが判明しますね。
いや~、楽しみです。
[PR]
by mma-island | 2010-08-01 03:16 | Lycee | Comments(0)