MMA ISLAND

ブログトップ

バトスピ研究所第49回「覇王大決戦全カード雑感その1」

とうとう覇王編もラストとなりました。
非常にフレーバーが楽しいシリーズでしたね。





テリジーノ
先攻1ターン目から出せる、コアブーストを牽制するスピリット。
本来この手の効果は青や紫の領分だった気もするがまあそれは置いておいて。
序盤に出やすいコアブーストスピリットを牽制しつつ軽減にもなるのでじっくりと攻めやすい。
ただしこいつを疲労させないと効果は発揮されないのでこいつ自身を攻めに回せないのは残念。
あと破壊時効果でのコアブーストにも手が出せないが。

守獣シシンガ
デッキ破壊メタ持ち。
懐かしのLv3として扱われる効果を持つが、今までの同系統能力のスピリットとしては条件が非常に使い辛い。
その分2コストとしては高いBPを得られるが。

アサシン・ドラゴン
デッキ破壊能力メタ持ち。
アタック時BP+は赤らしい効果で、ドラグノ突撃兵並みのパワーをデメリット効果を持たずに発揮できる。
また制限が厳しいが低コストながら指定アタック効果も持っているので序盤にはなかなか頼れる存在となる。

バサ・ラザン
皇獣の数だけパンプアップできるが、その分素のBPが少々不安。
維持コアも地味に重いので皇獣デッキでも使うかどうか。

護獣シシンギニ
デッキ破壊メタ持ち。
ちょっと大きくなったシシンガだが、最大BPは一緒。
むしろLv2のBPは高いが、3軽減があるとはいえ4コストでこの数値はかなり頼りない。

ガンナー・ドラゴン
銃に次弾を装填するようにバーストを常にセットできる効果を持つ。
戦竜とのことなのでロードラ、バゼルとの組み合わせを主としたデザイン。
バースト召喚しなければタッチするにはコストがかかるバラガンを入れなくてもバゼルは連続攻撃が可能だし、発動ではなく破棄のため再セットが困難だったロードラででも連続攻撃が可能となった。
このカードがバトル終了時まで生き残っていなければならないが他の奴が殴れば問題はないし、自身のアタック時効果も十分に強力なので、レアリティ以外は非常に頼れる存在である。

ヤクシャモリ
男の夜叉であるヤクシャがモチーフ。
度々顔を出してくる高軽減のバニラ皇獣。

モンク・ドラゴン
Lv1からバースト発動後の回復効果を持っており、その時に擬似覚醒とでもいうべき能力を発揮できる。
まあ後者の能力は本当におまけだが、Lv1からでも1回発動すればその度にLvが上がっていく維持効率のよさは特筆すべきものがある。
バースト後回復も今のご時勢だと侮れないものがあり、コストが少々重めではあるもののバゼルのようにバーストを強制的に発動できる効果と組み合わせればなかなかにうざったい。

炎の覇獣ハヌ・マーグ
インド神話の猿族ハヌマーンがモチーフのスピリット。
王ではないが「覇」の称号を持ったサイクルスピリット。
召喚時効果を見ればバースト召喚できるようになったキンタローグ。
コストの関係や場に出た後の除去能力を見れば、まだキンタローグの方が使いやすいだろうが。
ブロックされた時に牡牛座と同様すぐさまライフを削れるが、条件が高コストのブロック限定となっている。
なので小型のチャンプには無意味だが、自身の召喚時効果で低コストは蹴散らせるからまだマシな方か。

ドレイク・バヤー
最近一気に数を増やしている雄将のサルベージ。
アタック時効果ではなく召喚時効果なのが少々残念だが。

戦史の石碑
戦竜デッキでのドローサポート。
今回追加された戦竜はアタック時のドローが非常に嬉しい効果を持っているので、Lv1効果だったり重複・複数回可能だったりする点も合わせて頼もしい。
Lv2効果はあまり使うことはないだろうが、制限は緩いため思わぬところで役に立つかも。

最も高き山頂
赤のお馴染みのBPパンプネクサス。
一応ネクサス破壊効果もおまけ程度についてくる。

ヒロイックエントリー
系統覇皇用のビッグバンエナジー。
本来覇王スピリットはバーストによる踏み倒しが可能だが、別の色のスピリットを素で召喚するときには非常に重いコストを必要とする。
なのでこれを使えば他の色の覇王も気楽に手札から出すことはできるが……重いスピリットを天召し更に重いスピリットを呼び出す星竜と違って覇王は現状そこまで手の込んだことをしてまで狙いたいコンボもあまりないが。
単に呼び出すだけならバースト召喚でいいわけだし。

救世神撃覇
小さいスピリットを一掃し、更に高軽減を活かしての手札を減らさずにバーストの再装填も可能。
セイバーの効果と噛み合わせるためのカードとも言える。
また手札から使ってもバーストを補充できるためバーストのない状態で防御に回る状況を減らすこともできたりすると、割と器用なマジック。





キャメロット・ポーン
新たな0コストの魔影バニラ。
名前でも示すようにキャメロット・ナイトとの組み合わせも使える。

ゾンビ・スネーク
アント・イーター等のように特定の相手にだけ強力な効果を発揮するピンポイントメタ効果を持つ。
いまだ強力なヤマトやマ・グーを潰せる点はいいが、破壊時なので即座に反応できないのが辛いか。
まあフル軽減可能で妖蛇ってだけで適当に突っ込んでも使いやすいけど。

闇騎士ラモラック
モチーフは円卓の騎士の一人ラモラック。
数に制限はあるものの召喚時にダンスマカブル、妖華吸血爪と同じ効果を発揮する。
不死をトラッシュに仕込むのに役に立つほか、スピリットを出しながら相手の場を除去することもできる。
ただし3コストながら序盤に効果を使うことは手札の面から少々戸惑うこともあると思うが。
捨てたいカードがある時は召喚時コア除去効果を持つスピリットとあまり使い勝手は変わらない。

ドン・ディエゴッド
モチーフは怪傑ゾロの正体であるドン・ディエゴ。
完全なるデッキ破壊メタを持ったサイクルスピリットで、スピリット限定とはいえ強力なコアブースト・ライフ回復メタを搭載している。
それらの効果がLv1から使えるのでただ場に突っ立っているだけでも相手からすれば相当に嫌なもの。

冥司書ダンタリアン
モチーフはソロモン72柱の内の一体。
度々出てくる緑に対するメタ効果。
自分のトラッシュを増やしつつ、かつ疲労自体も無効にできると、緑が多い環境ではかなり使いやすい。
ディルガンと違って他のスピリット全体にも効果を及ぼすところが素敵。

タワーミンゴ
デッキ破壊メタ持ち。
5/2の呪撃というと重くて使いどころに困るが、手札さえ蓄えておけば呪撃のデメリットである最低でも1:1交換というのを解消でき、気楽に呪撃アタックを叩き込む事ができる。

闇王妃グネヴィア
モチーフはアーサー王のイイ人でありランスロットと浮気した結果国がズタズタになったギネヴィア。
相手がアタックしなければバーストを使う事ができるが紫限定。
まあ紫は今のところ発動条件がそぐわない状況で発動しても問題ないものが多いけど。
というか覇王スピリット以外のマジックやブレイヴはほぼ何の問題もない。
とはいえ紫で相手がアタックを嫌がる状況……シャ・ズーを立たせておくとか?

闇騎士パーシヴァル
モチーフは円卓の騎士の一人パーシヴァル。
不死は他の闇騎士が多くいるコスト帯だが、こいつ自身が軽減は多いがコストが少々重い。
その代わりLv2になってからはただその場に突っ立っているだけでも闇騎士連中が非常に戦いやすくなる、地味ながら頼れる男。

冥怪傑ゾロ
モチーフとなるのは正義の怪盗怪傑ゾロ。
バースト転召を持っており、どちらも割と5コスト以上のスピリット(及びスピリット状態のブレイヴ)が場にいやすい色なので条件自体はあっさりと満たせるだろう。
端的にいえばペンドラやフェニキャで焼いた直後にライフで受ければそれだけで達成できる。
ただ能力自体はデスペラと同じ効果で、召喚時効果を発揮してしまえばあとはただのバニラも同然なのが残念だが。

聖剣竜エクス・ワイバーン
モチーフはアーサー王が携えた剣エクスカリバー。
おそらくエクスカリバーの別名であるカリバーンとワイバーンをかけたのだろう。
召喚時効果・合体時効果とも非常に強く、合体条件も緩い。
コア除去による破壊はできないものの、3個も減らせば紫ならば適当な効果で減らせるのであまり問題はないだろう。
まあペンドラゴンのように単身で解決できるわけではないのだが。

魂の海塔
コアブーストを制限されるが、お互いなので自分の足も引っ張ってしまう可能性もある。
まあ現状マジックでコアを増やす不死ならすり抜けられるか。
ガルードのコアブーストも防げないのが辛いね。
Lv2になるとドロー効果を得るが、手札がある程度ないとだめなのでぶっぱしての手札復活はできないので少々ちぐはぐ。

黄昏のキャメロット城
名前の通りに闇騎士たち不死をサポートするトラッシュ肥やしネクサス。
デッキ破壊メタが一気にその数を増やすためテキストが微妙に調整されており、タイミングも相まってシンボルの数以外では廃都よりも使いやすい。
いやまあ廃都も破壊を無効にする効果は非常に強かったんですけど。
相手のスピリットが召還されたときなのでタイミングとしては確実性が高く安定してトラッシュを増やせる。
またLv2の効果は不死デッキでなくてもそれなりに強い効果なので、3コストなのも相まって面白い一枚となっている。

マーク・オブ・ゾロ
バースト効果が非常に使いやすく、コアをトラッシュ送りにするだけでも面白いがその数2個、かつ1ドローもついてくる。
フラッシュ効果もなかなかに強力で複数体からのコア除去を行える。
コスト5以下と範囲もなかなかに広いので、コストの割には非常に使いやすい。

クリスタルクラック
スピリットのコアを1個にする効果は今までも多々あったが、これはそれらと違いトラッシュ送りにする。
相手がコア除去を恐れてコアを大量に乗せたときには大惨事が待っているだろう。





トガリネズミ
バニラの遊精だが、1/1としてはBPのコストパフォーマンスが地味に良い。
まあそれだけだけど。

ブフモット
破壊時効果ながらこの小ささで2体疲労は大きい。
BP制限はあるものの、対象となるスピリットは大抵数も出ているだろうから攻守に役に立つ。
シャ・ズーがいるおかげで力不足に感じてしまうかもしれないが。

駿将ムカリ
モチーフはチンギス・ハーンの重臣『四駿』の一人ムカリ。
雄将をサポートする効果を持っており、こいつは単純なコアブーストを行う。
雄将サポートを持ちながら自身も対象に入っているので、こいつ単独でもラッキーウィやバット・ホッパーのような活躍ができる。

駿将チラウン
モチーフはチンギス・ハーンの重臣『四駿』の一人チウラン。
雄将をサポートする効果で、こいつはバーストを封じる。
とはいえ封じれるのが現状数が少ないアタック後バーストなので正直微妙。
まあコストや軽減も相まって雄将デッキを組みやすくはなっているが。

駿将ボオルチュ
モチーフはチンギス・ハーンの重臣『四駿』の一人ボオルチュ。
チラウン同様特定条件のバーストを封じることができる。
こちらの方が封じれる条件に合ったバーストは多いので重宝する。

駿将ボロクル
モチーフはチンギス・ハーンの重臣『四駿』の一人ボロクル。
雄将サポートはシンプルなBPアップ。
低コストの雄将だけでも安心して殴りやすくなるため地味ながら使いやすい。

大怪虫リオック
デッキ破壊メタ持ち。
アタック時は単純なコアブーストで、後攻1ターン目にBP5000でアタックできる。
軽減も多く、単純なビートにも突っ込みやすい。

大首長ジャムカ
モチーフはモンゴルの首長ジャムカ。
今回緑に多くある雄将サポートの内の一枚。
こいつ自身だけではなく、いるだけで他の雄将もサポートできるので面白い。
Lv2効果もこれだけ雄将が増えれば疲労できる数は結構馬鹿にできないものもある。

翼の覇獣スパ・ルーダ
モチーフは古代ローマのスパルタカスと、インド神話の神鳥ガルーダ。
バースト召喚の際に自分のスピリットをデッキの底に封印することになるが、緑青だと相変わらず強力なのにデッキ内に合体対象が少なくなってきているバルカン・アームズでもいいか。
バースト経由の召喚で3体疲労はまあいいとして、そいつらを起き上がらせなくするので回復しての追撃を防いだり、無限ブロッカーを封じることもできる。
ただまあ、ブロックを封じる場合はバースト条件が条件なのでバゼルかダゼルが必要になるけど。

ギアゼル
ダブルシンボル版のマネキキャットともいうべき存在。
コストはそこそこ重いものの、大抵は高コストのダブルシンボル持ちを色を関係なく踏み倒すことができ、合体条件もそのものズバリな条件なのでマネキキャットと違って呼び出したものの合体できずフィールドに突っ立ってるということはない。
その分BPや効果は控えめだが。
またダブルシンボルには多い転召は、自身のコストもあり系統指定以外はそのまま転召元にもできるので非常に無駄がない。
レアリティが最大の弱点か。

蒼き大草原
覇皇と雄将のパンプを行うので、今弾の雄将ウィニーのパンプアップには非常に役立つ。
またその豊富なBPを活かして疲労効果も発動させることができる。
パンプ効果自体は相手のアタックステップにも発動するので非常に頼もしい。

エメラルドの海に散らばる島々
相手の回復と合わせて自身のスピリットも回復できる、防御に適したネクサス。
相手のリフレッシュステップにはほぼ確実に発動できる。
また久しぶりの紫メタ効果を持っているが、現状は赤や青、記述の都合上白の自己バウンスも対象に取れるため意外と発動の機会は多い。

ブルトサリフ
緑に度々出てきている、エンドステップに手札に帰ってくるマジック。
バースト効果も持っているためすぐにバーストを補充できるが、タイミングがタイミングなだけにそれをセットするにはキジ・トリアの力がいる。
バースト効果もフラッシュ効果も非常にシンプル。

サンダーストーム
緑にやたら多い、微妙な条件のパンプマジック。
だが相手に手札が豊富にあればバーストを封じる強力なマジックになる。
安定して手札を増やすデッキに対しては強いがそれ以外には微妙。
[PR]
by mma-island | 2012-07-24 02:02 | バトルスピリッツ | Comments(0)