MMA ISLAND

ブログトップ

第56話「フェードアウトSP」

真魚「もうそろそろ今年も終わりね~……」



「よく1年も続いたもんだ、これ」

真魚「あんたが言うな。洒落にならん」

明日美「結構空白期間が多かったことがありますけど」

美夕「実は更新してなかった月とかありましたからね」

「言うな」

真魚「なんだかんだで辻褄合わせてるわよね、毎度毎度」

明日美「苦し紛れの足掻きとも言いますね」

「好き勝手言いやがって……」

美夕「あの~、今日のバトル……」

「ああそうだ。今年最後になるかもしれんからな、派手に……」

真魚「行こうとすると大変なことになって失敗するわよね」

明日美「ですね」

「…………」

美夕「あ、えっと、私がやります」

「ありがとう、本当に……」


明日美「作者さまは[タワー・ゴレム][ロコモ・ゴレム][雷神轟招来][退魔絶刀角]ですね」

真魚「美夕は[ジェット・レイ][ミブロック・ジーナス][ダイヤドカリ][月光神龍ルナテック・ストライクヴルム]か~。ま、二人ともいつものデッキね」

明日美「美夕さんの防御とデッキ破壊、どちらが決まるか見物ですね」

真魚「最近の美夕のデッキ、攻撃面も強化されてるからね~……」

「じゃ、奇数だったら俺の先攻だ。(ダイスを振る)5、俺の先攻だ。ドロー[バンディット・アームズ]。タワー・ゴレムを召喚してバースト(絶刀角)をセット、ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[バスター・フェンリルキャノン]。ダイヤドカリを召喚します。バースト(ジーナス)をセットしてターンエンドです」

「コア、ドロー[雷神轟招来]、リフレッシュ。バンディット・アームズをタワーに合体。……とはいえこのままだと相打ちなんだよな……」

真魚「そうよね~。ぽんっと7000の壁が後攻1ターン目で出てくるから厄介なのよね~、ダイヤドカリ」

明日美「真魚さんも、それで何度も速攻の足を止められてましたからね」

「…………決めた、あんなのに居座れ続けられる方が嫌だ。アタックステップ、タワーでアタックだ。粉砕の効果でデッキ1枚破棄」

美夕[天王神獣スレイ・ウラノス]が落ちました。ダイヤドカリでブロックします」

「攻めの起点の天王星が落ちたんならいいことだ。何もなければ相打ちだ。バンディットを残してバースト発動、デッキ5枚破棄だ」

美夕「はい、[天王神獣スレイ・ウラノス][要塞都市ナウマンシティー][ジェット・レイ][ブラッディロンド][光速三段突]が破棄されました。こちらもバースト発動、ミブロック・ジーナスを召喚します」

「……だからわざわざブロックしたな、相打ち覚悟で。ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[エゾノ・アウル]、リフレッシュ。エゾノ・アウルをLv2で召喚します。ジーナスをLv2に上げてアタックステップ、ジーナスでアタックします。効果でバンディット・アームズを手札へ」

「ちっ、ライフで受ける」

美夕「エゾノ・アウルでアタックします」

「ライフで受ける」

美夕「ターンエンドです」

「コア、ドロー[ケンタウロス・ゴレム]、リフレッシュ。ロコモ・ゴレムをLv3で召喚。バースト(轟招来)をセットしてアタックステップ、ロコモでアタックだ」

美夕[バスター・フェンリルキャノン][ブラッディロンド][愛の女神ロヴン]が破棄されました。エゾノ・アウルは回復しますが、ライフで受けます」

「ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[エゾノ・アウル]、リフレッシュ。エゾノ・アウルをLv2で召喚します。アタックステップ、ジーナスでアタックです。効果でロコモ・ゴレムを手札に戻します」

「ちくしょう、全然軽減が溜まらない……ライフで受ける。バースト発動、3を指定だ」

美夕「あう、じゃあエゾノ・アウルは2体とも破壊されます。ターンエンドです」

「コア、ドロー[豪腕のトドン]、リフレッシュ。ちくしょう、場は空いてもスピリットが並ばないんじゃしょうがないな……ロコモをLv3で再召喚してアタックステップ、ロコモでアタックだ」

美夕[愛の女神ロヴン][バスター・フェンリルキャノン][機獣要塞ナウマンガルド]が破棄されました。ライフで受けます。えっと相手が青だから……ジェット・レイを召喚します」

「ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[氷の覇王ミブロック・バラガン]、リフレッシュ。ルナテックを召喚します。そしてジェット・レイを合体して、バースト(バラガン)をセットします。アタックステップ、ジーナスでアタックします。効果でロコモ・ゴレムを手札に」

「ライフで受ける」

美夕「ルナテックでアタックします」

「ライフで受けるううううぅぅぅぅぅぅ……」


「全然破壊できずに終わった……」

真魚「いや、まあ、あんなすぐにジーナスが出てきたらねぇ……」

美夕「えっと、ごめんなさい」

「いや、別にそれはいいんだ。だけど美夕のデッキ、段々手におえなくなって来てないか?」

真魚「バウンススピリットが強力なのよ。ウラノスだけでもきつかったのに、ジーナスまで出たじゃない」

明日美「でも美夕さんはまだ欲求不満なんですよね?」

美夕「ちょっとだけ、やりたかったコンボがあったっていうぐらいですけど」

真魚「このブラッディロンド?」

美夕「うん。ナウマンガルドLv2でアタックした後に、メインステップができるんならブラッディロンドも撃てないかな~って」

真魚「ライフ削った後のコアの差をなかったことにする気ね……」

「だからそんなの積んでたのか。何事かと思ったが」

明日美「そういえばナウマンガルドLv2の維持コアは4でしたね。ブラッディロンドを使えるだけのコアは確実に確保できますね」

「まあ美夕のデッキはコアブーストあまりないし、あの防御力ならあまりライフも削られないしで有効そうではあるが……」

真魚「っていうか美夕、最近なんだかんだでビート系のデッキにはほぼ勝ってるわよね」

「そりゃビート系にはきついだろ……そういえば明日美はまだそういうデッキで美夕とやってなかったな?」

明日美「いえいえ、わたくしはご遠慮いたしますわ」

「このやろう……」
[PR]
by mma-island | 2011-12-30 00:38 | バトスピ部 | Comments(0)