MMA ISLAND

ブログトップ

バーストウォールッ!

行かない予定でしたが、時間ができたので本日もファンタの講習会という名のフリースペースに。
今回は完全初心者の人とフリーしながらの講習会に。
大分キャラを出すバランス、バトルの破棄か継続の判断が付くようになってきました。



ギャラクシーコラムに構築済みのカードがいくらか公開。

・絶甲氷盾
これで3回目のリメイクとなる、バースト世代のサイレントウォール。
漢字の変換が非常に面倒なので、英語表記のバーストウォールの方が呼ばれることになるのかな。
是非とも掛け声は檜山氏風でお願いしたい。
こう、掛けた対象まで吹き飛ばしかねなかったプロテクション的なノリで。
バースト条件がライフが減った時と、性質としてはブリザードウォールに近い。
いくらバースト効果でライフが補充されるといっても瀬戸際で粘る際にはバースト置き場では役に立たない。
ただ軽減が減ったとはいえ、フラッシュ効果自体はサイレントウォールと同種のものなので弱いわけがない。
そもそもタッチで入れる際は軽減はほぼ役に立たず、混色でも白メインにしない限り軽減ひとつぐらいが程々だろう。
またバースト発動時はライフで減った分のコアも使えるため、バースト経由でその一撃で死ぬ場面でもなければある意味ウォールよりは使い勝手がいいとも言える。

・ワン・ケンゴー
新たな赤の低コストスピリット。
しかもバーストを伏せていればいきなりLv3になり、後攻1ターン目ならばアクゥイラムを超えるBPで激突できる。
バーストがなければ結構コストパフォーマンスは悪いのだが、バースト自体はブレイヴと違って新カテゴリーのカードではなく、自然とデッキに多めに入れれるので条件自体はそこまで難しくはない。
むしろ伏せたバーストがロードドラゴン等のライフを減らされた時に発動するものならば、このスピリットの激突を恐れて殴ってきたところにさらにカウンターを食らわせて序盤に一気に盤面有利な状況に立つことができる。
新システムと噛み合ったなかなかに強力なスピリットと言えるだろう。


バーストってやっぱり偉大ですね。
今まで旧カードのリメイクは同じテキストを避けるおかげで条件が付いたりアレンジされたりで、弱体化もすれば強化もされたりと、とにかくリメイク元と差別化するような内容になってました。
だけどバーストのおかげで同じ効果を持たせつつ、バースト条件により差別化を図れるようになりました。
なのでこの構築済みや1弾は、初期のマジックと同じ効果を持つバーストマジックが結構収録されてるかもしれませんね。
[PR]
by mma-island | 2011-09-03 00:26 | バトルスピリッツ | Comments(0)