MMA ISLAND

ブログトップ

バトスピ研究所第46回「爆裂の覇道 フレーバー編」

figmaマミさん、ようやく発売か……。

そして念願のキャタピラレッグを手に入れたぞ。
だけど次のキャタピラレッグまでレア6素材、それもニュード系か……。



これまでのあらすじ。
氷楯が炎楯に喧嘩を売ったのは暖かい場所が欲しかったからでした

なるべく時系列順に今回起こった騒動を整理。
マナカ側ケイ側、判別不能orどちらでもない、と色で区分け。


644年:

・六虚神の争乱終結直後、ゼヨンに雇われた光楯の一部がマナカを襲う。その際マナカは生死不明となる。

マナカを失った悲しみから統一された世界を望むようになる。
一方その頃、エンジュにより一命を取り留めたマナカ、必死でリハビリに励む。
海龍の軍勢を引き連れたゼヨンが訪れ、マナカの遺志を継ぐため共に戦いたいと告げる。
一方その頃、マナカは天使たちがつけているメモの内容が気になってしょうがなかった。
マナカとロードを失い暴走した非戦派を率い、正しき武力による世界の統一を開始する。その理想を同じくするミブロック一派もケイの傘下に加わる。
一方その頃、マナカは光楯の愉快な面々と戯れていた。


645年:

闇楯の民はすぐに降伏したがその速さと態度にすら裏を感じ役人を放逐する。
その一方でマナカを失った原因となった裏切り者の光楯の侵略を画策する。降伏の使者は送られたがそれを斬って捨てた。
怪我はすっかり治ったが、そんなマナカの前に最強最大の敵『請求書』が立ち塞がる。
・ケイの軍勢の光楯侵攻、マナカの復活、虚神の襲来のため離散していた光楯の軍勢の帰還、それらは奇しくも同時期に起こった。
ケイの軍勢(このとき戦ったのはおそらく海楯の戦力)を退けた後、マナカは先の一件を問い質すため海楯へ向かう。
海楯へ向かう道中、天使たちとその親衛隊が行動を共にする。マナカに新たな旅の道連れと請求書の項目が増えた。
海楯に着くや否や降伏の使者がやってくる。
続いての侵略目標は風楯となった。風楯最強の戦士リョフ・ビートルも加わり、圧倒的な戦力差で風楯を蹂躙する。
同行していた天使のもとに、炎楯による風楯侵略の報が届く。それを聞いたマナカはすぐさま風楯へと向かう。
風楯の戦力はほぼ壊滅。残存戦力を掃討するため最後の追討戦に移行する。
なんとか駆けつけたマナカは本当に炎楯が侵略行為を行っていること、そしてケイの傘下に氷楯、海楯の軍勢がいることを目撃する。
これ以上の被害を防ぐためマナカは現存する戦力を掻き集め風楯の民と共に大逃走劇を開始する。


646年:

圧倒的な戦力差の下で始まったマナカたちの逃走劇は、セイリュービとその配下の五風将軍たちの活躍もあり、多数の犠牲を出しながらも成功する。
圧倒的な戦力により成功を約束されたはずの追討戦は失敗に終わった。そしてケイと炎楯にとって幸か不幸か、そんな中でマナカの生存が確認された。
ケイの軍勢の手から逃れたマナカたちはささやかながらも反抗を開始する。その声に最初に応えたのは蛇たちだった。
皇帝ケイへ恭順することを拒んだ氷姫を筆頭とした反対派はこの結果を聞きマナカの下へと走り協力を依頼する。上から目線で。
また、闇楯を追われた役人たちとそのシンパ、牛骨魔王率いる反帝勢力が接触。これこそが闇楯本来の意志だと声を高らかにマナカと手を結ぶ。
マナカと復活したロードを慕う炎楯の一部勢力が合流。後に「5カ国連合」と呼ばれる一大反帝勢力が誕生した。


647年:

・皇帝ケイ率いる侵略軍と、最大の反帝勢力「5カ国連合」がついに激突。2体の竜の激突が号砲となり最後の決戦の幕が上がった。



とまあそんな盛り上がった場面で覇王編4弾剣舞う世界に続きます。
剣舞う世界=世界を二分した勢力による大激突、といった感じなんでしょうかね。
一応両軍の戦力まとめ。

ケイ陣営
・皇帝ケイ
 ・策謀家レボルシング・ゼヨン
  ・テクノ・ヒュード
  ・その他海竜(海首)
  ・古の獣王ギルガメッシュとその一派
 ・魁の覇王ミブロック・ブレイヴァー
  ・氷の覇王ミブロック・バラガン
  ・ミブロック・ジーナス
  ・ミブロック・ザワン
  ・セリザワンドダック
  ・その他一般ミブロック
 ・コーカサス・リョフ・ビートル
 ・闇騎士勢
 ・炎楯のケイ派の兵隊


マナカ陣営
・神殺しの覇王マナカ(+イカヅチ・ヴルム)
 ・爆炎の覇王ロード・ドラゴン・バゼル
 ・烈の覇王セイリュービ
  ・クマタカンウ
  ・バーバリ・チョウヒ
  ・マー・バチョウ
  ・グアン・チョーウン
  ・???(黄忠)
 ・氷聖女ジャンヌダルク
  ・ジル・ド・レ
  ・ラ・イール
 ・牛骨魔王
  ・太骨望
  ・骨孩児
  ・その他骨
  ・蛇たち
 ・炎楯のマナカ&ロード派の勢力
 ・天使たちとその親衛隊


なんか意外といい勝負なんじゃないかと思った。
あとはフレーバーで気になるところといえば、あの尋常じゃない請求書ですかね。
あれって要は「マナカを裏切らないという光楯なりの意思表示」であり「これからもずっと付いて行く」という親愛の情なんじゃないでしょうかね。
故(金)あれば寝返る、という光楯の性質を考えれば、そんな尋常じゃない請求書や、行軍の維持費やらなんやらと絶対に返せない額をツケにするっていうのはそういうことなんじゃないかと。

まあ一部予想で書いてるところもありますが大体こんな感じなんじゃないでしょうかね、今弾のフレーバーは。
[PR]
by mma-island | 2012-03-08 23:59 | バトルスピリッツ | Comments(0)