MMA ISLAND

ブログトップ

第84話「博打SP」

「雪虫が……うざい……」



美夕「もうそんな季節なんですね~」

真魚「先週の雨、みぞれと紙一重な時があったから、そろそろ都市部でも降ってくるんじゃない?」

「鬱陶しいよなぁ、毎年のことだけど。エヴァQぐらいの辺りに降るかどうかってところかな」

明日美「賭けますか?(にこにこ」

「ちょっと待て、なぜそこにいく。まあそれはいいとして、何を賭けるんだ?」

明日美「それは作者さまにお任せします」

「おい、言いだしっぺ。めんどいからいいよ、なにもなくて」

明日美「あらら。残念です」

美夕「あの~、そろそろバトルに入っても……」

真魚「ってことは美夕もデッキ組みあがったの?」

美夕「うん。遅くなっちゃったけど」

「よし明日美いってこい」

明日美「面倒くさいから投げましたね」

「前回美夕とやろうとしてただろ、ちょうどいいじゃないか」

真魚「……まだ根に持ってるんだ」



真魚「美夕は[北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン(白)][機獣要塞ナウマンガルド][超時空重力炉][闇皇ナインテイル・ダーク]かぁ。理想的な手札ね」

「明日美は[冥皇封滅呪][ヒヒ・ボーン][シャ・ズー][イビルグライダー]か。これはちょっと厳しいな」

真魚「美夕に装甲持ちいそうにないからなんとかなるんじゃない?」

「それよりも問題は重力炉だよ。明日美の主力スピリットのほとんどが被害受けるぞ、あれ」

真魚「ああ、なるほど」

明日美「それでは、奇数でしたら美夕さんが先攻ということで。(ダイスを降る)6、わたくしの先攻ですね。ドロー[ボアトリクター]いたします。シャ・ズーを召喚してターンエンドです」

美夕「コア、ドロー[ウィンドウォール]。重力炉を配置して、ターンエンドです」

明日美「わたくしのターンですね。コア、ドロー[金弧角]、リフレッシュです。金弧角を召喚します。アタックステップに入ります。金弧角でアタックします」

美夕「えっと、ライフで受けます」

明日美「引き続きシャ・ズーでアタックいたします」

美夕「それもライフで受けます。残り三つです」

明日美「それではターンエンドです」

美夕「コア、ドロー[白夜の宝剣ミッドナイト・サン]、リフレッシュ。重力炉をLv2に上げて、ジーク・アポロを召喚します。召喚時効果でミッドナイト・サンを合体、効果で1枚ドロー[機獣要塞ナウマンガルド]します。北斗をLv3に上げて、アタックステップです。北斗でアタックします」

明日美「ライフでお受けしましょう」

美夕「ターンエンドです」

明日美「これでお互い三つですね。コア、ドロー[銀狼角]、リフレッシュ。ヒヒ・ボーンを召喚します。効果で1枚ドロー[呪の覇王カオティック・セイメイ]いたします。ボアトリクターも召喚、バースト(セイメイ)をセットいたしまして、アタックステップです。金弧角でアタックします」

美夕「えっと、ライフで受けます」

明日美「続いてボアトリクターでアタックです」

美夕「フラッシュタイミングでウィンドウォールを使います。何もなければ、そのアタックはライフで受けます」

明日美「あらら、それは残念です。それではこれでターンエンドです」

美夕「私のターンです。コア、ドロー[白夜の宝剣ミッドナイト・サン]、リフレッシュ。北斗をLv1に下げてナインテイルを召喚します。続いてミッドナイト・サンをナインテイルに合体、Lv3まで上げます」

明日美「あらあら」

美夕「アタックステップです。ナインテイルでアタックします。バトル時効果でシャ・ズーを手札に戻して、連鎖でヒヒ・ボーンを疲労させます」

明日美「ライフでお受けします」

美夕「北斗でアタックです」

明日美「う~ん……これはさすがに止める手段はありませんね。ライフでお受けします」



真魚「美夕にしては珍しく速攻で決めてたわね」

美夕「うん。防御マジックを引かなかったから、早く攻めないと危ないかなって思って」

「まあ確かにあの手札だとワンチャンに賭けて攻めるしかないよな、重力炉で展開は潰してても、シャ・ズーがいると下手したら攻められるからな。装甲ないから除去も怖いし」

美夕「はい。どの道シャ・ズーを利用されたら凌ぎきれないと思いましたし」

明日美「そうですね。実際のところ金弧角もいましたし、無限ブロッカーが湧かない限りはなんとかなると思ってましたから。重力炉は結構辛かったですけど」

「だろうな。で、明日は属性開眼デッキの情報が出るな」

真魚「あんたが楽しみにしているトパーズの情報が出るのよね」

明日美「わたくしも楽しみですよ、紫のも一緒なので」
[PR]
by mma-island | 2012-11-09 00:00 | バトスピ部 | Comments(0)