MMA ISLAND

ブログトップ

爆裂の覇道すごいカード特集その3

ぎゃるがん、一般女子も衣装を個別に設定できたらまだプロフ埋めてないこの見分けがつきやすいのに。
とかそんなこと思いつつもプロフと羽根集め。
面白いがビギナーとエキスパートで羽根の獲得数が変わらないのは納得いかん。



ライアーゲーム1巻から読み返してたら、本当にナオはこの頃はすぐ泣いてばかりですっとろくて疑うことをまったくしないんだなぁ。
で、これが密輸ゲーム前の秋山の言葉、そしてヨコヤとの対峙で成長していくんですよね。

そして今週の連載分は秋山の反撃によりハリモトの現在の戦略完全封殺。
最初の入札ステージで随分と仕掛けてくるもんだなぁ。


ラグランジェ。
3話までを見て、まさかランがここまで面白い子だと誰が思ったか。
いやまあ世間知らずのお姫様としてはありきたりなのだが「わん」の伏線が効きすぎてる。
あんな真顔で「わん」って言ってるんだから彼女なりに気に入ってたり何か由来があるのかと思ったらアレだ。
要するに超が付くほど真面目なんだよね、ランちゃんって。
そしてそんな真面目な性格ゆえ真顔で「わん」という挨拶をこなしていた心中でものすごく恥ずかしがってたんだろうな、あんなに顔真っ赤にしたりすごく凹んでた辺り。
よし、ランちゃんのスリーブ一つぐらい買っていくか。


アクエリオン。
アンディ初合体だと思ったが叶わず。
でも美味しいところはたっぷりと持っていったとさ。
これでメインキャラで合体してないのはアンディ、サザンカ、モロイか。
特にアンディ以外はエレメント能力すら判明してないんだよね。
まあなんだかんだで一人一回は合体の見せ場は作るでしょう。
見せ場自体で言えばカイエンもまだなわけだしね。
そして基本形態であるゲパルトさんの活躍もいまだ……。


今回はほとんど既出なので本スレの方でも出てた最強ジャンプのバレも加えて。
……こっちで手に入れられるのいつになるんだろうなぁ。
とりあえず週明けには入ってるだろうけど。


・創造の原典
配置時の効果は黄のマジックなので範囲は狭く、使い回しが上手そうなマジックは新弾で判明しない限りはそうないのであまり需要はなさそう。
Lv2は光速三段突のようにコストは高いが強力な多色のバーストマジックをより使いやすくできる。
とはいえこちらに3コスト割く形になってしまうのがやや残念だが、バーストに使うコストを考えれば安い方か。

・イルルヤンカッシュ
元ネタは神話における海の支配者と呼ばれる蛇神イルルヤンカシュ。
まあおそらく今回のサイクルでもある6/2のダブルシンボルバニラですね。
海首でデッキを組みたい奇特な人にとっては貴重なパワーアタッカーでしょうね。

・次元斬
ライフ減少時にドリームリボン、かつデストラクションバリアの変化形のような効果を発揮する。
相手の手札が増えるのでその使い手のブレイヴァーの効果を活かしやすく、2体を処理できるのにコストは4/2と少ないのが特徴。
フラッシュ効果は一回のバトルしか効かないが、バースト経由ならば相手のブレイヴァーの効果で減らされてもそいつを処理する事ができる。
どちらも耐性が無ければ防ぐことはできないので一気に相手の場を空ける事ができる。

・ボアトリクター
破壊時とはいえLv1から2枚ドローで、軽減が1増えてドロー枚数が1枚減ったとはいえミストウィゼルよりは使いやすい。
何より妖蛇であり不死も持つという至れり尽くせり。
スケープゴートから出しても手札が増えるというから意味がわからない。
5コストなので不死ループに組み込みやすい。
その分BPが低いが破壊されてなんぼの条件を何重にも兼ね備えているためむしろご褒美。

・骨孩児
おそらくモチーフは西遊記で牛魔王と羅刹女の息子である紅孩児。
最遊記ファンとか、ドラえもん知ってる人だとすぐピンときそう。
指定枚数までのドロー効果なので手札を潤沢に蓄えるタイプの紫では使いにくい。
逆に言えば4コストなのでドロー手段が乏しく手札を消費しやすい白、緑、青にタッチで突っ込む分には使いやすい。
破壊時の回収効果も無魔だけではなく雄将も対象なのが多色に入れやすい要素でもある。

・アーチャー・ドラゴン
モチーフは聖杯戦争における弓兵のクラス……ごめん、ウソ。
遠方で睨みを利かせる狙撃手のように小さいスピリットを片っ端から焼いていく。
除去回数に制限が無く、また覚醒も自身の効果を補助するので割と使いやすい。
サンダーブランチやカグヤと組み合わせればどんなに巨大なスピリットだろうと耐性を持たない限り撃ち抜ける。
そこに更にセイリュービを混ぜるのも面白そう。

・タランドーズ
緑のダブルシンボルバニラ。
Lv1のBPが緑らしくやや高い。
最大BPがそれに似合わず低いのもまた緑っぽい。

・バーバリ・チョウヒ
三国志にて劉備と義兄弟の契りを結んだ張飛がモチーフ。
場所は長坂橋だろうか。
コアが乗っている数だけパワーアップするため見た目以上のBPを発揮でき、セイリュービともシナジーがある。
また緑のお約束であるバトル勝利時の回復もあるのでライフは奪いやすい。
ただこの手の効果にお約束のBPの上昇がアタックステップ中だけでそれ以外は無防備だったりコアブーストしてないとそれなりのBPを出すのはきついのが残念。

・クラブソーサラー・スケアクロウ
クラブのスートの力でパワーアップしたカカシ。
ただ効果は四道が破壊されたときのドローだったり、パワーアップ前と同様Lv2からの光芒だったりとなかなかに不安な性能。

・ムーンボウ・クローク
氷壁持ちに条件付のアンブロッカブル能力を持たせるマジック。
ただ条件がなかなかきつく、安定しないため最初から多数の氷壁を持つスピリットでな無いと意味が無い。
これが氷壁持ち全体に作用すればよかったのだが。

・ミブロック・ザ・ワン
新撰組の斉藤一がモチーフの雄将。
召喚時にブレイヴをノーコスト召喚できる、北斗のような効果を持っている。
また重装甲も持っているが合体時の上Lv2からと条件はやや重い。
一応自分の効果も合わされば合体時という条件はそこそこ無視できるけど。

・エンキドゥ・ゴレム
モチーフはギルガメッシュの親友である神造兵器エンキドゥ。
強襲を持ち、バトルに勝った時はかなり広い範囲のスピリットを破壊できる。
ただこいつ自身のBPがイマイチなのでブレイヴで補強する必要がある。

・アームストロンガー
回収効果とネクサス破壊効果を持つシンボル持ちブレイヴ。
除去かネクサス破壊かを選択して行うセントロドリラーと似たような効果だがこちらは二つの効果を同時に発揮できる。
ただし回収効果は対象が狭いためイビル・フィッシャーのように他の色に使う事ができないのは残念。

・カイメイジュー
開明門の守護を司る神獣である開明獣がモチーフ。
ピーターのように指定したスピリットにブロックされなくなるが合体条件がややきつい。

・霊峰魔龍ヤマタノヒドラ
モチーフは世にも有名なヤマタノオロチ。
日本の漫画ではとかく最強最悪の魔獣として扱われる場合が多い。
イラストではおそらくこの霊峰自体が巨大な生物兵器なのだろう。
圧倒的な強襲:8を誇り、Lv2からはネクサスを再利用できるため事前にフィールドに揃えてなくてもトラッシュにネクサスが必要数揃っていればどんどんとサルベージしつつ強襲する事ができる。
雄将を持っているためテクノヒュードを合体させればネクサス1枚で強襲8を達成する事ができかつ相手のデッキも破壊しつくすという荒業を可能とする。
まあコストや状況がとても現実的ではないが。
強襲回数、コスト、維持コア、BP、収録弾数までとにかく8(及びその倍数や約数)に拘ったデザインとなっている。


あと一週間ですか、長いようで短いですね。
[PR]
by mma-island | 2012-03-03 02:39 | バトルスピリッツ | Comments(0)