MMA ISLAND

ブログトップ

爆裂の覇道すごいカード特集2

来週辺りから暖かくなるそうで、これでやっと忌々しい雪ともおさらばだ。
そう思った翌日の朝、この冬最大の積雪でした。



まあ実際一晩の積雪量自体は今までのならむしろ隔週ぐらいの頻度で来るもので、今年はこの程度の積雪すらなかったのがむしろ異常だったんですがね。
爆裂の覇道、及びファンタフェスタまでにはせめて大通りの雪は融けてほしいです。


ネグザ2箱買ったら片方の箱がネグザレアと箔押しが2枚ずつ入っていて噴いた。


プリティーリズムの新キャラ4人のキャストが俺得すぎて困る。

あの作品、フェアリーテイルの直前っていうのと中の人目的で見たけど、悪い意味で女児向け漫画的な展開や実写パートが大分きつかったのですが、りずむ目当てに見ること1クール、序盤の手探り感が和らぎいたって王道なスポコン物となってきた辺りからは続きが楽しみなものになってましたね。
特に1クールラストとなるあいらとりずむの友情を描いたティアラカップから、みおんが馴染んでいき初めての敗北を喫するサマークイーンカップの流れは結構ワクワクしてましたね。


さ、それはともかくすごいカード等の更新ですね。
ブレイヴァーは省略で。


・ダークナイト・ドラゴン
6/3で6000破壊は少々弱いが、自分からライフ減少後バーストを発動する事ができる。
先週公開されたバゼルといい自力でバーストを発動させる効果が続けて登場。
ボイド送りではあるものの、待ちの姿勢の相手にライフ減少後バーストを発動できるのは頼もしい。
その分攻めて来る相手にはなかなか効果を使い辛いが。

・闇騎士フローレンス
最近やたら数の多い3/2コストの不死で、不死召喚時にブレイヴブレイクを発動できる。
合体しているブレイヴにしか効果がないのが残念なところ。
ガウェインとまったく絡まないのも残念なところ。
不死対象コストすら絡まないとか。

・コーカサス・リョフ・ビートル
三国志における天下無双の武人呂布がモチーフの覇王スピリット。
覇王編のプッシュ系統である覇皇/雄将に対抗するかのごとき条件で、呼び出すにはやや相手依存に過ぎるが、現環境を見れば呂布自身の条件も相まって非常に召喚しやすいとも言える。
相手のバーストゾーンにある覇王スピリットが出てきた後はこちらのスピリットが破壊されやすい状況だからだ。
ましてや爆裂の覇道から雄将も結構見えているため割りとあっさりと出てこれるだろう。
アタック時に赤のスピリットでもとんと見ない数字となるのでガイアスラクラスでも引っ張ってこなければBP負けの心配はほとんどない。
ただし維持コアが青のスピリットクラスの重さである。

・ダイヤプリンセス・ドロシー
来月のラジオで坂口さんが歓喜の雄叫びを上げそうなカード。
能力は四道サポートだがこれがどんな方向に転がるやら。
現状、わざわざ出して面白そうな四道って少ないからなぁ。
バースト後ドローは伏せた段階でドローできる神剣よりは取り回しが悪いが、1ターンに何度でもドローできるためバラガンのように何度もバーストを伏せれるカードとは相性がいい。
また効果も重複するためバーストが発動するたびに手札が増えていったりもする。その時生き残っていればだけど。

・テクノヒュード
シフゲイターに続く7コストブレイヴで、こちらはゼヨンの相棒。
色を問わずネクサスを配置できるが、コスト的には2、3枚同時に配置できてもよかった。
不死と組み合わせようにもコストがかなり重いのが玉に瑕。
最後の優勝旗のように配置しただけで仕事を終えるコストの高いネクサスと組み合わせたり、強襲とフォビッドと組んだりすれば、下手をすれば粉砕以上の効率を発揮できるだろう。
少々構築に無理が出てくるだろうが。

・クマタカンウ
三国志の武将の一人関羽をモチーフにした雄将スピリット。
神速持ちだがコストは非常に重く、加えてLv2の維持コアも重い。
だがその代わり最大軽減を活かし必要なコアさえあればBP負けしない限り、最大軽減での使用コアと同じ個数をブーストできるので延々と神速の壁となる事ができる。
またロックゴレム・カスタム同様、緑の新効果である【烈神速】の記述が確認できる。
『烈』は「激しく」という意味を持つ、緑に相応しい一文字だ。

・マジック・オブ・オズ
映っているのはブリキの人形か。どうでもいいがブリキの一発変換が武力と出て武力ONEを思い出す。
ハンドタイフーンの調整版効果で、相手に干渉することはできなくなった。
個人的には相手の手札も吹き飛ばせるハンドタイフーンの効果は好きだったけどあんな使われ方したらしょうがないよね。

・グリムの天使シンデレラ
バースト召喚条件自体は、割としぶとく場に残る天霊にとっては容易い。
マジックの回収効果は相手のライフを減らせる状況ならばほぼ光芒付加に等しい。
色が指定されていないためウィングブーツやインビジ等の攻撃をすり抜けたりする強力なマジックを早い段階から使えたり、火力マジックも使いまわしたりできる。
Lv3に上げた場合はBPの低さは気になるが、バーストをインビジに変換するようなもので、その破棄したバーストがマジックだった場合すぐさま手札に戻すことも可能となる。
色々できそうで痒いところに手が届かなさそうな感じ。

・ロード・ブレイバン
キャンペーンで配布されるバーストブレイヴの内の一枚。
相手のライフを一つ余分に奪う非常にシンプルな効果で、ライフを奪う際のみ実質的なダブルシンボルとなる。
合体時は+5000のためライフ減少後に適当な起きてるスピリットに合体すればそれだけでBPで相手のアタックを止める事ができる。
数で攻められたら何の意味もないけど。

・カオティック・リクゴー
キャンペーンで配布されるバーストブレイヴの内の一枚。
名前の通りセイメイをサポートするかのような、黄の領分となるルール干渉系の能力を持っている。
能力を発動しやすくするためか合体時は初のBP+0。
合体条件が緩く、どんな小さいスピリットでも強大なBPを持つスピリットを討ち取る事ができるトリックスター。
もっとも、セイメイのような効果を持っていない限りある程度BPを持ったスピリットに合体すると酷いしっぺ返しを食うが。

・サイゴード・アームズ
キャンペーンで配布されるバーストブレイヴの内の一枚。
デッキ破棄とコアブーストを同時に行えるが、デッキ破棄枚数自体が少なく、コアが増える条件も厳しいためあまり安定しなさそう。



う~ん、なんだか見えているカードが段々怪しくなってきたぞ。
なんか今弾みたいに色々仕込みつつも中途半端になりそうな感じが。
[PR]
by mma-island | 2012-02-25 01:03 | バトルスピリッツ | Comments(0)