MMA ISLAND

ブログトップ

第2話「結成! バトスピ部」

真魚「というわけでバトスピ部を作ってみました~!」

美夕「えっと……いつの間に?」

明日美「本当に真魚さんのこういうときの行動力は感嘆いたします」

真魚「だって、申請の手続きとかその他諸々の描写を細かくしたってつまんないじゃん。そういうのが目的の作品じゃないし、別になにか障害があったわけでもないんだから」

美夕「そんな身も蓋もない……」

真魚「それはともかく早速やりましょうよ、美夕! ちゃんとデッキ組んできたから今度は負けないわよ!」

明日美「真魚さん、昨日はあの後散々でしたからね」

真魚「半分以上は明日美さんにやられたんだけどね。すごく素敵な笑顔で言ってるところ悪いけど」

美夕「でも真魚ちゃん、ちょっとペース速くないかな?」

真魚「ああ、それは錯覚よ。あの馬鹿が第1話を未公開を解除するのを忘れてて、二日間も未公開のままだったからそう思うだけよ。さ、早くやりましょう」

美夕「真魚ちゃんメタなこと言わないで……。(ダイス転がす)えっと私が先行かな」

明日美「美夕さんがどんなデッキを組んできたのか非常に楽しみです。真魚さんは大体予想つきますけど」

真魚「……それどういう意味なの?」

美夕「えっと、第1ターンはコアステップはなしでしたね。ドローして、ジャンガリーを召喚します。次にガドファントを召喚してターンエンドです」

明日美「あら、機獣デッキですね」

美夕「うん。過去のカードはあまり目が通せなかったから、なるべく新しいのだけで組もうかなって思って」

真魚「じゃあ次あたしのターンね。ブレイドラを召喚して、続いてティラノイド召喚。もひとつおまけにバスター・ドラゴンをブレイドラに直接ブレイヴ!」

美夕「うう、一気にきた……」

真魚「一気に行くわよ~! ブレイドラでアタックして、バスター・ドラゴンの合体時効果でガドファントを破壊!」

美夕「BP2000のジャンガリーじゃ止めれないので、ライフで受けますね」

真魚「続いてティラノイドでアタック!」

美夕「それもライフに通します……」

真魚「じゃ、ターンエンド!」

明日美「思っていた通りの速攻デッキですね。それでもちゃんと殴りやすい形に整えてる辺りが真魚さんらしいです」

真魚「ふふふ、小さいのなんて出してたらどんどん焼いていくわよ~」

美夕「あうう……私のターン、エンペラドールを出します」

真魚「って、エンペラドール!?」

明日美「自分の機獣に装甲:赤/青を与えるスピリットですね」

真魚「ちょっと待ってよ、それじゃあジャンガリーとか焼けないじゃない!」

美夕「ジャンガリーでアタックしますね」

真魚「防げるスピリットがいないからライフで受けるけど……痛いな~」

明日美「いきなりコンセプトの半分が潰されてしまいましたね。美夕さんはあのカードプールの中で守備重視で組んでいるのもらしいです」

美夕「えっと、ターンエンドです」

真魚「うう、そいつ本当にまずいのよね~。でも今ならBP低いし、ブレイドラをLv3に上げてアタックステップ、ブレイドラでアタック!」

美夕「ライフで受けますね」

真魚「しょうがないから、ターンエンドよ」

明日美「真魚さんにしては慎重ですね」

真魚「しょうがないじゃない、向こうは新しいの出したりブレイヴしない限りティラノイド以上にはならないんだから。って、またさらりとひどいこと言わなかった!?」

美夕「私のターン。エンペラドールをLv2まで上げて、セイバーシャークをブレイヴさせます」

真魚「あれ? そいつどんな効果だったっけ?」

明日美「召喚したターン、自分のスピリットのブロック時効果をアタック時にも使える効果です」

美夕「続いてガドファントをLv2で召喚。アタックステップ、エンペラドールでアタックします。エンペラドールのブロック時効果で+3000、セイバーシャークで+3000されてBP14000です」

真魚「ティラノイドの倍以上!? そんなのライフで受けるしかないじゃない!」

美夕「続いてガドファントでアタックします。ブロック時効果で+3000されて、BP6000
です」

真魚「ティラノイドと相打ちっていうのも美味しくないのよね~。仕方ない、ライフで受けるわ」

美夕「ターンエンドです」

真魚「このターンで決めないと本当にやばいわね。ドロー。やっときた……ユースエディアを召喚。Lv3にしてバスター・ドラゴンをブレイヴ。アタックステップに入ってユースエディアでアタック!」

美夕「じゃあフラッシュタイミング、ガドファントの上のコア2個を使ってインフィニティシールドを使います」

真魚「なんだっけそれ?」

明日美「このターン、系統に武装か機獣を持っているスピリットは疲労したままブロックできるようになるカードですよ、真魚さん(にこにこ」

真魚「なんですって~!?」

美夕「疲労しているエンペラドールでブロックします。BPはさっきのアタックのときと同じで、14000です」

真魚「勝てるわけないじゃないそんなの!」

美夕「じゃあセイバー・シャークのブロック時効果で、BPを比べて相手を破壊したとき、相手のライフを1個リザーブに置きます」

真魚「うう……一応バスター・ドラゴンはフィールドに残しておくわ。ターンエンド」

美夕「じゃあ私のターン。ガドファントをLv2に戻して、アタックステップ。ジャンガリーでアタックして、フラッシュタイミング、なにかあるかな?」

真魚「なにもないけど、まさか……」

美夕「なにもないなら私のフラッシュタイミングにインビジブル・クロークを使います」

真魚「やっぱり!? 対抗策何もないわよ、そんなの!」

明日美「あらあら、これで美夕さんの勝ちですね」

真魚「う~……もう一回、もう一回よ! 今度はエンペラドールが出る前に勝負つけるわ!」

美夕「う、うん」
[PR]
by mma-island | 2010-11-13 20:48 | バトスピ部 | Comments(0)