MMA ISLAND

ブログトップ

第20話「新弾SP」

「よっし、発売日だー!」

真魚「久し振りに顔出してきたわね、あんた」

「おう、新弾発売したからな」




美夕「でも来てくれなくて寂しかったですよ」

明日美「作者さまがおりませんと、収録できませんでしたから」

「そうかそうか、そんなに俺が必要だったのか」

真魚「だってバトルしてない一人がぽつんと突っ立ってるだけだもん。さ、どうせ新デッキのテストでしょ。早くやりましょ」

「久し振りだっていうのに随分淡白だな……で、相手は誰だ」

美夕「あ、はい。私です」

真魚「美夕は最初から組むデッキ決まってたから早いのよね」

「よし、じゃあやるか」

美夕「はい、よろしくお願いします」


真魚「美夕の手札は[要塞蟲ラルバ][北斗七星龍ジークアポロドラゴン(白)][ショゴルス][突機竜アーケランサー]ね」

明日美「作者さまは[砲凰竜フェニック・キャノン][サイレントウォール][アンフィスバエナー][アンフィスバエナー]ですね。少々事故を起こしてますでしょうか?」

真魚「美夕はルナテックデッキだけど、あの馬鹿はどんなデッキかわかる?」

明日美「牡牛座デッキだと聞きました」

「奇数は美夕、偶数は俺の先攻だ。(ダイスを振る)5、美夕の先攻だ」

美夕「はい。ドローステップ[突機竜アーケランサー]。何もせずターンエンドです」

「コア、ドロー[ヴェロキ・ハルパー]。ハルパーをLv3で召喚。アタックステップ、ハルパーでアタックだ」

美夕「ライフで受けます」

「効果で1枚ドロー[アクゥイラム]。ターンエンド」

明日美「早速新カードが活躍しましたね」

真魚「やっぱり1ターン目にいると強いわね、あのカード」

美夕「コア、ドロー[セイルフィッシュ]。セイルフィッシュをLv2で召喚します。アタックステップ……う~ん、セイルフィッシュでアタックします」

「ライフで受けよう」

美夕「ターンエンドです」

「コア、ドロー[鎧竜人ガストン]、リフレッシュ。ガストンをLv2で召喚。ハルパーはLv1にダウンだ。アタックステップ、ガストンでアタック」

美夕「ライフで受けます」

「ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[一角魚モノケロック]、リフレッシュ。ラルバをLv2で召喚します。コアを1個ずつ置いて、アーケランサーを召喚します。効果で1枚ドローします[要塞蟲ラルバ]

真魚「あれ? ショゴルスじゃないんだ」

明日美「作者さまの場にガストンさんがいらっしゃいますからね。迎撃してもブレイヴは焼かれるでしょうから、ドローで手札を整えつつ先の展開に備えたのでしょう」

真魚「なるほど」

美夕「アタックステップ、セイルフィッシュでアタックです」

「それはライフで受ける」

美夕「では、ターンエンドです」

「コア、ドロー[ブレイヴドロー]、リフレッシュ。ハルパーをLv2に上げて、ブレイヴドローを使用。2枚ドロー[砲凰竜フェニック・キャノン][北斗七星龍ジークアポロドラゴン(赤)]して、3枚オープン[サイレントウォール][ヴェロキハルパー][牙皇ケルベロード]。ケルベロードを手札に加えて、ウォールを上にして戻す。ここは……ターンエンドだ」

真魚「攻めなかったわね」

明日美「ここで攻めても、ガストンさんが特攻して厄介なセイルフィッシュかアーケランサーを破壊、ハルパーでアタックして引いたウォールで凌ぐぐらいでしょうけど、北斗ケルベが揃ったので次のターンに向けてここは耐えたのでしょう。美夕さんが殴ってくればガストンさんでカウンターできますからね」

美夕「私のターンです。コア、ドロー[デス・ヘイズ]、リフレッシュ。ラルバをLv2で召喚して、コアを2つ追加。北斗七星龍を召喚します。効果でデス・ヘイズを召喚します。まずはデス・ヘイズの効果で合体してないラルバを破壊、1枚ドローします[ジェット・レイ]。続いて北斗の効果で1枚ドローします[月光神龍ルナテック・ストライクヴルム]。そしてセイルフィッシュにアーケランサーを装備して1枚ドロー[デルタバリア]。ターンエンドです」

明日美「美夕さん、キーカードを引きましたね」

真魚「いや~、美夕がこんなにドローするデッキ使う日がくるなんて思いもしなかったわよ。意外といけるみたいね、これ」

明日美「アーケランサー2体の防御は、なかなか強力ですよ」

「コア、ドロー[サイレントウォール]、リフレッシュ。ハルパーをLv1に下げて北斗アポロを召喚、効果でケルベをくっつけて1枚ドロー[ヴェロキ・ハルパー]。う~む……」

真魚「考えてる考えてる」

明日美「アーケランサーのおかげでLv1だとBPが負けていますし、Lv3にしないと抜けませんがそれだと場が壊滅してしまいます」

真魚「キーカードが出てないのにすごい守りね。あいつの方もセイルフィッシュのおかげで手札のブレイヴが死んでるのが痛いわ」

「仕方ない、ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[ゲッコ・グライダー]、リフレッシュ。ルナテック・ヴルムをLv3で召喚します。そしてデス・ヘイズをルナテックに移動します」

真魚「きたわ! 美夕の切り札!」

明日美「これは作者さま、絶体絶命ですね」

美夕「アタックステップ、ルナテックでアタックします。効果で北斗アポロを手札に戻します」

「しょうがない、ケルベは残してライフで受ける」

美夕「ターンエンドです」

「コア、ドロー[獅龍皇レオグルス]、リフレッシュ。レオグルスを召喚、破壊するのは北斗アポロだ」

美夕「はい、わかりました」

「効果で1枚ドロー[ヴェロキ・ハルパー]。ちっ、レオグルスにケルベロードを合体、北斗アポロを再度召喚、効果でアンフィスバエナーを合体させて1枚ドロー[砲凰竜フェニック・キャノン]、ターンエンドだ」

真魚「牡牛座、全然来ないわね」

明日美「それどころかブレイヴばかり引いて、非常に悪い流れですね」

美夕「私のターンです。コア、ドロー[ダンデラビット]、リフレッシュ。ダンデラビットを召喚します。効果でコアを1つリザーブに、もう1つをセイルフィッシュの上に置きます。ダンデラビットをLv2に、その上にショゴルスを合体させてアタックステップ。ルナテックでアタック、効果でガストンを手札に戻します」

「ちっ、ヴェロキ・ハルパーでブロック、そのまま破壊だ」

美夕「ではターンエンドです」

「コア、ドロー[星角獣ユニゴーント]、リフレッシュ。ユニゴーントをLv2で召喚、レオグルスと北斗のブレイヴを入れ替えて、北斗をLv3にアップ……してもあのアーケランサー付けてる2体が抜けないんだよなぁ。ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[月光神龍ルナテック・ヴルム]、リフレッシュ。ルナテックをLv2で召喚します。その後ラルバのアーケランサーをルナテックに、ショゴルスをラルバに移して、ダンデラビットの上のコアを全てルナテックに乗せてLv3にアップです。アーケランサーの効果でセイルフィッシュを疲労させて、+3000。アタックステップ、アーケランサーの付いたルナテックでアタック、効果で北斗を手札に戻します」

「しょうがない、ケルベは残す。ユニゴーントでブロック、破壊されて効果でアンフィスバエナーを召喚、更に1枚ドロー[ブレイヴドロー]

美夕「もう一体のルナテックでアタックです。効果でレオグルスを手札に戻します」

「ケルベロードでブロックだ。何事もなく破壊される」

美夕「ターンエンドです」

「コア、ドロー[北斗七星龍ジークアポロドラゴン(赤)]、リフレッシュ。ガストンを召喚、そしてブレイヴドローだ。2枚ドローして[侵されざる聖域][金牛龍神ドラゴニック・タウラス]、3枚オープン[アンフィスバエナー][ネクサスコラプス][金牛龍神ドラゴニック・タウラス]。アンフィスバエナーを手札に加え、ネクサスコラプスを上にして戻す。北斗アポロを召喚、効果でアンフィスバエナーを召喚して1枚ドロー[ネクサスコラプス]。聖域を貼ってターンエンドだ」

真魚「お、ついに引いたわね」

明日美「ですがこれはもう厳しいですね」

美夕「コア、ドロー[マネキキャット]、リフレッシュ。マネキキャットを召喚します。効果でモノケロックをLv2で召喚、セイルフィッシュのアーケランサーをモノケロックに移して、マネキキャットをセイルフィッシュに合体させます。コアを1個リザーブに戻して、アタックステップ。アーケランサーのついたルナテックでアタックします。効果でガストンを手札に」

「アンフィスバエナーでブロック。そいつの上に乗ってるコアも使ってサイレントウォールだ」

美夕「はい。ではターン終了です」

「コア、ドロー[金牛龍神ドラゴニック・タウラス]、リフレッシュ。ドラゴニック・タウラスを2枚続けて召喚。それぞれにアンフィスバエナーを合体させて、1体をLv3に。アタックステップ、Lv3のタウラスでアタックだ! これで決める!」

美夕「あ、えっと、まずルナテックを回復させて、フラッシュタイミングにセイルフィッシュをLv1に下げてデルタバリアを使います」

「なん……だと……!?」

美夕「アーケランサーの付いたルナテックでブロックします。効果で北斗アポロを手札に戻して、アーケランサーの効果でもう一体のルナテックを疲労させてパワーアップです」

「ネクサスコラプスを使用、更に+5000だ!」

美夕「ではモノケロックを疲労させます。続いてセイルフィッシュも疲労させます」

「打つ手はない、アンフィスバエナーを残して破壊される。ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[メロディアスハープ]、リフレッシュ。モノケロックをLv3に、セイルフィッシュをLv2に上げてアタックステップ。アーケランサーの付いたルナテックでアタック、効果でアンフィスバエナーを手札に戻します」

「フラッシュタイミング、サイレントウォールだ。その攻撃はライフで受ける」

美夕「ターンエンドです」

「コア、ドロー[騎士王蛇ペンドラゴン]、リフレッシュ。まずはタウラスをLv3に上げて北斗アポロを召喚、アンフィスバエナーを付けて1枚ドロー[北斗七星龍ジークアポロドラゴン(赤)]。もう1体北斗を召喚、ペンドラを付けて1ドロー[ブレイヴドロー]。アタックステップ、タウラスでアタックだ!」

美夕「うう……ラルバでブロックです」

「タウラスの効果でシンボル三つ追加、5―2で残り3点一気に略奪!」

美夕「負けました」


真魚「すごいわね~、大逆転じゃない」

「負けたと思ったぞ、本気で」

明日美「聖域が命運を分けましたね」

美夕「はい。聖域がなかったらメロディアスハープで助かったんですけど……」

「引いてたのか……」

美夕「やっぱりデルタバリアもあったし、ゲッコ・グライダーもあったから一気に攻めるべきだったんでしょうか?」

明日美「そうですね、ちょっと慎重にやりすぎたかもしれません」

「もうちょっと強気に攻めてもよかったかもな」

真魚「で、デッキ紹介はどうするの?」

「当然ここは牡牛座デッキ! といきたいところだけど美夕のデッキ紹介する方が面白そうだな」

明日美「では、美夕さんが今回使ってたデッキを載せましょう」

http://www.battlespirits.com/mydeck/src/1305230129.html
[PR]
by mma-island | 2011-05-13 04:30 | バトスピ部 | Comments(3)
Commented by お久しぶりです at 2011-05-13 08:37 x
いや~、面白かったです。それにホントにデッキがあるんですね。作者さんのデッキ構築力もさることながら、バトルストーリーの構築力も素晴らしいと思います。アニメにできそうなくらい。

これからもちょくちょく読ませて頂きます。
Commented by mma-island at 2011-05-13 23:58
ありがとうございます。

これは別にアニメとかのように架空のバトルを構築してるわけではなく、実際にデッキを組んで行ったバトルを書き起こしたものです。
いわばニコ動等にある対戦動画を文字だけにしたようなものですね。
なのでバトスピ部に出てくるデッキは全てちゃんと構築されたもので、バトルの流れも仕込み0%の自然の流れによるものです。
その結果今回はたまたま互いの切り札が出きった逆転劇になったわけですが。
Commented by naruto at 2011-05-14 07:33 x
なるほど~。そうだったんですね。
結構事故っぽい引きも多いけど、ありがちな自然さがあるなぁと思っていたのですが、実際のバトルを書き起こされていたということですか。
それにしても、いつもこの皆さんのバトル物語は楽しく読ませて頂いてます。これからも楽しみです。