MMA ISLAND

ブログトップ

第71話「過剰SP」

「…………」



美夕「作者さん? さっきから4枚のクレオパトラスをじっと見て何しているんですか?」

真魚「そっとしておきなさい、美夕」

明日美「4箱開けて皆勤賞でしたからね」

美夕「でも作者さん、クレオパトラスが欲しいって言ってませんでしたっけ?」

明日美「さすがに4枚は出すぎ、ということでしょう。3枚ならまだしも、その分他のXレアを引けないわけですから」

真魚「ま、あたしの分のソンケンはちゃんと3枚引いてくれたから、あたしはなんの問題もないんだけどね~♪」

美夕「あれ? っていうことは作者さん、4箱中3箱のXレアが同じだったんですか?」

明日美「その結果が、ご覧の有様でございます」

真魚「ほらほら、そんなところでいつまでもカードとにらめっこしてないで、バトルしよバトル!」

「お前、少しは空気というものをだな……」

真魚「いいじゃんいいじゃん。こういうのはバトルで発散してすっきりさっぱりしないと」

「まあとっとと終わらせたいのは同意だがな」


明日美「作者さんは[爆覇炎神剣][双翼乱舞][ドラグ・クリシュナー][秘剣燕返]ですね」

美夕「真魚ちゃんの初手は[エレステラ][ストームアタック][蜂王フォン・ニード][ピクシーファルコ]です」

「じゃ、偶数なら俺の先攻だ。(ダイスを振る)4、俺の先攻だな。ドロー[爆炎の覇王ロード・ドラゴン・バゼル]。双翼乱舞を使用。2枚ドロー[秘剣燕返][ツクヨミドラグーン]。バースト(バゼル)をセットしてターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[グアン・チョーウン]! エレステラを召喚するわ。そしてアタックステップ! エレステラでアタック! 効果でボイドからコアを乗せてLv2にするわ」

「ライフで受けよう。そしてバースト発動、バゼルを召喚だ」

真魚「いきなりエースを出してきたわね……ターンエンドよ」

「コア、ドロー[爆覇炎神剣]、リフレッシュ。ツクヨミを召喚、バースト(炎神剣)を伏せてアタックステップ、ツクヨミでアタックだ。効果でデッキトップを3枚オープン[ワン・ケンゴー][凶龍爆神ガンディノス][双翼乱舞]。双翼乱舞のバースト効果を使って2枚ドロー[ツクヨミドラグーン][皇牙獣キンタローグ・ベアー]

真魚「ライフで受けるわ、そんなの」

「ターンエンドだ」

真魚「一気に攻めてこないなんてねぇ……コア、ドロー[風の覇王ドルクス・ウシワカ]、リフレッシュ」

「攻めるデッキっていっても時と場合があるからな」

真魚「ま、あんたにしては珍しいってだけなんだけどね。バースト(ウシワカ)をセットしてチョーウンをLv2で召喚するわ。アタックステップ、チョーウンでアタック! コアをリザーブに増やすわ」

「ライフで受ける」

真魚「チョーウンの効果で回復して、もう一回アタック!」

「ライフで受ける」

真魚「やっぱりこれはスルーしたわね。じゃあエレステラでアタック! 効果でLv2にアップよ。フラッシュは何かある?」

「いや、ないぞ」

真魚「じゃあストームアタックを使用! バゼルを疲労させてエレステラを回復させるわ!」

「ライフで受けよう」

真魚「最後にエレステラでアタック!」

「なにもない、ライフだ」


真魚「やったー! 快勝!」

明日美「お二人とも流石です。尺が短くて済みます」

真魚「…………明日美さん?」

「まあ殴り合うデッキを組むのはこの面子じゃ俺と真魚ぐらいなものだからな」

美夕「でも真魚ちゃん、ソンケンさんが出なかったね」

真魚「引いてくると思ったんだけどなぁ、折角のソンケンデッキなのに」

「つまりデッキコンセプト的には俺の勝ちってことだな」

明日美「試合に負けて勝負に勝ったという感じですね」

真魚「はいはい、リベンジは受け付けるわよ~」

「珍しく増長しとるな、こいつ……」
[PR]
by mma-island | 2012-05-25 23:38 | バトスピ部 | Comments(0)