MMA ISLAND

ブログトップ

バトスピ研究所第61回「英雄巨人ヘラクラス」

一部で大西ライオンと呼ばれている英雄巨人ヘラクラス。
今回は彼について考察してみよう。



BPはまあ6コスト+高軽減にしてはなかなか高め、というか高軽減バニラと遜色はない。
肝心の能力はドロー抑制とデッキ破壊。
ドロー抑制自体は相手に依存するためこれを軸に組むのは非常に難しい。
相手の効果によって、という一文がなければ白との混色にしてバラガン利用したりネガナインテイルの一挙バウンスで起動キーにするところだったのだが。
なのでこいつをデッキに組み込む場合、軸となる能力は自然と自アタックステップに発動されるLv2、3効果となっていく。
ということでこの能力を主軸にヘラクレスを考察していこうと思う。

まずこの能力を発動させるには系統の条件もあるが、まず必要最低限のアクションとして「ライフに通す」というバトスピの基本ともいえるアクションが必要となる。
かといってそれだけを追求したらそれはただのビートデッキの方が強い。
とはいえこいつを引くまで待ってるだけなら、それは引きこもりデッキ破壊の方が強い。
なのでこいつを投入するデッキの性質は粉砕ビート、強化闘神ビートに近くなる。
また色を跨ぐ系統指定なので混色で力を発揮できるというのもこのカードでデッキを組む上での長所となる。
それを踏まえてデッキを組む方向性として各色に於ける相性等をチェックする事が重要となる。


・赤混色
古来から赤と青は友好色としてその関係を深めていった。
赤には一線級の星魂持ちも多く、ドロー能力も高いので容易にこいつを引き込む事も可能だろう。
ただしデッキとしてのまとまりを考えると少々微妙。
ライフに通す、ではなく相手スピリットを破壊する事がトリガーだったのならば相性は抜群だったのだが。
まあそれでも使いやすいブレイヴに盤面をこじ開ける能力は混色としては非常に扱いやすい。

・紫混色
このカードの軽減にも含まれている色で、今弾の連鎖による混色推しカラーでもある。
とはいえ紫には使いやすい星魂が少なく、高い除去能力を有するものの混色でそれを発揮するには構築が大分縛られる事になる。
なのでこの場合の混色はタッチ気味に組み込んだ方がむしろ安定する。
候補となるのはドローソースとなるボーン・ボアー、コアを乗せなくても済むネクサスの骨の森か暴かれた墓石、Lv1効果は死に効果になるがLv2効果が頼もしく軽減も確保できる珊瑚の樹海か。
あとは単体で高い制圧力を持つシャ・ズー、巨人小隊やアドリアンも復活できるスカルザードも採用候補か。

・緑混色
最も相性がよい混色。
色自体の相性もさることながら有用な星魂持ちが多く、代表的なところにコアブができるダンデラビットがいる。
また本人はヘラクラスの恩恵は受けられないものの、ヘラクラスの対象となるスピリットに多大な影響を与える蟹もおり、緑の疲労効果もあって非常にライフに通しやすい色といえる。
しかもこの色にはライフ調整は必要だが低コストで出てこれる、同じヘラクレス座の加護を受けたハーキュリーΩもいるのでデッキ破壊自体の期待値も高い。
星魂コアブが多いため多少軽減を確保できていなくても問題なく動かす事ができるだろう。

・白混色
先にも書いたが、常駐効果がこちらのバウンスでも発動するのなら非常に頼もしい混色になっていたはず。
白との混色は防御カード以外にはこのカードを主軸に混色するときにこれといった旨みがない。
なぜならば白の星座絡みの主軸カードはそのほとんどが光導・神星だからだ。
星魂を持つスピリットもいるにはいるが現状では無理に組み込むほどのものでもない。

・黄混色
白混色以上に混色する旨みがない色である。
理由は白とまったく同じ。
星魂持ちスピリットのラインナップも似たようなものなので戦力として大して期待はできない。
ペガシーダの効果でこいつを出せる、というロマンコンボはあるがそれ以外が実用的ではないし。

・青単色
もっともスムーズにデッキを動かせる色となる。
そもそもこいつ自身青4軽減もあるので、オリオンパワーも含めて強化闘神と非常に相性がよい。
青の星魂持ち事情も白や黄と大差ない。
だが青にはデッキ破壊として高い爆発力を持ち系統的にも使いやすいオライオンがいる、という一点で圧倒的に優れている。
デッキ破壊の爆発力は、さすが本色だけあって他の追随を許さない。

・三色以上の混色
これを組むとすれば緑のダンデが土台となるだろう。
ただ現状この能力で三色以上の色にするデッキを組む必要はない。
こいつ自身が6コストなのに軽減もまともに取れないからだ。
タッチマジックならともかく現状のカードプールではお勧めはできない。
精々星魂多めに入れてオリオンパワー狙いが堅いか。


青単色=緑混色>紫混色>赤混色>白混色=黄混色>三色以上
デッキとしての強さをランク付けるとまあこんなものだろうか?
やはりというかなんというか、青単か青緑が一番組みやすそうだ。
ということでこの結果を基に実際にデッキを組んでみようと思う。


次回に続く。
[PR]
by mma-island | 2013-03-26 01:13 | バトルスピリッツ | Comments(0)