MMA ISLAND

ブログトップ

第49話「放送事故SP」

美夕「おやすみでしたね、ガンダムAGE」



「まったく、野球中継に延長は付き物だが、そのままピンポイントで延期とか勘弁してほしいよ、まったく。しかもその延長された30分は9回で1対8の先が見えてる試合を延々流されただけだったんだぞ」

明日美「地元局の放送だったので、アナウンサーの方が「だが気持ちでは負けていない!」等と必死に繋ごうとしていたのが余計に哀れを誘いましたね」

真魚「まあそれはいいからさ。ねえあんた、一昨日のSB、美夕のデッキ借りて行って優勝したんだって?」

美夕「本当ですか!?」

「神殺し争奪戦前最後のSBだから、ちょっと気晴らしにな。そしたらなんかうっかりと」

明日美「そんなこと仰って、決勝の紫戦はお互い手札の最後の一枚まで搾り出した激闘だったじゃありませんか」

「装甲紫がないからな、機獣デッキ。それはそれとして今日はファンタの大会後だから、お前らやっとけ」

真魚「またそんな勝手な……」

明日美「ヒミコデッキの新作はよろしいのですか?」

「ああ、あれな。黄緑とか黄紫とか黄白とか組んだんだが、どうにもしっくり来なくてな。今のカードプールだとバーストマジックが足りなくてどうにもしっくり来ないんだ。やっぱり色バラバラのデッキ組んだ方が手っ取り早くてな」

真魚「それで結局、最初の構成+膠着した時のためのオライオン積んだ形に落ち着いたわけね」

「そういうこと。だから後は頼むな」

明日美「それならば、本日はわたくしが参りましょう」

真魚「ああ、新デッキ組めたんだ。じゃ、相手はあたしがやろうかな。あたしもちょっと組み替えたし」


「真魚は[吟遊詩人のオルフェ][鳥獣烈神ガルード][タマムッシュ][マッチュラ]、明日美は[魔界七将ベルドゴール][呪の覇王カオティック・セイメイ][マジカルライト][グラシャハウンド]か」

美夕「真魚ちゃんは青との混色に組み替えて、明日美さんは不死寄りに組んだという感じでしょうか?」

「そうだろうなぁ。じゃなきゃグラシャハウンドなんて入れんだろうし」

真魚「奇数があたしの先攻ね。(ダイスを振る)1、あたしの先攻! ドロー[雷神轟招来]して早速マッチュラを召喚!」

明日美「それではグラシャハウンドを捨てましょう」

真魚「バースト(轟招来)をセットしてターンエンドよ」

明日美「コア、ドロー[ボーギー]。ボーギーをLv2で召喚いたしまして、バースト(カオティック・セイメイ)をセットしてターンエンドです」

真魚「コア、ドロー[タマムッシュ]、リフレッシュ。タマムッシュを召喚して、コアを1個乗せるわ。そしてマッチュラをLv2にしてアタックステップ! マッチュラでアタックするわ!」

明日美「ボーギーでブロックいたします。何もなければそのまま破壊されて、タマムッシュの上のコアを一つトラッシュに送ります。そしてバースト発動、タマムッシュを破壊して1枚ドロー[不死鳥フォグニクス]いたします」

真魚「ちぇっ。ターンエンドよ」

明日美「わたくしのターンです。コア、ドロー[ナスノ・アーチャー]、リフレッシュ。ベルドゴールをLv2で召喚いたします。効果でマッチュラを破壊いたしまして、バースト(セイメイ)をセットいたします。アタックステップに入ります。ベルドゴールでアタックいたします」

真魚「ライフで受けるわ」

明日美「ターンエンドです」

真魚「コア、ドロー[タマムッシュ]、リフレッシュ。タマムッシュをLv2で召喚するわ。コアを二つ乗せて、タマムッシュをLv1に。そしてもう一体タマムッシュをLv2で召喚! コアを二つ増やして、そのコアをLv1のタマムッシュに乗せてアタックステップ! Lv1のタマムッシュでアタックするわ」

明日美「ライフでお受けします」

真魚「続いてもう一体のタマムッシュでアタック!」

明日美「それもライフでお受けします」

真魚「ターンエンドよ」

明日美「コア、ドロー[妖精騎士ピーター]、リフレッシュ。ベルドゴールをLv1に下げまして、フォグニクスをLv2で召喚いたします。効果で2枚ドロー[ヤン・オーガ][闇騎士モルドレッド]いたします。ターンエンドです」

真魚「コア、ドロー[マッチュラ]、リフレッシュ。マッチュラを召喚するわ」

明日美「それではマジカルライトを捨てましょう」

真魚「タマムッシュをLv1に下げてガルードを召喚! 念のためタマムッシュ2体とガルードの上にコアを二つずつ置いておくわ。ターンエンド」

明日美「コア、ドロー[闇騎士ケイ]、リフレッシュ。フォグニクスをLv1に。ピーターをLv3で召喚いたします。アタックステップ、ピーターでアタックいたします。効果でマッチュラを指定いたします」

真魚「くっ、あからさまにガルードとの相打ち強要しにきたわね。タマムッシュでブロックよ」

明日美「ではターンエンドです」

真魚「ああもう、ドローソースが羨ましいわねぇ。コア、ドロー[リペアリング・セーラス]、リフレッシュ。セーラスをコア4個乗せて召喚、続いてマッチュラ、ガルードをそれぞれLv2に上げるわ。アタックステップ、セーラスでアタック!」

明日美「それでは効果でデッキを1枚破棄[ナスノ・アーチャー]いたします。フォグニクスでブロックいたします」

真魚「じゃあガルードの効果でデッキを3枚破棄してもらうわ!」

明日美「それでは3枚破棄[デッドリィバランス][闇騎士マリス][血塗られた魔具]いたします。そのまま破壊されて、ピーターをLv1まで下げてグラシャハウンドをLv2で召喚いたします。そしてバースト発動、タマムッシュを破壊してカードを1枚ドロー[グラシャハウンド]いたします」

真魚「ガルードでアタック!」

明日美「ベルドゴールでブロックいたします」

真魚「暴風の効果発動して、合計6枚破壊よ!」

明日美「はい、6枚破棄[ヤン・オーガ][マジカルライト][闇騎士マリス][妖精騎士ピーター][闇騎士モルドレッド][闇騎士ケイ]いたします。ベルドゴールはそのまま破壊されました」

真魚「じゃあターンエンドよ」

明日美「コア、ドロー[夢幻祈祷]、リフレッシュ。バースト(夢幻祈祷)をセットいたしまして、ナスノ・アーチャーを召喚いたします。ピーターをLv2に上げましてアタックステップに入ります。ピーターでアタックいたします。効果でマッチュラを指定いたします」

真魚「ライフで受けるわ」

明日美「聖命の効果でライフを回復いたします」

真魚「バースト発動! コスト4を指定してグラシャハウンドを破壊するわ! さらにコストを払ってナス……」

明日美「(にっこり」

真魚「って危ない危ない。ピーターを破壊するわ」

明日美「それでは不死の効果が発動いたします。まずはグラシャハウンドの効果で軽減の増えたベルドゴールを召喚いたしまして、リペアリングセーラスを破壊いたします。続いてフォグニクスを召喚、不足コアはピーターの上から確保します。効果で1枚ドロー[ヤン・オーガ]いたしまして、更にバーストを発動します。夢幻祈祷、ライフが回復いたします」

真魚「……今、迎撃したのよね、あたし?」

明日美「まだ続きます。ベルドゴールでアタックいたします」

真魚「うう、ライフで受けるわ」

明日美「フォグニクスでアタックいたします」

真魚「ブロックしたくない、でもこれ通したら明日美さんのことだから嬉々としてアーチャーで殴りかかってきて全滅する……マッチュラでブロック!」

明日美「それではマッチュラは破壊されまして、ターンエンドです」

真魚「コア、ドロー[マッチュラ]、リフレッシュ。……ねえ、これ詰んでない?」

明日美「さあ、何のことでしょう?(にこにこ」

真魚「もういいわ、やれることはやる。マッチュラを召喚」

明日美「それでは闇騎士ケイをトラッシュに送りましょう」

真魚「オルフェを召喚。セイメイも見えてるし、どうせならなるべくBPを低くした方が被害少ないわよね? ガルードをLv1にダウン。他のスピリットもLvアップ前ギリギリのコアを乗せてターンエンドよ」

明日美「それではわたくしのターン。コア、ドロー[マジカルライト]、リフレッシュ。グラシャハウンドを召喚いたします。続いてモルドレッドをLv2で召喚いたします。アタックステップ、モルドレッドでアタックいたします。こちらはフォグニクスを破壊いたします」

真魚「ぐ……ガルードを破壊するわ」

明日美「不死の効果でグラシャハウンドを召喚します。不足コストはフォグニクスの上から確保いたします」

真魚「オルフェでブロック、そのまま破壊されるわ」

明日美「ナスノ・アーチャーでアタックいたします」

真魚「マッチュラでブロックするわ」

明日美「グラシャハウンドでアタックいたします」

真魚「何もないわ、ライフで受ける!」


「またすごい不死デッキだな、おい」

明日美「不死の数自体が増えたこともありますけどマジカルライトや魔具等のトラッシュに送る手段、ヤン・オーガなどのコアブースト、なによりセイメイを主軸にした破壊時バーストのおかげで大分凌ぎ易くなりましたからね。特にドローもできて4~6コスト帯の不死ループがしやすくなったフォグニクスが大きいです」

真魚「ハンデスやデッキ破壊が逆利用されちゃうもんなぁ。相性悪すぎるわよ」

美夕「でもでも、真魚ちゃんのもガルードは結構怖いと思うよ」

真魚「紫だったから、コア1個にできないっていう心理的なブレーキが不味かったわよね~。あそこで一回殴っておけば結構なプレッシャーだったのに」

明日美「わたくしももう少し調整いたしませんと」
[PR]
by mma-island | 2011-11-01 02:37 | バトスピ部 | Comments(0)