MMA ISLAND

ブログトップ

本日のすごいカード特集12/11

鰤の作者はギャグだと生き生きしてるよね。



ニコ生で、目当ての番組の時間までちょっと間があったので、たまたまやってたAKB0048をちら見。
……あれ? なんで目当ての番組タイムシフト予約して、気が付いたら最後まで見てるの?

いやはや、AKB絡み(しかも主役陣の声優まで担当)と聞いて放送前からスルーしてたんですが、損しましたね。
世界観はぶっ飛んでますが、恐ろしく真面目でまともなアイドルスポコンものでした。
っていうかぶっちゃけ、普通に面白かったです。
ストーリーは本当にまっすぐなアイドルスポコンもので、プリティーリズムやアイカツのように輝かしいステージ目指して女の子たちが頑張る話。
キャラの尺配分も研修生組+襲名組+αと多いのに、メインのアイドルたちの尺配分が非常にバランスがいい。

それでいてドラマ部分には世界観を活かしたドラマを盛り込んで、と非常に見応えのあるものでした。
特に休日回から前面に出てきた襲名制の闇を使った人間ドラマがいいですね。
オリジナルメンバーと似せなければならないことと自分が本当にやりたいことのギャップを襲名組自身が見せることで親しみやすい存在に演出して、研修生組と絡む際の気楽な掛け合いをしやすくする、という意図もあるのでしょうか。
中でも生まれたときから特定のオリジナルメンバーの行動全てをコピーさせられ、結婚相手すらも顔の作りで選ばされる生活はえぐかった。
基本襲名組はオリジナルメンバーの愛称で呼ばれるんですが、愛称で呼ばれていることが余計にオリジナルメンバーの仮面を被っていることを強調してました。

そして後半のドラマの主軸になっていたたかみなと彼方のコンビの話は本当にはらはらしました。
同期も一人を残して全員去りそれでも健気に頑張る彼方と、性格的に波長が合うのか自然と世話を焼く先輩という構図の中で、襲名をどう決めるのかという謎が明かされてからの2人の関係は、どうなってしまうのかと目が話せなかった。
歌も踊りも襲名メンバーレベルなのに襲名制自体の基準があやふやで、でもそんなことにもめげず後輩にもそれを指摘されても2年も頑張り続ける彼方。たかみなにとってそんな可愛い後輩である彼女が襲名メンバーとなるためには、同じたかみなの魂の資質を持つ自分が引退すること以外にない。つまり2人の内どちらかは0048であることを捨てなければならない。この展開は本当にえぐすぎた。
ちょうどこの時から敵の攻撃も激しくなってきたから、どっちかが死んでしまうのかとドキドキものでしたよ。

で、研修生組の声優陣だけど、これはすごく真面目に選んだんだなってぐらいそこそこのレベルでした。
たまにいる下手な新人声優ぐらいで済んでたので割りと気にならずに見れましたよ。
むしろあのそこそこのレベルの演技が、未熟な研修生組とベテランの襲名組との差別化になっていましたね。

勢いに乗って主題歌も買ってしまいましたよ。挿入歌も。
まあ挿入歌っていっても既存の曲で、しかもアルバムにしか入ってないのも結構ありましたが。別にAKB自体を好きになったわけではないのでさすがにアルバムは買いませんでしたけど。
買ったのは12話の挿入歌。これはサビや最後の部分で友歌の恋愛ドラマを絡めていたいので歌詞が妙に耳に残りました。ドラマ的にもかなり盛り上がりのあった場面でしたからね。
ただやっぱり挿入歌を集めるの大変なんで、2期の特典に挿入歌集とか付けてほしいですよね。

とまあ随分長々と書いてしまいましたが、それほど見入ってしまったということです。
いやほんと、全然ノーマークだったので意外な面白さに出会ってしまいましたよ。
これは来月から始まる2期もチェックしないといけませんね。



で、本題いきましょうか。

・ヤゴイソバナ
連鎖持ちの神速で、使い勝手自体は青連鎖を持つ神速持ちと大して変わらない。
こちらはコストではなくBPなので、まあ一長一短。
色の絡み的に使いやすいのはこっちか。

・パーフェクトリペアー
白の回復マジックで、スピリット効果を弾いたりもできる。
強化を乗せる事を前提としているテキストであるため、光白が参戦してからの方が輝くタイプのカード。


今回の公開形式は随分変則的ですよね。
[PR]
by mma-island | 2012-12-12 00:42 | バトルスピリッツ | Comments(0)