MMA ISLAND

ブログトップ

第74話「回顧SP」

真魚「あんた、最近変わったわよね」



「お前も大概いきなりだよな」

真魚「前はほら、時間があったらすぐデッキいじってたじゃない」

明日美「リセのときは、ほぼ毎日デッキいじってましたからね」

「あの時は時間があったからな。それにカードプールも豊富多彩で、いろんなデッキ組む楽しさがあったし」

美夕「一時期毎回5つぐらいのデッキを完全に組み替えて大会に持って行ってましたよね」

「そら色々試すの楽しかったし、何より大会が頻繁にあったからな」

明日美「開催する場所が多かった上にみんな時間を被せていなかったので、一月で大会がない日の方が少ないぐらいでしたからね。一時期は週6ぐらいの時ありましたっけ」

真魚「それにほぼ毎回顔出してたってだけでもすごいわ」

「あの頃は主な開催場所が大通りだったし、寄り道感覚で行けたからな。それに比べたら今は寄り辛い場所にあるのは確かだけど」

真魚「……なんかこのままくらい話になりそうだから、バトルいきましょうか」

「そうだな」

美夕「あ、じゃあ私行きます。新しいデッキを組んだので」

「じゃあ俺が相手するか。次出たら多分解体しちゃうだろうから、今の内に回しておきたい」


真魚「美夕は[次元断][絶甲氷盾][タマムッシュ][妖華吸血爪]かぁ」

明日美「作者さまは[ツクヨミドラグーン][爆覇炎神剣][牙皇ケルベロード][秘剣燕返]ですね」

真魚「最近すっかりバゼルデッキ……っていうかツクヨミがお気に入りよね、あいつ」

明日美「作者さま好みですからね、ああいう効果は」

「じゃ、いつも通り奇数だったら俺の先攻だ。(ダイスを振る)2、美夕からだ」

美夕「はい。ドロー[クヴェルドウールヴ]します。タマムッシュを召喚、効果でボイドからコアをひとつ乗せます。バースト(吸血爪)をセットしてターンエンドです」

「コア、ドロー[皇牙獣キンタローグ・ベア]。バースト(炎神剣)をセットしてターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[飛甲虫イットウカブト]、リフレッシュ。タマムッシュをLv2にあげて、ターンエンドです」

「コア、ドロー[爆覇炎神剣]、リフレッシュ。ツクヨミを召喚だ。アタックステップ、ツクヨミでアタック。効果で3枚オープン[秘剣燕返][天翔龍神覇][爆炎の覇王ロード・ドラゴン・バゼル]。ちっ、効果使って意味があるものは無いか」

美夕「ライフで受けます。バースト発動、妖華吸血爪です。2枚ドロー[次元断][超時空重力路]して、コストを払ってフラッシュ効果も発動します。クヴェルドウールヴを捨ててツクヨミドラグーンのコアをトラッシュへ送ります」

「ちっ、ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[白亜元帥レイ・ザウラー]、リフレッシュ。超時空重力炉を配置して、タマムッシュをLv2に上げます。バースト(次元断)をセットして、ターンエンドです」

「コア、ドロー[爆覇炎神剣]、リフレッシュ。キンタローグを召喚、ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[ロード・ブレイバン]、リフレッシュ。超時空重力路をLv2に上げて、レイ・ザウラーを召喚します。更に超時空重力路とタマムッシュのレベルを下げて、イットウカブトをレイ・ザウラーに合体させます。召喚時効果でキンタローグ・ベアを披露させます」

「ん~、まあ一応発動させておくか。バースト発動、爆覇炎神剣。タマムッシュを破壊して1枚ドロー[ゴエモン・シーフドラゴン]

美夕「ではレイ・ザウラーをLv2に上げて、アタックステップに入ります。レイ・ザウラーでアタックします。イットウカブトの効果でレイ・ザウラーを回復させます」

「ライフで受ける」

美夕「もう一度レイ・ザウラーでアタックします」

「それもライフだ」

美夕「ターンエンドです」

「コア、ドロー[甲竜封絶破]、リフレッシュ。ん~……あいつがいるんならこれしかないよな。ゴエモンをLv2で召喚。バースト(燕返)をセットしてアタックステップだ」

美夕「ではレイ・ザウラーの効果で……キンタローグを指定します」

「ならばゴエモンでアタックだ。フラッシュはあるか?」

美夕「いえ、何も」

「ならゴエモンのフラッシュ時効果発動、炎神剣を捨ててシンボル二つだ。さらに甲竜封絶破を使用、ゴエモンを回復させる」

美夕「それはライフで受けます。そしてバーストを発動、次元断です。バースト効果でキンタローグを手札に戻して、コストを払ってフラッシュ効果を発動します。ゴエモンを破壊します」

「くっ。ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[絶甲氷盾]、リフレッシュ。レイ・ザウラーをLv3に上げて……えっと、うんと……あ、ロード・ブレイバンを召喚します。アタックステップに入って、レイ・ザウラーでアタックします。イットウカブトの効果でレイ・ザウラーを回復させます」

「ライフで受ける」

美夕「もう一回レイ・ザウラーでアタックします」

「ライフだ」

美夕「えっと、レイ・ザウラーの効果でロード・ブレイバンを手札に戻して、レイ・ザウラーを回復させます。三度レイ・ザウラーでアタックです」

「何もない、ライフだ」


「結局ハーラルとか出なかったな」

美夕「そうですねぇ、残念です」

真魚「あんたがしょっぱい引きしてなければ、もうちょっともったんじゃないの?」

「この、気にしてることを……」

明日美「まあまあ、作者さまがしょっぱいのはいつものことですから」

「お前もフォローする気かけらもないよな」
[PR]
by mma-island | 2012-07-20 00:00 | バトスピ部 | Comments(0)