MMA ISLAND

ブログトップ

第78話「絶望SP」

闘神「我が世の春がキター!」



真魚「ねえ、今何か聞こえた?」

「俺のログには何もないな」

真魚「あんた記憶装置付いてるんだ……」

「おいこら」

明日美「それはそれとして作者さま、またいつものように何かを企てている素敵な笑顔ですね」

「企ててるとか言うな。ほら、今月の最強ジャンプの記事だよ」

美夕「はい、持ってきました」

「お、サンキュー。これこれ、こいつだよ。この1コスト強化持ち」

明日美「作者さま、素晴らしい先見性ですね。あの記事を書いた直後にこれですから」

真魚「あんたたまにそういうよくわからないミラクル起こすわよね。そういえば最近は、DVD/BDを買った作品がもれなく続編・劇場版製作されてるってところぐらい?」

「おうよ、スタードライバーも公開日とイメージボードがついに公開されたからな。まあそれはそれとしてこいつだよ。久しぶりの闘神だぞ。覇王編だと蔑ろにされていた」

美夕「そういえば覇王編って闘神いませんでしたね」

明日美「最後に出たハンニ・ヴァルさんが唯一の闘神ですね」

美夕「そんなにご無沙汰なんですね」

「ところが、だ。どうもライトダグラスとか見るに次のシリーズは闘神が久しぶりにメインに回ってくるみたいなんだよな。これは行くしかないぜ、闘神デッキ破壊ビート」

真魚「また夢みたいなことを。そんな安定するの、それ?」

「いやまあ、そりゃ確かに造兵メインに比べれば結構重いが、逆に言えば粉砕に拘らないデッキ破壊ができるんだぞ。オライオンが普通に入るし、何より1/1闘神がいるってことは後攻1ターン目にオリオンパワー使って2体殴れるんだぜ」

真魚「あ~、そういえばそんなのもあったわね」

明日美「さあ作者さま、それ以上ヒートアップしてしまいますと長くなりますので、そろそろ打ち切ってバトルに入りましょう」

「ん? まあそれもそうだな」

真魚「新シリーズ始まる前の最後のバトルでしょ? だったらあたしいくね」

「順番的には美夕か?」

明日美「そうですね」

美夕「あ、じゃあ頑張ります」


「真魚は[ピクシーファルコ][ピクシーファルコ][烈の覇王セイリュービ][飛雷震之計]か」

明日美「美夕さんは[超時空重力炉][光速三段突][バッファロング・ビル][機獣要塞ナウマンガルド]ですね。作者さん、この対戦をどう思いますか?」

「どう思うも何も……まあ真魚有利だとは思うぞ、美夕のデッキはなんだかんだで重いからな、最近は。ただ速攻を決めきれなければどうなるか分からんが」

明日美「まあそんなところでしょうね」

真魚「じゃ、奇数が出たらあたしの先攻ね。(ダイスを振る)5、あたしからね。ドロー[駿将チラウン]して、チラウンを召喚! バースト(飛雷震)をセットしてターンエンドよ」

美夕「コア、ドロー[ガン・ホース]。超時空重力炉を配置するね。バースト(三段突)もセットして、ターンエンドだよ」

「うあ、相変わらずの引きしてるな、こいつ」

明日美「収録のときの美夕さんは本当に張り切った引きをしますね」

真魚「コア、ドロー[ストームアタック]、リフレッシュ。ちぇっ、厄介なネクサスがきたわね。ピクシーファルコを召喚して、アタックステップ! チラウンでアタックするわ!」

美夕「ライフで受けるね」

真魚「続いてピクシーファルコでアタック!」

美夕「それもライフで受けるね」

真魚「ターンエンドよ」

美夕「コア、ドロー[要塞都市ナウマンシティ]、リフレッシュ」

「…………」

明日美「作者さま? なぜ美夕さんのデッキにあんな積み込みを?」

「なんでだ!」

美夕「えっと、ナウマンシティを配置するね。効果でナウマンガルドを召喚。更にガン・ホースを合体させて、アタックステップ。ナウマンガルドでアタックするね」

真魚「ライフで受けるわ!」

美夕「ターンエンドだよ」

真魚「コア、ドロー[グアン・チョーウン]、リフレッシュ。グアン・チョーウンを召喚するわ。チラウンをLv2に上げてターンエンドよ!」

美夕「私のターン。コア、ドロー[魅惑の覇王クレオパトラス]、リフレッシュ。バッファロング・ビルを召喚して、ナウマンガルドをLv2に上げるね。アタックステップ、ナウマンガルドでアタック」

真魚「ライフで受けるわ!」

美夕「じゃあ、ナウマンガルドの効果でドローステップ[ザン・トライ]を行ってターンエンド」

真魚「コア、ドロー[トライアングルトラップ]、リフレッシュ。……って、これ無理! これ以上無理! あれLv2になったら無理!」


「あ~あ、やっちまったな」

真魚「あたし悪くないもん!」

美夕「えっと~……ま、真魚ちゃん、落ち着いて落ち着いて」

「いやまあ、同情はするがな。ほら見ろよ、今のバトルログ」

真魚「…………な、なんじゃこりゃ~!」

明日美「初手の段階だと、わたくしも作者さまも真魚さんがどうにか勝ってしまうのではないかと思ったんですけどねぇ」

「重力炉だけならまだ押し切れると思ったんだが、いきなりガン・ホース引いた辺りからなんかいやな予感がしてたよな」

真魚「ええいもう一回! もう一回バトル」

「はいはい、そこで好きなだけフリーしていろ」
[PR]
by mma-island | 2012-09-06 23:40 | バトスピ部 | Comments(0)