MMA ISLAND

ブログトップ

覇王大決戦すごいカード特集7/4+α

書きたくてもバトスピの方が既存ばかりだったでござる。



セブンラッシュ×8の後、ストック切れかけたところでセブンラッシュ×26か。
あんなに続くんだなぁ。
もう二度とあんな引きは出来ないだろうけど。


まずはネグザ。

・逆鱗
カスフラの効果を相手に適応させる、ブロックされていても強襲のように相手の本国を削れるビートにはありがたいコマンド。
特に緑でウィニーをやる時は強力なブロッカーを出された後は打点が通らなくなるためその問題を解消しやすい。
とはいえロールコストが重いためタッチにも使えず、例え緑単に使うにしてもちょっと動きが鈍くなるか。

・ガンダムAGE-1フラット
戦闘配備と改装こそは残っているものの、このスペックでゲインがなくなると妙に脆く感じる。
場に出たときにAGEシステムと同等の効果を発揮するが、自分以外かつGサイン指定のため投入されるデッキも自ずと限られる。
他のAGE-1系に改装できるのが救いか。

・カガリ・ユラ・アスハ
使用用途の限られたサイ・サイシー。
とはいえ高機動を持っていなくても迎撃できるし、相手が防御に行かなかったのを見てから配備のユニットを飛ばしたりできるが。



続いてバトスピー。
最強ジャンプに色々載ってましたね。

・闇王妃グネヴィア
モチーフはアーサー王のイイ人でありランスロットと浮気した結果国がズタズタになったギネヴィア。
相手がアタックしなければバーストを使う事ができるが紫限定。
まあ紫は今のところ発動条件がそぐわない状況で発動しても問題ないものが多いけど。
というか覇王スピリット以外のマジックやブレイヴはほぼ何の問題もない。
とはいえ紫で相手がアタックを嫌がる状況……シャ・ズーを立たせておくとか?

・ガンナー・ドラゴン
銃に次弾を装填するようにバーストを常にセットできる効果を持つ。
戦竜とのことなのでロードラ、バゼルとの組み合わせを主としたデザイン。
バースト召喚しなければタッチするにはコストがかかるバラガンを入れなくてもバゼルは連続攻撃が可能だし、発動ではなく破棄のため再セットが困難だったロードラででも連続攻撃が可能となった。
このカードがバトル終了時まで生き残っていなければならないが他の奴が殴れば問題はないし、自身のアタック時効果も十分に強力なので、レアリティ以外は非常に頼れる存在である。

・ヒロイックエントリー
系統覇皇用のビッグバンエナジー。
本来覇王スピリットはバーストによる踏み倒しが可能だが、別の色のスピリットを素で召喚するときには非常に重いコストを必要とする。
なのでこれを使えば他の色の覇王も気楽に手札から出すことはできるが……重いスピリットを天召し更に重いスピリットを呼び出す星竜と違って覇王は現状そこまで手の込んだことをしてまで狙いたいコンボもあまりないが。
単に呼び出すだけならバースト召喚でいいわけだし。

・闇騎士ラモラック
召喚時にダンスマカブル、妖華吸血爪と同じ効果を発揮する。
不死をトラッシュに仕込むのに役に立つほか、スピリットを出しながら相手の場を除去することもできる。
ただし3コストながら序盤に効果を使うことは手札の面から少々戸惑うこともあると思うが。
捨てたいカードがある時は召喚時コア除去効果を持つスピリットとあまり使い勝手は変わらない。

・タワーミンゴ
今回は嫌がらせのように、デッキ破壊メタのサイクルスピリットが複数種類いる。
ただデッキ破壊メタ以外の効果は非常によい。
5/2の銃撃というと重くて使いどころに困るが、手札さえ蓄えておけば呪撃のデメリットである最低でも1:1交換というのを解消でき、気楽に呪撃アタックを叩き込む事ができる。

・翼の覇獣スパ・ルーダ
モチーフは古代ローマのスパルタカス。
バースト召喚の際に自分のスピリットをデッキの底に封印することになるが、緑青だと相変わらず強力なのにデッキ内に合体対象が少なくなってきているバルカン・アームズでもいいか。
バースト経由の召喚で3体疲労はまあいいとして、そいつらを起き上がらせなくするので回復しての追撃を防いだり、無限ブロッカーを封じることもできる。
ただまあ、ブロックを封じる場合はバースト条件が条件なのでバゼルかダゼルが必要になるけど。

・ジェロニモンド
インディアンのアパッチ族の戦士ジェロニモがモチーフ。
デッキ破壊メタはまあともかく、重装甲赤/白というオーソドックスな効果を持ち、かつそれを他のスピリットにも分け与える事ができるためこの2色に対してはこいつがLv2で場にいるだけで十分厄介。

・バッファロング・ビル
大型スピリットの攻撃先を指定させるという特殊な効果を持ったスピリット。
本来はバッファローの方が向かっていくんじゃないかと思うが気にしない。
ただそのままだと単に相手の攻撃を1回防ぐだけなので、場に出す時は常にLv2以上にして高いBPを見せつけなければならない。
ブロック時にBPを増やすタイプのブレイヴと合体しておけばよっぽどの相手でない限りは打ち勝てるだろう。

・ガン・ホース
今回の白の全体的なモチーフである西部開拓時代における象徴的なアイテムといえば馬と銃だろう。
6コストながら召喚時効果はやや弱い。
ただし合体した後はモノケロックと同じ疲労ブロックの効果を得る。
上述のバッファロング・ビルに合体させておけばほとんどのスピリットはシャットダウンできる。

・ザッカ・パンツァー
タッチされた他の色のマジックを黄の軽減で使用できる。
剣舞う世界で強化された攻防にまさに最適なブレイヴ。
シンボルも付いているため攻める分には申し分ない性能を発揮できる。

・フェアヴァイレ
召喚時効果をそのまま跳ね返す、という面白い効果を持っているバーストマジック。
打ち消すわけではなく同じ効果をそのまま相手にも叩き込む、というのが正しい。
非常に癖がある効果で、自分からデッキを掘り進めていくデッキ破壊に対して面白い動きをするが、執拗なデッキ破壊メタのおかげでその使い方はあまりされないだろう。
まあ除去効果やドロー効果に合わせて使うだけでもそこそこ強い。
トリッキーなバースト効果とは別に、フラッシュ効果はコストと軽減を考えなくても普通に強い。
メインならともかくフラッシュに使えるため、光芒/魔光芒とも非常に相性が良い。
コストのおかげで他のデッキにも入れておける。

・猛将レオ二ダース
レオニダス1世がモチーフの低コスト雄将スピリット。
ドローメタ効果だが自分にも影響し、回収やバウンスには対応できるものの相も変わらずドロー枚数を増やす効果自体は対象外。
ネクサスの数だけパワーアップできるが、常時効果ではあるが少々地味。

・ディクタトール・シーザー
モチーフはローマの将軍ジュリアス・シーザー。
ヤマトをはじめとするライフ3以下が条件の覇王スピリットよりも更にもう一つライフ条件が厳しくなった。
青の8コストにしてはBPがやたら低く、強襲を持ってはいるがどうにも押しが弱い。
Lv2の効果さえなければ。
チャンプブロックをした瞬間、自壊させなければ次のメインステップはやってこないという強力な縛りがある。
まあもうメインでする事が何もない状況でもなければ問題ないが、そうはいかないだろう。
コア除去+魔具とのコンボがなかなか凶悪なのだろうが、生憎と魔具は制限カードになってしまった。
BPが低いのでブレイヴ等で補強しておきたいところ。

・ディクタトールレギオン
ライフ減少後+ネクサスが必要ではあるが、バースト効果では非常に効率のいいコアブースト。
フラッシュ効果もなかなかに便利で、相手のデッキ次第では非常に強力。
スピリットでなくてもどんなバーストか見る事ができるのだから、トライアングルバンも合わせて相手のバーストをほぼ封殺する事ができる。
メインに使えないためアタック後バーストは防げないが、光芒と組み合わせる事ができるのはありがたい。
ザッカ・パンツァーのおかげで問題なく使えるだろうし。


アニメ・特撮の映画ラッシュがすごすぎる。
[PR]
by mma-island | 2012-07-05 01:52 | バトルスピリッツ | Comments(0)