MMA ISLAND

ブログトップ

\バーストッ!!/

朝起きたら右肩に鈍い痛みが。
明日も酷かったら病院行こうかな。



中野TRFでそろそろ稼動一週間を迎えるカオスコード、使用キャラどうしようかなぁ。
キャラ的な好みでいえば圧倒的にセリア。
1ラウンドとった時のポーズと台詞が可愛すぎて困る。
「回避回避♪」もなかなかポイント高い。
性能的にはプリンかYO、あとは主人公というオーソドックスなタイプか。
まあ真っ先にやるべきことは設置店を探すところからなんですが。


ボーダーブレイクもD51自体はそんなに嫌いじゃないけど、後にウーハイで大攻防戦が控えているとなったらここは財布リペアに勤めざるを得ない。
バージョンアップ後はなんだかんだで大攻防戦ばかりだから、素材は一気に集まったけどCPと勲章はなかなか溜まらないね。


Vジャンプwebの次号予告でバーストの正体が明かされましたね。
新システム『バースト』は、マジックのメイン効果、フラッシュ効果に続く第3の効果でした。
見る限りはタイミングを問わず使えるがトリガーとなる行動が制限されているタイプ、という感じか。
フラッシュ効果は付いているようで、普通にマジックとしても使用可能なようで。

ただ疑問があるとすれば、これをどうやって伏せるのか。
バトスピにはご存知のようにプレイヤーの個人的な行動(両手を空けるために手札を置くとか、シミュレートの一種で伏せた状態で置くとか)でもなければバトルフィールドに伏せる事はできません。
だからこそ効果の一種として伏せる『変異』なのではないか、という推測があったわけで。(他にもブレイヴに続く新しいカテゴリーとして、バトスピのシステム上相性が良いから等の理由もありますが)
とりあえず考えられる可能性としては、
・ルール改定。バトルフィールドのスペースや伏せカードに関連するルールの大幅改定が行われる。
・実はバーストとはまったく関係無しに場に伏せる効果が出る。
・発動タイミングから某TCGのトラップカードを連想させるためそう勘違いしてしまった。
ぐらいか。さすがに三番目はないと思いたい。

ルールが大幅に改定されて、かつバースト効果は伏せてないと発動できない、という制限でもなければ伏せる必要はどこにもないですからね、これ。
今までの効果と同じでタイミングに指定があるだけで手札から発動しても何も不自然なことはありませんし。
というか仮に大幅なルール改訂があるとすればVジャンプの早売りに合わせて公式でもルールの発表しないといけませんよね。
その辺りどうなるんでしょう。
プロレヴォのトラップのシステムだったら、そちらのブラフシステムに関しては大分慣れてるのでそれはそれで望むところなんですが。
でもこれって、伏せないとウィッグに引っかかる上、このままだと普通に装甲とかにも阻まれるよね。

どうでもいいですがVを『武威』と書くと武者ガンダムしか出てこなくて困る。
[PR]
by mma-island | 2011-08-09 02:30 | バトルスピリッツ | Comments(0)