MMA ISLAND

ブログトップ

Ver.ニトロプラス2.0全カード雑感

全然大会には出れてませんが、ある程度カードに目を通しておきませんとね。





綾弥 一条
多少軽くなった代わりに回収できるカードはランダムに。
とはいえハンドアドを稼げることには変わりなく、むしろステップのコストが1点になったおかげでスペックの欠点が多少は補われたかと。

アルフィー
ついに雪にEX2で2コストAP3が。
しかしAFには出られない。おいこら。
少々代償の大きいタップ能力だが、AFに出られれば使いにくさもいくらか帳消しにできたのだが。

川嶋 有里
コスト発生能力だが、雪属性限定で無無はちょっと範囲が狭い。
一応ターン1回制限というのは優秀だがそれだけ。

皇路 卓
0宣言ダッシュ付加は嬉しいが、バトル中や相手ターンに使用できないのでは需要がない。

始祖村正
互いのキャラをバウンスできるが、そのタイミングはバトル終了時。
このキャラ自身がチャンプしても使えるのはそこそこ評価はできる。
しかし雪でそんな逃げ腰の対処をしなきゃいけないほどのカードがあるだろうか?

皇路 操
突破力はなかなかに高いが、所詮元のスペックが貧弱な上にデッキ・ボーナス込みでも3打点。
無理にAFに出すほどでもないだろう。

雪車町 一蔵
移動メタなんだろうけど、どうにも条件がややこしいくせして制限がきつい。
こちらのフィールドもある程度空いていないといけないのでゲムセでもなければ使いにくいったらありゃしない。

オーリガ
毎度恒例食い逃げあゆとのコンボカード。
チビふじのんと違って破棄できる相手キャラを指定できるのはある意味では強みかな。

黒瀬 童子
2点回復、しかしキャラ限定。
ただし戻せるキャラは任意のためデッキの中に戻してコンボに利用したり、逆にゴミ箱の中に落ちていてほしくないキャラを取り除くこともできる。
主な用途はコンボ用で、単独の運用は不可能に近い。

デネブ[1]
詠ちゃんがコスト1増えただけで、デッキを不用意に削らなくなりました。
しかし盤面で強いのはSP3を持つ詠ちゃんですし、こちらは即座に手札に入れることができないと一長一短。
ゴミ箱に落ちるのもターン終了時だから、デッキによっては詠ちゃんの方が優秀かな。

鈴川 令法
当たり前のようにサポーターが付いている花へのメタ。
確かに場を固めるタイプの花ならこいつ1体でずたずたにされるだろう。

デネブ[2]
自動2点と相手の突っ立ってるAFを寝かせることができるが、やはり本体が貧弱。
決して盤面で居座って強いスペックではないのでやや微妙。

アリデッド
ほぼ色固定になるが、総合的な突破能力をなかなかに引き上げてくれる。
ただでさえ4/4なので単独の突破力は十分であり、他の列のアタックの支援もできたりするので割りと応用範囲は広い。

アベンジ
ニトロ恒例デカブツのお時間。
能力はコンバ前とほぼ変わらないが、その分総合的な打点が上がっている。
申し訳程度にアグレッシブを消せるが、本当に申し訳程度なので期待はしない方がいい。

相州五郎入道正宗
AP8のうえチャンプしても貫通打点はあるが、後者はあまり期待できない。
所詮DP4だし能力も相変わらずバトル終了後。
効果的な枚数破棄できる場合は、精々が相打ちのときの最後っ屁ぐらいか。




ガーネット(スマガ)[1]
自分の特殊能力でも発動できるようになったので使い勝手は飛躍的に増大した。
このキャラが未行動状態でいる必要はあるが、AP2なのですぐ止まってしまえばいくらでもチャンスはあるだろう。

ルービィ・サシュアント
能力自体は、矛盾しているが地味で豪快。
とはいえこれが有効な状況はややピンポイント過ぎるか。

ウォルフラム・フォン・ジーバス
女キャラを潰して回復するのだが、主な使い方は回復ではなくコンボ用だろう。
幸い今回でも毎ターン潰して美味しいキャラは出てるので、そのキャラを使いたければどうぞ、といった感じ。

浦夢
というわけで早速その手合いのキャラ。
とはいえただ闇雲に使うだけではどうにもパンチが弱い。

弥源太
DP4までの相手キャラを道連れにできるが、3コストなのでそこまで使い勝手はよくない。

クライブ・キャノン
1ターンに複数回殴らなければただのゲームスピード加速でしかない。
真壁なんかで起こして打点を増やしたいが、そこまでするほどのものだろうか?

永倉 さよ[1]
ボーナスで同名コンバキャラを引っ張れるが、あくまでボーナス。
一応能力で手札破棄を迫れるが、あまりブロックを誘発する材料にはならないだろう。

菊地 明堯
登場時3点回復で、フィーナのようなコンバでなければこの手のキャラには珍しく使いまわし可能。
大抵この手の能力ってゲーム中1回の制限あるのにね。

リリィ・サルバターナ
手札1枚を3点に変換できると考えればなかなかのもの。
主な狙い目はコンバを使うデッキ。
取り除くのでハーモニカとのシナジーはないが、かなり嫌らしい火力を叩きつけられる。
ブロックされた方が嬉しい吸血鬼シオンなどのコンバとセットで使いたい。

大鳥 香奈枝
サイステ4点のうえ、ブロックされてもやすやすと突破できる効果持ち。
単独のアタッカーとしては地味ながら頼もしくある。

遊佐 童心
滑り込みなどに対する鉄壁のブロッカーになれるが、そのために3/4をDFでぼーっと立たせておくというのも間抜けな話。
せめて1/5とかなら面白かったんだけど。

ガーネット(スマガ)[2]
デッキ1枚で月1点を発生させることができるのでコンボ用。
月1点で何度でも使いたい能力は割と少なくないのでハンド消費を軽減できる。
ターン開始時、それも強制なのでデッキがどんどん削れていくが、その辺のデメリットを解消できる手段も確保したい。
シャロと違って横に置くカードに制限はないので、月4コストという色拘束の割に混色向け。
いやむしろ混色向けだからこその色拘束だという事だろうか。

風魔 小太郎
月のみじゃなく、月属性のカードが6枚。
手札まで奪ってしまう置き激怒。
ただし1回こっきり。
出し直せるギミックを仕込みたいところだけど……。

湊斗 統
悪用されないギーラッハ、所詮はその程度。
この手の能力でAPがやたら高い理由があるだろうか。

"贋作弓聖"ウィリアム・バロウズ
ハーモニカ積んでるデッキには威力抜群。
ドローを潰す意味でも、ダメージ的にも。
ただしそれ以外にはちょっとしたハンデスついでの最大3点ダメージでしかない。

永倉 さよ[2]
ある意味では吸血鬼シオンの上位版。
というか吸血鬼シオンが勝っている点が、コンバにコストが掛からないことと能力起動時は安定して4点を回復できるということしかない。
コンバ前後のEXもそうだし、単独でもブロックを誘発できる性能であることもその理由。
むしろこいつはどうブロックさせないかに掛かっているが、コンバ前後とも最初から一成と相性がいいのは評価対象か。

疑似体験
得たとき、という記述はないのでヤンデル等でアグレッシブを消す工夫が必要となる。
所詮は出たターンぐらいにしか期待できないのでバウンスとしての信頼度は低い。
ただしこれをアタック強制として見ればなかなか面白い。

方向音痴
単騎で飛び回り無双するデッキには強力。
そういうデッキばかりのときには役に立つかもしれない。たたないかもしれない。

海水浴
ゲムセの補助カードですね、これ。
今まで場にキャラを残すため愛佳とか使ってたんですが、それがこれ1枚でできます。
しかも条件は月キャラ3体ですが離脱させられるキャラに制限なし。
これにより今まで自分の場にもキャラを並べられなかったゲムセの戦い方・デッキ構築自体が根本から変わってきますね。

ザーカイ定食
使用代償がやや軽く、その分少し制約が濃い奪取の新カード。
また自キャラも指定できるため変化球的な使い方として詰め要員にもなれる。

感謝
ハンドを消費しない除去抑制ですね。
これを貼られたキャラを除去されたときは「スゲーッマジで感謝!」とでも言ってあげましょう。

野点
瞬間的なハンドアドバンテージは取れるかもしれないが、相当美味しいコンボでも考えないと長期的なハンド損は避けられないか。



そういえばもうそろそろゲームセンターCX24の発売日ですね。
あの時の感動を是非もう一度。
[PR]
by mma-island | 2010-08-25 02:39 | Lycee | Comments(0)