MMA ISLAND

ブログトップ

第8話「大戦前夜SP」

美夕「作者さん、ここ最近毎日Marchen聞いてますね」

「いや~、今回はストーリー面は各童話を下敷きにしてるから今までより考察の余地が少ないけど、その分小ネタが充実していて楽しいんだよな」

真魚「……だから、なんでこの学校の生徒でもないあんたがただCD聞いてるだけなのにここにいるのよ。つーかさ、なんかサブタイトルがどこかの世紀末ゲーセンの北斗大会みたいなタイトルになってるんだけど!」

「サブタイ思い浮かばないときはすごく便利なんだよ、この方式」

真魚「だったら無理につけなくていいでしょ! あ、こらバカ! イヤホン付け直すな!」

明日美「では前回の真魚さん同様作者様からデッキをお借りして……始めましょうか、美夕さん」

美夕「あ、はい!」

真魚「明日美さん連戦だけど大丈夫?」

明日美「わたくしはお休みが多いので、これぐらいはいたしませんと」

美夕「じゃあサイコロ振ります。奇数が明日美さん、偶数が私で。(ダイスを転がす)2。私が先攻です」

真魚「美夕が[エンペラドール][イグアバギー][エンペラドール][メガバイソン]ね」

「明日美の方は[ヘル・ブリンディ][ガトリングスタンド][デュラクダール][ダイヤモンドストライク]……ってことはあのデッキか」

美夕「先攻いきます。ドロー[セイバーシャーク]。イグアバギーをLv2で召喚して、ターンエンドです」

明日美「わたくしのターンですね。コア、ドロー[モノケロック]。モノケロックをLv2で召喚。アタックステップに入って、アタックします」

美夕「ライフで受けます」

明日美「ターンエンドです」

美夕「私のターン。コア、ドロー[ノーザンベアード]、リフレッシュ。ノーザンベアードを召喚します。Lv2に上げてターンエンドです」

明日美「コア、ドロー[エムブラ]、リフレッシュ。ヘル・ブリンディを召喚して、ノーザンベアードを手札に戻します」

美夕「うう……」

明日美「そのままアタックステップ。モノケロックでアタックします」

美夕「ライフに通します」

明日美「ターンエンドです」

真魚「明日美さん速攻が決まってるわね~」

「とはいえ明日美にバウンスの種が尽きたことが問題だな。場の固め合いなら美夕のデッキの方が上だからな。それまで持つかどうか。あ、レーズンパン買ってきたんだけど食うか?」

真魚「サンキュー、もらっとくわ」

美夕「私のターン、コア、ドロー[絶望壁の要塞]、リフレッシュ。ノーザンベアードを再度召喚、続いてエンペラドールを召喚します。ターンエンド」

真魚「なんとか持ち直したんじゃない?」

「い~や、まだまだ」

明日美「コア、ドロー[ダイヤモンドストライク]、リフレッシュ。デュラクダールをLv2で召喚します。アタックステップ、デュラクダールでアタックします」

美夕「それはライフで受けます」

明日美「ターンエンドです」

真魚「美夕、追い詰められてきたわね」

「そんなことはないぞ。バウンス引かないことも手伝って、明日美の方は速攻しきれてないからな。BPが上回ってるスピリットで細々と殴るぐらいしかできてない」

美夕「私のターン。コア、ドロー[セイバーシャーク]、リフレッシュ。エンペラドールをLv2で召喚します。そのエンペラドールにメガバイソンをブレイヴ。ターンエンドです」

「これで明日美はアルファズルを引かないと厳しくなったわけだ」

真魚「こうなっちゃうと美夕のデッキの方が強そうよね」

明日美「わたくしのターン。コア、ドロー[ノーザンベアード]、リフレッシュ。ノーザンベアードをLv2で召喚。ターンエンドです」

美夕「私のターン。コア、ドロー[ノーザンベアード]、リフレッシュ。イグアバギー、エンペラドールをLv2まで上げて、合体してないエンペラドールにセイバーシャークをブレイヴします。アタックステップ、エンペラドールでアタックします」

明日美「ライフで受けます」

美夕「ターンエンドです」

真魚「お、やっと動いたわね」

「美夕のデッキは、セイバーシャークを出したときが攻め時みたいなものだからな」

明日美「コア、ドロー[モノケロック]、リフレッシュ。モノケロックをLv3まで上げて、エムブラを召喚します。ターンエンドです」

美夕「私のターン。コア、ドロー[ルナティックシール]、リフレッシュ。絶望壁を配置して、ノーザンベアードをもう1体召喚、コアはイグアバギーの上のコアを1個使います。セイバーシャークと合体したエンペラドールでアタックします」

明日美「ノーザンベアードでブロックします。効果でノーザンベアードにコアを一つ追加、なにもなければそのまま破壊されます」

美夕「はい、ターンエンドです」

真魚「じりじりとした殴り合いに持ってきたわね。美夕が押してきたわ」

「ところがどっこい、戦局は微妙だ。明日美はなんだかんだでしばらくは凌げるだけの手札はあるし、一方美夕は肝心のアタッカーが、現状最も頼れるエンペラドールしかいない。2体のうちの一体を常に寝かせておかなきゃならない分、アルファズルを引かれたらそれで終わってしまう可能性の方が高い」

明日美「わたくしのターン、コア、ドロー[樹氷の女神エイル]、リフレッシュ」

真魚「ああ、1ターン惜しい!」

明日美「モノケロックをLv2で召喚します。ターンエンド」

美夕「私のターン。コア、ドロー[インビジブルクローク]、リフレッシュ。イグアバギー、ノーザンベアード2体をLv2に上昇させます。アタックステップ、セイバーシャークと合体したエンペラドールでアタックします」

明日美「う~ん……それはライフで受けます」

美夕「ターンエンドです」

明日美「私のターン、コア、ドロー[ドリームリボン]、リフレッシュ。ガトリングスタンドをLv2で召喚します。ターンエンドです」

美夕「コア、ドロー[セイバーシャーク]、リフレッシュ。セイバーシャークを召喚します。コアはイグアバギーから使用。アタックステップ、セイバーシャークと合体したエンペラドールでアタックします」

明日美「ここは……通すしかありませんね」

美夕「じゃあもう一体のエンペラドールでアタックします。フラッシュタイミング、何かありますか?」

明日美「いえ、こちらからはなにも」

美夕「ならインビジブルクロークをアタック中のエンペラドールに使用します」

明日美「それはどうしようもありません。ライフ0、私の負けです」

真魚「いや~、押し切った押し切った」

「明日美もなかなか厳しかったな」

明日美「そうですね、序盤で押せ押せムードで戦えなかったのが敗因でしょうか」

美夕「でもすごくどきどきしましたよ。私、バウンスを連発されてたら絶対防ぎきれませんでしたから」

真魚「明日美さん、全然バウンス引いてなかったわよね」

明日美「それでもごり押しできるデッキなのですから、それができなかった時点でわたくしの負けは決まったようなものですよ。クロークも制限になりましたし、装甲白で地盤固めをされたらどうしようもありませんからね」

「さ、明日はライダー大戦だからな。早く休むぞ」

美夕「は~い」
[PR]
by mma-island | 2010-12-18 00:26 | バトスピ部 | Comments(0)