MMA ISLAND

ブログトップ

バトスピ研究所第52回「聖剣時代全カード雑感前編」

世はまさに大聖剣時代!





ドク・リザード
新シリーズ第1弾恒例低コストバニラ群。
軽減的にロクケラトプスと比較されそうではあるが、こちらはBPが高めではあるがLvアップのためにかかるコアが少々高め。

モゲイラ
低コストの皇獣バニラだが、現状カキューソとかいる時点でよっぽどウィニー気味に皇獣を組もうとしない限りはあまり出番はないだろう。
BPもドク・リザードよりLv2のBPが1000高いだけでそれ以外はまったく同じである。

スプライト・ドラグーン
赤の焼きにとって厄介な重装甲に対する守りを崩すことができる。
しかも重装甲赤を持っていなくても、他の重装甲を持っていれば起き上がれるため白に対しては有利になれる……パワーで押せればね。こいつ自身をバウンスさせられる可能性だってあるし。
また単体で運用してもBP自体は3コストの中ではかなり高い数字にまでいけるので重装甲持ち以外にも頼りになる。

ディモルフォー
ただの3コストバニラで、系統は久しぶりの空牙。
思い出したかのように出てくるけど、この系統が日の目を見ることがあるのかねぇ。
一応空牙限定のメタカードもあることにはあるけど。

クレリック・ドラゴン
新シリーズ1弾恒例、赤のサルベージカード。
しかもこいつは今までのものとは違い、サルベージと自身のパンプを共有できるため場に出た後も仕事をできる。
それでも効率は悪いから基本は出オチだろうけど。

ケファレダガー
久しぶりに現れた、召喚時効果持ち破壊。
ただこいつは召喚時効果持ちかつBP指定という面倒くさい効果を持っていないだけまだマシ。
一応連鎖でドローはできるのだが……地竜の4コストドローソースにはすでに埋まっていてね。

スタバ・ドラゴン
デッキ破壊メタ効果はもはやトレンド。
BP破壊効果は強化もあり使いやすいのだが、Lv2からなので後攻1ターン目に使えないのが玉に瑕。

デス・マトック
BPバカなのだが、Lv1とLv2のBPが低めなため効果も含めてやっとコスト相応といった感じ。
そして連鎖の効果はアリクイの効果を拡大したかのようなピンポイントメタ。
殻人の代表格といえばアントマンやフォン・ニードなのだが、少しでも昆虫よりのデザインになると怪虫オンリーになってしまうのであれやこれやが焼けないのが残念。

流星の剣使いダマスクス
合体すれば、ブロック時に2体のスピリットを吹っ飛ばすことができる。
自身も強化を持っているので実質7000以下、系統剣使らしくシャイニングソードを付ければ8000以下破壊、フェニックソードならばブロック対象を自分で選べるためほぼ確実に2体を葬れる。
ただ合体しなければただ強化を持っているだけの、BPの低い中型バニラだが。

九刀竜スピノザンバー
随分久しぶりの地竜プッシュ。
コストの割りにBPが低く、激突も含め完全に破壊されてなんぼのスピリットとなっている。
破壊時は連鎖も含めどちらかの効果を使えれば十分強力ではある。
トラッシュに送るコアは相手が選ぶことになるが、7個のコアシュートはかなり強力な存在である。

天星龍クェーサー・ドラゴン
召喚時効果はなかなかに強力で、系統も考えれば強化で結構な範囲まで引き上げることも容易。
相手にブロックされたら条件次第ではライフを奪い、タイミングは牡牛座同様対処しにくいもので、かつ1個しか減らせないが重複する上星竜全体にかかるためなかなか厄介。
ビックバンエナジーからライジングアポロと一緒に出てくると状況によっては問答無用で相手のライフを削りきることもできる。

ガイミムス
バル・ガンナーのネクサス駆除版。
破壊対象がバル・ガンナーよりも出現率が低いためかBPがちょっぴり上がっている。
例え対象を破壊できなくてもドロー効果は別であるのは変わらないため、シンボルもあるので腐りにくい。

電竜機トランスファー・ドラゴン
焼く範囲と体数だけ見ればフェニックキャノンよりも強力だが、系統指定という縛りがあるため汎用性は低い。
指定アタックも「以上」なので、対象は必然とエース級や中・高コストスピリットとなる。
自爆特攻しつつBPの高いブロッカーを寝かせる目的でなら使えるかもしれないが、その場合は合体条件が多少ネックになるか。

星見の三連塔
強化持ちにドロー効果を与えるが、こちらは色も系統の指定もないため、強化を使う多色のデッキでもドローソースとして活用できる。
Lv2からは星竜のみにしか効果がないため星竜デッキ以外ではあまり気にしなくていいか。

両断された活火山
地竜サポートのネクサスなのだが、激突にアタック時破壊とサポートの方向性が相手の場を更地にすることに向いている。
ただ地竜は元々そういった効果を持っているスピリットが少ないため、効果を活かしきれるかどうか。
地竜に足りないものを付け加えたといえばそうなんだけど。

剥がれ落ちるウロコ山
赤のネクサス恒例のパンプ効果と、紫の道連れ効果を併せ持つ。
道連れは効果破壊限定なのが寂しいが、バウンスにもきっちりと対応できるため白にとってはいやらしい。
まあ装甲赤か紫持っていれば耐えられるんだけど。
それに自分のアタックステップ限定なので意外と扱いにくい。

チャージオーラ
新シリーズ1弾恒例、ニューファクターに絡めたパンプマジック。
強化持ちはどの色にもいるので使いやすく、上昇量も高め。

レッドレイ
フレイムサイクロンに連鎖をつけた上位互換マジック。
紫シンボルがあると更にブラッディコフィンと同様の効果を発揮できる。
一気に2体も葬り去ることができるが、除去範囲的には低コストを一掃するのが主な役割だろう。

フレイムフィールド
使用後場に留まるタイプのサイクルマジック。
赤のフィールドは緑、白に主に見られる疲労、バウンス効果に対するメタ。
今までのバウンスメタと違い三段突きやドリームチェストもメタれるため対緑、白にとってはなかなか重宝する。
効果での破壊は現状赤、紫、青が主。中でも紫はコアシュート主体ならば特に怖くはない。刺さりもしないが。
とはいえバウンスは防いでも装甲による力押しにはあまり対処できないけど。





ツバサ・ツパイ
まあ、適当なバニラ。
本格的な霊獣サポートがくれば展開用として……だめだ、他の小型霊獣が展開に向くうえ優秀すぎる。

ダーク・デモボーン
呪撃は消えたが、範囲こそ限定されるもののブロックしてないスピリットを破壊できるのはありがたい。
しかも連鎖が発動すればミケネのごとく他のスピリットも起こせるためいやらしさ自体は呪撃しか持っていなかった頃よりも向上している。

ダーク・ソードール
新シリーズ1弾恒例の、紫の召喚時1ドロースピリット。
軽減は1に戻っている。
Lv3で召喚すればわざわざ黄のカードを用意しなくても連鎖の効果を使えるが、それぐらいコアに余裕があるときはもう一工夫しないと連鎖効果を活かすことは難しいだろう。
簡単なところではシェイロン系効果か。

ミトランスネーク
コアシュートとドローを併せ持った強力な効果で、Lv2からだが維持コアも3となかなかに軽い。
後攻1ターン目には0コストスピリットを使わないと効果を発揮できないのが苦しいが、まだコアも少ない序盤ならばドローもできる機会は少なくないだろう。
先にこいつを見せてコアを縛るのもいい。

クリオネード
まあ展開用のバニラ。
系統も至極マイナーなので、系統サポートがくることを祈ろ……きても多分使い道はないだろうなぁ。

大蛇サイドロン
紫の強化持ちだが、やはり強力な強化のためかLv2から、それも3コア乗せないといけない。
まあそれに見合うだけの働きはするのだが。
現状紫の強化持ちはこいつしかいないので、紫で強化を使う場合はこれで満足せざるを得ない。

ヴィクトローラー
今シーズンの妖蛇らしく基本的なコアシュートを持ってる他、適当にくっ付いてるデッキ破壊メタ。
まあ強化というか光紫が出てからが本番でしょうね、こいつは。

冥撃手グシオーン
高軽減の冥主だが、いくら出しやすくてもバニラという時点であまり出番はないわけで。
ましてや冥主は魔ゐが使ってた時代にそこそこのサポートは受けていたわけだし。

影の剣使いブラックパルド
通販のおまけのようにくっ付いてるデッキ破壊メタ。
BPのコストパフォーマンスは紫とはいえ少々悪く、効果も合体時のLv2からしか発揮できないのも、本体が5コストというのもあって少々重めに感じる。
このカードとブレイヴが2枚の計3枚が最低でも揃って無いとバニラ同然なのが寂しい。
また回収するタイミングも、アタック時ではなくこいつがバトル終了時まで生き残っていなければならないのでなかなか面倒。
そこまでして使いまわしたいブレイヴは……まあ裁定変更のおかげで使い回ししやすくなったズガネークかな?

吸血侯爵ベザレル
紫らしく疲労スピリットを破壊できるが、召喚時にしか発揮できないのは残念。
もっとも連鎖持ちを召喚すればその度に効果を発揮でき、コア効率もそんなに悪くはない。
疲労効果が多く今弾闇寄りの緑と組み合わせるのが相性良さそうだが、連鎖条件の都合上非常にかみ合わない。

ダーク・スカルピオーネ
ブロックされたときにハンデス効果を発揮できるため、BPで推し勝てれば都合2枚相手のカードを葬れる。
連鎖が発動すればそれも容易く、不死の指定コストも連鎖もとのスピリットと相性がよく設定されているため、あとはいかに紫側の軽減を用意できるか。

ヒヒ・ボーン
待望の呪撃付加ブレイヴで、しかも召喚時にドローできるため手札の損失はカバーできる。
合体条件も特攻アタックをしやすいコスト帯のため使いやすい。
呪撃付加という特性上+2000はちょっと多いように思えるが、合体できる相手は大抵BPが低いので特に問題ないだろう。

鎧戦艦ブレード・ハインド
ナイト・アノールに続くコア除去できるシンボルつきブレイヴ。
コアブーストもできるし、シユウに続くシンボルを持ちながら自身よりもコストが低いスピリットに合体できる。
ただしこいつは召喚時効果発揮後はただのバニラブレイヴ同然だが。

魂彷徨う骨の森
ドロー効果自体は暴かれた墓石のもので、実に使いやすい。
特に最近は不死の関係もあって効果も発動させやすい。
Lv2からは紫らしく緑の疲労効果のメタなのだが、系統が指定されているためやや不自由さを感じる。

大蛇の城門
斜塔等のコア増加時に疲労させる効果で、こいつは効果でコアを乗せても疲労する。
ある意味では緑をメタった結果こうなったといった感じ。
Lv2は妖蛇にコアシュート能力を持たせるのだが、そのための維持コストはかなり重め。
まあ妖蛇に紫の強化がくるだろうからその関係なのだろうけど。

命の蝋燭塔
こちらの紫よりの効果は、道連れの対象が手札となっている。
バウンスには対応しなくなったがタイミングが常時に変わり、しかも捨てるカードを選択するのはこちら側なので運がよければキーカードを落とすこともできる。
そして黄の効果はデッキ破壊メタで、いつも通りメインステップのみだが相手のデッキ破壊を封じることができる。
とはいえ条件付であるため一気にコアを増やした後のガルードならば普通にコア10個を払えたりするが。
また適応タイミングが相手のメインステップのみなのでサイゴーは完全スルーになってしまう。

デッドエンドフィールド
紫のフィールドはコアブーストとデッキ破壊を無効にする。
主にどちらもガルードをコアブーストに使ったデッキ破壊にぶっ刺さるため、上記のデッキはこれを使われた時点で詰みかねない。
もっとも最近はデッキ破壊メタ対策のために除去カードをどの入れているだろうからそれを凌げるかどうかだが。
白の装甲固めにタッチでいれた方がデッキ破壊メタとしては有効かもしれない。

ヘルズバースディ
能動的に使えるようになった代わりに召喚時効果が使えなくなったラウンドオブテーブルナイツのバースト効果。
蘇生効果のマジックは刹那残影弓とかもあったが、こちらはより広い範囲で活用できるため混色にも組み込みやすい。
連鎖を持ってはいるが効果自体はあまり強くはないのが残念なところ。
モノケをスルーできる範囲であるのは紫速攻的には嬉しいが、残念ながらこれは相手スピリットの方に効果があるタイプの記述であり、かつこのカード自体は紫なので通じないのが哀しい。

パープルヘイズ
使い回しができるコア除去だが、6コストで1コア除去は非常に重い。
イラストからして強化による除去範囲拡大を狙うのだろうが、スピリットの維持コアも含めればやはり結構な重さである。
まあ光芒やマジック回収効果も必要なく単体で使いまわせるというアドバンテージの大きさとしては十分なコスト帯なのだが。





グラス・アウル
バニラの爪鳥なのだが、まあ緑らしくBPはこのコストではそこそこ高め。

ダーク・マッハジー
帰ってきたマッハジーはコストが少々重くなったものの連鎖を持って帰ってきた。
まあ連鎖自体が青お得意の低コスト破壊のため、大型相手にはいつも通りのお仕事しかできないのだが。

ダーク・ディオマンティス
一見デメリットに思える効果だが、神速をサポートするためにはアタック時スピリット上にコアブーストや、Lv2、Lv3の効果を発揮してもうそのターン仕事がないスピリットのコアを神速用に確保することができる。
連鎖の効果も自身の効果と相性がいいため、割と使いやすい。

フォッサー
剣獣のバニラだが、Lv1BPがコストの割りに少々高めではあるが最大BPが異様に低い。
エレステラのような効果があるのならいいが、バニラで許される数字ではない。

オウゴンオニクワガー
緑の王道アタック時コアブーストと、シベルザと同様の回復効果を積んだオーソドックスなスピリット。
コアブとアタック回数の増加がシンプルに噛み合っているため、返り討ちにあったとしても大して痛くはない。

ハゴロモチョウ
神速としてのコストは少々重いが、サイクロンゾ同様回復効果を持った優秀なスピリット。
こちらは召喚時に、系統指定とはいえ回復できるのですぐさま回復させたスピリットで第2撃を叩き込むことができる。
BPが低いのはご愛嬌。

キガシライト
緑の強化とデッキ破壊無効能力を持つスピリット。
疲労数を増やせるのは単純に強く、こいつ自身が4コストなのでビーム・ビートルを合体させただけでも十分脅威となる。
相手フィールドに依存する強化なのであまり数を並べなくてもいいのも利点だろう。

オウギ・エンショー
モチーフは三国志の袁紹。
緑お得意の踏み倒しだが系統が指定されているため特定デッキでのみの活躍に留まるだろう。
まあ緑の光側が爪鳥なので今後パートナーとなるスピリットは増えるだろう。

トキイロシダレ
こいつもバニラとしては少々パワーが低い。
いやまあ、ジャドバルジャーがあのデメリットでBP1万ということを考えればそこそこな数字なのだが。

葉滅蜻蛉ハビロング
コストの割りにBPが低いが、貫通効果もあるからその辺はまあしょうがない。
連鎖で擬似強襲もできるのがBPが低い更なる要因だろう。
なのでブレイヴでその辺を補いたいところ。

十剣聖ムラサメ
アタック時相手疲労、シベルザと同様の回復効果、おまけにバースト封じと能力だけならば強力な効果が詰め込まれている。
ただチョーウンもそうだが、この手の能力持ちは総じてBPが低く設定されているから困りもの。
しかもこれで5、6コストぐらいだったら使いやすかったのだが7コストというのは少々重い。
まあ系統全体に利くバースト封じを持っているからなんだろうねぇ。
ソンケン使ってみて思うけど、キーワード効果指定じゃなく系統指定の方がはるかに使いやすいし。
その反面キーワード能力を付与していろんなスピリットにその効果を及ぼすってことはできないけど。

バンブール
召喚時効果と合体条件を見れば軽くなったイットウカブト。
ただしあちらは合体スピリットの連続アタックが主な目的であり、こちらはアタック時にもスピリットを疲労できるという非常に攻めに傾倒した効果。
コストも低いので、緑よりは疲労スピリットを破壊できる紫にタッチで入れた方が活躍できるかも。

アッケシグモ
コストは重いものの連鎖持ちの数だけコアブーストできるので結構な数のコアブーストも可能。
合体条件もシンボル付きのくせに自身のコストよりも2低く使いやすい。

零れ堕ちる清流
強化持ち向けのコアブなのだが、現状緑には強化持ちが1体しかいないため、今のカードプールで使うつもりならば他の色に突っ込むことになる。
連鎖条件がある色に突っ込むのが効率的なのだが……連鎖緑を持っている白も強化持ちは1種類しかいないのでそちらの方向性は属性開眼デッキや次弾以降を待つことになる。
Lv2からはドロー補助だが維持コアの関係で1ターン目にLv2に持っていけないためちょい微妙。

忍の隠れ里
毎度お馴染みの回復ネクサスで、緑のみなので他の色で使いまわすことが不可能。
Lv2効果も完全に緑単向け。
一応効果自体は二つともなかなかに強いのだが、カードプール的に活躍するのは光緑が本格参戦してからだろう。

魔王蟲の根城
緑恒例のライフ減少時コアブーストだが、自分のライフが減ったときだった今までと違い自分がライフを減らしたときのコアブーストとなっている。
連鎖持ちが削らないといけないが自分からコアを増やせるためありがたい。
またLv2は神速持ちの踏み倒しができるため非常に強力な効果となっている。
とはいえこの効果を頼りにデッキを組んでこのネクサスを引けなかったりすぐさま破壊されれば面倒なことになるが。
まあ軽減を用意しなくて済む分青のネクサス保護・回収効果と組み合わせれば安定性は上がるだろうけど。

エメラルドフィールド
緑のフィールドはコア除去とドロー&バウンスを封じることができる。
相も変わらずこの手の効果はドローステップの効果はとめることができない。
解除の条件もライフが減ったときなので、引きこもってデッキを掘ろうとする相手でもなければあまり意味はないだろう。

タービュランス
緑らしいバースト封じの効果なのだが、対象は低コストスピリットに限られている。
まあ逆に言えば速攻向けの効果でもあるのだが。
色の指定もないので他の色でも使えることは使える。

バインディングアイヴィー
効果自体はコストが倍になったバインディングソーン。
連鎖で低コストスピリットを破壊できるのでこいつを使うとすれば連鎖前提でなければ割に合わない。
まあ連鎖絡めたからといってそこまで有効かというと疑問だが。
[PR]
by mma-island | 2012-10-11 23:11 | バトルスピリッツ | Comments(0)