MMA ISLAND

ブログトップ

殴り愛・宇宙

さあ、君も今日からティターンズだ。



ジャージ部、ついに『三人』揃いました。
ラストのムギナミ、表層は今までと変わらなくてもその行動は完全に今までより一歩どころか十歩ほど踏み込んだものになっていました。
ランのドジっ娘属性も相変わらず……っていうかドジっ娘描写自体少ないのにもうここまで馴染んでいるのがすごい。


なんかwikiに新カード入ってたのでぼちぼちと。

・爬獣使い百地ダイル
1弾からかなりの頻度でコツコツと出続け、それでも今まで一枚もサポートがなかった爬獣にとうとうサポートカードが。
それも待たせた分かなり強力なサポート。
爬獣は基本的に低コストでBPが低く、たまにBPが高い個体もいるがそれは「低コストの割りには」である。
なのでこいつがいるとLv1のドラグサウルスやリザドエッジでも高いBPを持ち、ウィニーの天敵であるモノケロックやエゾノアウルを潰すことができる。
アーケランサーを付けて効果でBPを上げれば我が友ですら怖くない。
またバースト後は系統の縛り以外は召喚数すら無制限というこの手の効果にしては珍しい強力な蘇生効果もある。
コストは7コストと重いが軽減が5もありカメレオプスもいるし、低コストがほとんどの系統のサポートとしては最上級のものを備えていると言える。
もっともこれで爬獣という系統自体がそれ単体で戦えるデッキになるかどうかはまた別問題だが。

・爆覇炎神剣
復活したバゼルの新たな必殺技。
バースト条件からしてバゼルの能力とのシナジーがあり、効果も手札を消費せず相手の場に干渉するシンプルながらアドバンテージが詰まった効果である。
またフラッシュ効果も覇皇限定ながらも強力で、バゼルの支援に使うも良し、手札に忍ばせておくも良しと使い勝手のいい一枚となっている。

・黄煙虎
テンクーに続いての霊獣サポート。
今回は1弾から続いてきた系統のサポートが収録されてるのかな?
霊獣の軽い奴は並びやすいので結構なコアを搾り取れるものの1体だけなのが残念。
6/3だったら複数体から取れても良かったのに。

・スケープゴート
ブロッカーを緊急に生み出すマジック。
コストの縛りがないためどんな大型スピリットでも呼び出すことができ、封じられるのも召喚時効果のみなので虚バァラルのような常時効果や、シャ・ズーのように防御時に有利な破壊時効果を持つスピリットならばかなり効率的に相手の攻撃を凌げる。
呪滅撃のように普段なら決めれる事ができない効果もカウンターで決める事ができる。
そもそもブロックさせてもらえなかったり手札やデッキに戻されたり、コア除去されない限りこのカードの効果で破壊されるため破壊時効果を持っているスピリットとは特に相性が良い。

・サテライド・バード
メガバイソンの重装甲版とも言える合体時効果を持ち、軽減も総数では減ったが単色で扱う場合は増加している。
BPの上昇量も高い。
シンボルを持たないが、その代わり強力な召喚時効果を備えている。
今環境を席巻している覇王スピリットを召喚できないようになるので相手も計算が狂うだろう。
まあ自分も召喚できなくなるが、破壊後バーストによる召喚でもなければ大して意味がない。
あとフレーバーを見て真っ先に最終兵器彼女のイメージが出てきた。

・氷聖女の塔
氷壁を与える効果自体は他の氷壁サポートと組み合わせでもしないとあまり意味がない。
まあ相手ターンにも不意に召喚されたり、神速持ってる覇皇/雄将もいるからまあ効果は発動しやすそうだが、肝心の氷壁の色がかなり残念。
Lv2効果はバーストのセットにコストを要するようになるが、これ単品だと効果はいまいち薄い。
だがブレイヴァーと組み合わせるとなるとその効果は一気に高まる。
相手はネクサスかブレイヴァーのブレイヴを剥がさない限り、破壊される可能性があるバーストを2コア払ってセットするか、それともバースト効果に頼らない攻防をするかの選択を強いられることになる。

・オリンピアの天使長オフィエル
水星を司る最後のオリンピアの天使。
コストは重いが召喚時にバーストを一つ犠牲とすることでノヴァのようなライフ全快効果を持つ。
実際にはそれで出番終了という出オチスピリット。
Lv3効果は貧弱なBPの多いオリンピアの天使がバトルしやすい効果となる。
バトル時、なので単純に防御力も高くなる。
そしてフレーバーにてマナカに襲い掛かる残酷な現実……!

・フンババー
まるで赤のような、それでも参照条件がやっぱり青な効果を持つ低コストスピリット。
雄将付いてるし、名前もそのまんまだし、モンスターとしてよく名前を聞くフンババなのかな?
異合持ちで軽減も多いが、Lv2への要求コアの割りにBP上昇値は低い。
まあパンプ効果がLv1からだからいいか。
そして海楯の変わり身の早さよ。

・ガイメイル・ヒドラ
ネクサスをサルベージできるがタイミングは相手依存。
おまけにエンドステップの効果も、事情がない限りは自らネクサスを減らしてまでコアブする意味もない。
手札にフォビッドが控えているとかならともかく。

・烈の覇王セイリュービ
本日アニメに登場した、三国志に登場する武将劉備がモチーフの覇王Xレア。
新たなる緑のキーワード能力である【烈神速】を備えている。
セイメイ、サイゴードと同様バースト効果と新キーワード効果のみの非常にシンプルな構成。
BPのコストパフォーマンス自体はそこそこ。
注目の烈神速は今までの神速とは逆に、コアをトラッシュから戻してから召喚する。
ネイチャーフォースの戻す対象が広域拡大されたようなもので、大型を呼び出した後のフォローを簡単にできる。
神速とは違い連続呼び出せないため単体の性能は少々微妙だがフィールドの状況をコアを使わず手札一枚、一回のフラッシュタイミングで激変させるため構築によっては攻守に渡り相手を圧倒させる存在となるだろう。
玉に瑕なのは覇王スピリットのくせにバースト召喚した方ががっかりだというところだろう。
さすが劉備さん。
それはそれとしてじゅん子のデッキにあった翔烈降臨って、ひょっとして青龍の天玉鎧降臨させて翔烈帝降臨ですか?


ガイメイル・ヒドラのフレーバー、明らかにゼヨンの策略通りの流れですね。
そしてこれにより五国同盟に入っていないのは氷楯でほぼ決まりだろう。
とはいえその氷楯も中立地帯はむしろ炎楯に寄っているようで。
闇楯でも内部で色々動きがあるみたいだし本当にどうなるやら。
[PR]
by mma-island | 2012-02-26 20:28 | バトルスピリッツ | Comments(0)