MMA ISLAND

ブログトップ

第3話「来訪者は突然に」

「お~、やってるやってる」

真魚「って、どこから入ってきてるのよあんた!」

「いや~、お前たちがバトスピ部なんてのを立ち上げたってキキから聞いてな。面白そうだから覗きにきた」

真魚「だからってわざわざ窓から入ってこなくても」

美夕「まるで何かのマンガみたいです」

「そんなことよりとっととバトスピやろうぜ、バトスピ」

真魚「いきなりね、ホント……」

「なんたって構築以外でバトスピに触れられる機会は最近金・日ぐらいだったからな。ところで明日美は?」

美夕「お家の都合で今日はちょっと遅れるそうです」

真魚「というわけで、やるならあたしが相手よ! 美夕をあんたの毒牙に掛けるわけにはいかないからね」

「毒牙って、いやな言い方するなよ。今回のデッキもただのお遊びデッキの試作品だぜ」

真魚「あんたが組んでくる『ネタデッキ』はなにやってくるかわからないから怖いのよ。リセであんたに当たった人も絶対同じこと思ってたわよ」

「ダイスダイス、と。じゃ、俺の先攻だな。魔剣士ドラゴナーガを召喚してターンエンド」

真魚「いきなり召喚時ドロースピリットか。なら手札が整う前に速攻速攻。ティラノイドを召喚して、アタック!」

「ライフで受ける。けどお前、まあ別に間違っちゃいないが……」

真魚「なによそれ。ターンエンド」

「コア、ドロー、リフレッシュ。ドラゴナーガをLv2にし、バンシィをLv2で召喚。続いてゲパルバートをブレイヴ、1ドロー」

真魚「げっ、そいつは……」

美夕「合体アタック時に疲労状態のスピリットを破壊するブレイヴですね」

「その通り。速攻はいいが、紫相手にブロッカーも置かずに単独で殴りに来るのは感心しないぞ。バンシィアタック、ティラノイド破壊」

真魚「う~、ライフで受けるしかないわ」

「じゃ、ターンエンド」

真魚「あたしのターン。このままじゃ不味いけど攻めないと始まらないし……ブレイドラを召喚。その後レイニードルを召喚して、トップドロー万歳ブレイヴドロー!」

「おお~、いい引きだ」

真魚「2枚ドローして、3枚オープン。めくれたのはフレイムガスト、サジッタフレイム、バスター・ドラゴンで、バスター・ドラゴンを回収、と。サジッタフレイムを上にしてデッキに戻して、そしてそのままバスタードラゴンをブレイドラにブレイヴ! ついでにレイニードルもLv2にしてアタックステップ!」

美夕「真魚ちゃん怒涛の攻勢ですね」

「赤速攻だからな」

真魚「ブレイドラでアタック! 合体アタック時効果でドラゴナーガを破壊!」

「ま、それは通すか」

真魚「ターンエンド!」

「ブレイドラをバンシィで破壊できるけど、バスター・ドラゴンを追加で処理しないとレイニードルにブレイヴさせるってわけか」

真魚「その通り! 小さいの並べても次のターンサジッタフレイムで焼いてあげる!」

「しょうがないな~。じゃあご期待に応えて、魔剣士ドラゴナーガを召喚。続いて魔術師の方のドラゴ・ナーガも召喚。アタックステップに入って、バンシィでアタック。ブレイドラ破壊」

真魚「バスター・ドラゴンは場に残して、ライフで受けるわ!」

「ターンエンド」

真魚「私のターン! う~、わかっちゃいたけど全然手札減らないわね、あいつ」

美夕「ドロー効果を持ってないの、バンシィだけだからね」

真魚「でもまだまだ! レイニードルにバスター・ドラゴンをブレイヴ! レイニードルはそのままLv3に! シュリケラトプスを召喚して、サジッタフレイム! 破壊するのはバンシィ!」

「ゲパルバートは場に残す。ほ~、蛇2体を片付けないのか」

真魚「その手には乗らないわよ~。蛇よりもそこにいるバンシィでのらりくらり破壊されちゃう方が厄介だもんね! アタックステップに入って、レイニードルアタック! 合体アタック時効果でゲパルバートを破壊!」

「ライフで受ける」

真魚「今度はシュリケラトプスでアタック! 効果で同じBP2000の魔術師ドラゴナーガを破壊するわ!」

「はいはい、ライフで受ける」

美夕「残ったドラゴナーガでブロックしないんですか?」

「まあね」

真魚「なに企んでるのかわからないけど、ターンエンド!」

「じゃあ俺のターンだな。ドロー。ソウルホースを2体召喚だ」

真魚「ここにきてソウルホース?」

「ああ、準備が整ったからな。というわけでビッグバンエナジーを発動」

真魚「……え?」

「召喚、ガイ・アスラ」

真魚「ぶっ!」

「ついでにアメミードをブレイヴ」

真魚「って、ちょっと待ちなさいよあんた!」

「待たない。ガイ・アスラでアタック。フラッシュなにかあるか?」

真魚「う~……(3分経過)……ないわ!」

「なにかあるなら、今の内に撃っておけばいいのに。デッドリーバランス発動」

真魚「ちょっと! あんたそれやりたいためだけに召喚時ドロー効果ばっかり集めたわね!」

「当然だ」

真魚「そもそもよく考えたら普通に超覚醒だけで死ぬじゃないあたし!」

「しょうがないだろ、これがやりたかっただけなんだから。不死+ハングドマンの用意が間に合わなかったのが心残りだけどな」

真魚「こ……の……っ!」

美夕「作者さんすご~い」

「そうだろそうだろ、やっぱりロマンカードはこういう風に使わなきゃ」

真魚「ええい、もう一度よ! 今度はビックバンエナジー使われる前に一気に倒してやるわ!」

「よし、今度はおまけして不死+ハングドマンも見せてやるか」

真魚「結構よ!」
[PR]
by mma-island | 2010-11-18 22:21 | バトスピ部 | Comments(0)