MMA ISLAND

ブログトップ

第82話「赤毛SP」

「やっとな、ユニオンバトルができたわけだよ」



真魚「いきなりね」

「まあ聞けよ。テンション上がるな、あれはよ」

美夕「作者さん、ワフト・ローダーが出たときと同じ表情してます……」

明日美「作者さまの大好物ですからねぇ」

「巨大要塞攻略は軍隊ロボゲーの醍醐味だよな。特にのろのろ重火さんが珍しく戦線の中心にいるのもいい」

真魚「あんた、強襲の練習するんじゃなかったの?」

「いいじゃん、またの機会にすれば」

明日美「する気がない発言の典型ですね」

「まあそれよりも、だ。とりあえず解体前に回しておきたいデッキがあってな。ちょっと相手になってくれないか?」

明日美「では真魚さんよろしくお願いします」

真魚「また!?」

美夕「こういうときはやっぱり真魚ちゃんだと思うの」

真魚「美夕まで……まあいいや、あたしも試してみたいものもあるし」



美夕「真魚ちゃんは[獅龍皇子レオグルス][ライト・ブレイドラ][輝竜シャイン・ブレイザー][輝龍シャイニング・ドラゴン]ですね」

明日美「一方の作者さまは[白夜の宝剣ミッドナイト・サン][ダーク・マッハジー][レッド・エイリーク][絶甲氷盾]ですか」

「偶数だったら俺が先だ。(ダイスを振る)4、俺からだ。ドロー[神聖鳥サンダ・バード]。バースト(絶甲)をセットしてターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[双光気弾]。バースト(気弾)をセット、ブレイドラをLv3で召喚してアタック!」

「う~ん……まあ、強化持ちを放っておく理由もないからな。ダークジーをLv2で召喚だ。何もなければそのままブロック」

真魚「うう、しょうがないわねぇ、バースト発動。2枚ドロー[サンピラー・ドラゴン][ファイアーウォール]ぐらいはさせてもらうわ。ターンエンド」

「コア、ドロー[超時空重力炉]、リフレッシュ。重力炉を配置してターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[ブロンズ・ヴルム]、リフレッシュ。サンピラーを召喚して、ライト・ブレイドラを回収するわ。アタックステップ、今度は通す! サンピラーでアタック!」

「ライフで受けよう」

真魚「ターンエンドよ」

「コア、ドロー[黒蟲の妖刀ウスバカゲロウ]、リフレッシュ。重力炉をLv2に上げて、レッド・エイリークを召喚だ。重力炉のLvを下げて、赤毛をLv3に上げる。アタックステップ、赤毛の効果でミッドナイト・サンを合体、そのまま赤毛でアタックだ」

真魚「ライフで受けるわ! 残り三つ!」

「ターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン(赤)]、リフレッシュ。北斗をLv2で召喚するわ。効果でシャイン・ブレイザーを直接合体! 北斗の効果で1枚ドロー[双光気弾]するわ。バースト(気弾)をセット、アタックステップ! 北斗でアタック!」

「ふむ、それはライフで受けよう。そしてバースト発動、絶甲だ。ライフを増やし、コストを払うぞ」

真魚「じゃあターンエンドよ」

「コア、ドロー[黒蟲の妖刀ウスバカゲロウ]、リフレッシュ。サンダ・バードを召喚、効果で絶甲を回収。さらにバースト(絶甲)をセットだ」

真魚「うう、あからさまに……」

「アタックステップ、赤毛でアタックだ」

真魚「サンピラーでブロックよ。何もなければそのまま破壊……」

「おっと待った、赤毛の合体時効果でそいつはデッキトップに戻ってもらうぜ」

真魚「……そういえばあったわねぇ、そんな効果」

「ターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[サンピラー・ドラゴン]、リフレッシュ。レオグルスを召喚するわ。効果でサンダ・バードを破壊するわ」

「はいはい、了解」

真魚「効果で1枚ドロー[ガイミムス]。お、ナイスドロー! レオグルスにガイミムスを合体! アタックステップ、レオグルスでアタック! 効果で1枚ドロー[ファイアーウォール]して重力炉を破壊するわ!」

「それはライフで受けよう。そしてバースト発動、ライフを増やしてコストも払うぞ」

真魚「やっぱり。でもこれで残りは二つ、ターンエンドよ」

「コア、ドロー[絶甲氷盾]、リフレッシュ。ミッドナイト・サンを分離してアタックステップ、赤毛の効果でウスバカゲロウを合体だ。ウスバカ赤毛でアタック!」

真魚「ひっどい字面。それはともかくちょっときついのよねぇ……しょうがない、北斗でブロックするわ。フラッシュタイミング、ファイアーウォール! 北斗をシャイン・ブレイザーごと破壊!」

「ちっ、しょうがないな。ターンエンド」

真魚「いくわよ、あたしのターン! コア、ドロー[暗雲射す鬼ヶ島]、リフレッシュ。ブレイドラを召喚して、シャイニング・ドラゴンを召喚! 効果は使わないけど、ガイミムスを移してLv2に上げるわ。ついでにサンピラーも召喚して北斗を回収、軽減稼ぐ意味も込めて鬼ヶ島も配置するわ。アタックステップ!」

「やっぱりきたか。赤毛の効果でシャイニング・ソードを召喚だ」

真魚「シャイニングでアタック! 効果でミッドナイト・サンを破壊して、更にガイミムスの効果で1枚ドロー[龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード]!」

「シャイニング・ソードでブロック、効果で絶甲氷盾を使用だ」

真魚「まだ持ってたのね。ターンエンド」

「コア、ドロー[絶甲氷盾]、リフレッシュ。うん、これはどうしようもないな。投了だ」



真魚「2連勝ー!」

美夕「真魚ちゃんすご~い」

明日美「見事なほどに固まってましたね~」

「氷盾ばっかり引いてた気がするぞ、おい」

真魚「ねえ、一体どんなデッキだったの?」

「よくぞ聞いてくれた。こんな感じのデッキだ」

真魚「……なにこれ?」

「赤毛の勇者がソードブレイヴをぶん回すデッキだ」

明日美「本当に、いつものように極端な構成ですねぇ」

美夕「でもこんなに重かったら結構事故ったりしませんか?」

「それがよ、いざSBに出たら防御手段と踏み倒し手段が結構多いから意外となんとかなるんだよな」

真魚「あんたらしいデッキだと思うわよ、ええ……。デッキタイトルに違和感あるけど」

「そこはツッコミ禁止」
[PR]
by mma-island | 2012-10-23 23:27 | バトスピ部 | Comments(0)