MMA ISLAND

ブログトップ

バトスピ研究所第67回「暗黒刃翼全カード雑感その2」

最近また雨ばかりだ。





キャリバラー
久しぶりに出てきた、アタックできない代わりにBPの高い壁スピリット。
BPを上げた時は更にスピリット効果を受けなかったりとメリット効果がくっつくのも珍しい。

ダーク・ドーベル
強化持ちに対するメタ効果を持つが、何の耐性も持っていないためあまり過信はできない。
アタック時にも繰り出せるようにすればワンチャン?

透輝亀マタマタ
紫版のシオマネキッド。
ただ青に対して与える、というわけではなく系統指定である。
まあこいつを混ぜ込む時点で連鎖狙いだから連鎖持ち系統を対象にするのもまあありといえばありだけど。
シオマネに比べれば対象が狭くなった代わりに装甲の範囲も狭くなった感じ。

水晶竜シリマナイト
デッキ破壊メタを捨てた代わりに防御力を上げたジェロニモンド。
レアリティが落ちて入手しやすくなったが与える重装甲が一色増えている。
まあ防御効果は自身にも影響するためどちらがいいかはデッキ次第。

近衛機マリナー2号
高軽減バニラ。
コストパフォーマンスは非常に良く合体もしやすいコスト帯だがバニラを突っ込むかどうかは本人次第か。

ジャコウ・キャット
非常に軽く、連鎖紫だと白の弱点でもあるドロー補助を行える。
LV2だと五角形等のネクサスと同様手札を守れるため青のマジック縛りを突破することができるが、耐性がない4コストは青には割りと破壊しやすい範囲であるのが不安。

戦術機神コナン・バウル
持っている獣装甲といい、回復効果といい、劣化ヴァルレオといった方がしっくり来る。
まあヴァルレオと違い素出しでも出しやすかったりするのでウィニーにも対処しやすく、ブレイヴも剥がせるので単体でも見た目よりも硬い。
一応使いやすい部類ではある。

ダーク・バイソン
Lv2になれば闇化前と同じ色の重装甲を得ることができる。
BPが上がるだけでなく連鎖で疲労スピも破壊できるためより相手のアタックを抑止しやすい。

氷剣使モリガン
疲労ブロックができるだけでなく合体スピリットに対しては大抵のブレイヴの加算BP以上のパワーを得ることができ、合体アタック時には相手のバースト次第だがアンブロッカブルになることができる。
攻守に於いて強力な効果を持ち軽減も多いと、本来のコストの多さがあまり気にならない作りになっている。
もちろん白の踏み倒し手段を使ってもいいし、パントマイスターでコストを軽くしてもいい。
素のBPもなかなかに高く不作続きだった氷姫の中ではかなり頼れる存在。

近衛機ホルノート1号
手札を保護する効果を持つが、それだけ。
まあBPはそこそこ高いしシンボルもあることはある。
シードラ対策のネクサスを積むよりは、という人向けか。

獣爆マナティ・マローダ
召喚時効果を使った後はただのシンボル持ちバニラブレイヴ。
ただしこいつの持っているバウンス効果は強制的にブレイヴも手札に戻す。
まあそれが召喚時効果持ちのブレイヴだった場合は逆利用されてしまうがそれはバウンス効果自体に言えてしまうことなので気にしても仕方がない。
むしろ普段なら二度手間になってしまう合体スピリットを手軽に場から完全排除できてしまうのがありがたい。

水銀海に浮かぶ工場島
オーシン、ザントライと同じドローメタ効果を持っているが、あいつらと違って先攻1ターン目に出せないという欠点がある。
またLv2からは重装甲を与える効果があるが、ミラーマッチ用としか思えない対象及び色なのであまり過信はできないのが辛いところ。

クリスタルフィールド
遅れてきた白のフィールドサイクル。
手札封じとコアシュートメタの効果を発揮でき、解除条件はライフダメージと白にマッチした効果となっている。
フィールドサイクルを同じ色に突っ込んだ場合一番相性のいい効果といえる。

フェーズチェンジ
軽減の面でいえばデルタバリアの上位。
連鎖で大型スピリットを召喚できるが、コストはきっちり支払わなくてはならない。
逆にいえば軽減さえ確保していれば相手の攻撃を止めた上大型スピリットを相手ターン中に出せることになる。
召喚時効果も発揮できるため出すスピリットによっては強力。





カマウィゼル
低コスト想獣バニラ。
とはいえ軽減を持たないので展開用としては少々心許ない。
バニラとはいえBPもそんなに高いとはいえない。

ロールマイマイ
混色用の菓族だが、効果の発動がスピリットの破壊となっている。
ただ効果自体は発動すればそこそこ美味しいので、2コストというのもあり緑の方にタッチで突っ込むだけでも割と使いやすい。

凶獣トウテツ
コストが上がり回復対象が2体に増え連鎖も持ったが、その分系統指定が追加されたミケネ。
連鎖も考えれば最大3体に干渉できるのはなかなかに強力だが、軽減が少ないためちょっとコアを喰いやすい。

宝の番人ズラトロック
BPこそは低いものの結構なロック効果を発揮できるのは大きい。
先攻1ターン目に出すだけでも結構相手の行動を阻害できる。
問題は焼かれやすさか。
乙女座のようなリカバリーもできないし。

アルミラージ
4コスト聖命勢での中では、攻撃的だった他の聖命勢とは違い防御向けの効果を持っている。
効果破壊限定の防御だがアンブロッカブルを用意しやすい聖命なら効果以外での破壊はブロック時ぐらいしかないので結構発動機会は多そう。

ハーピーガール
コア効率と効果からクーシーよりも扱いやすく思えるが、こいつが効果を発揮できるのはこいつのみである。
連鎖が効果と相性が良く、軽減に赤も含まれているため、黄に突っ込むよりはむしろ赤に単体出張した方が活躍しやすいかもしれない。

聖天使エトワール
回復効果をメタれるのだが条件がなかなかに厄介。
BPマイナス効果もそこまで特筆すべきものでもないため、よっぽどメタ効果が引っかかる環境にでもならなければあえて入れることはないだろう。

天剣使キリエル
強化を持った黄の大型、つまりララファエルに続いてやっとエンジェルエッグが活かせるスピリットがやってきた。
8コストだけあって黄とはいえなかなかのコストパフォーマンスを持ち、防御時にもバトル時効果での牽制を行ってくれる。
今までBPマイナスが効かず苦しめられた白相手(というかヴァルレオ)にも対抗できるようになったため強化天怜デッキの弱点を一つ補完してくれる。
自身も強化を持っているためデッキに放り込みやすいのも利点の一つ。
バトル時効果が自身の効果を配慮してか、この手の効果には珍しくBPを比べてという記述がないのもよい。
というかこの表記だと、プリマLv2を立たせておいた状況でこのスピリットのバトル中にBP0にした場合もドローできるね。
羽剣や聖弓とも相性いいね、こりゃ。
持ってる効果が噛み合いすぎてて、コストの重さでバランスとってる感じ。

時空の魔女グランディース
5軽減とはいえ9コストらしく、黄のスピリットにしては非常に高いBPとコア効率である。
基本出落ちスピリットだがその召喚時効果が黄らしくトリッキーなものとなっている。
トラッシュへの仕込が必要とはいえ色々工夫できたり悪さできたりと可能性は秘めている。

ペンタンブレイヴ
合体時効果は保護効果としては割りと使いやすい。
バトル破壊でも有効なため壁としては割りと使いやすいだろう。

スイーツファイター
BPマイナス効果だが召喚時のみなのであまり使い勝手はよくない。
まあ下げ幅自体は元々の値が大きいため、強化を乗せにくいタッチでの出張でもそこそこ役には立つだろうけど。

朱に染まる薔薇園
ライフ回復効果を持ったカード、特に聖命のようにバトル時発動できる効果に対するサポート効果。
アタックステップ限定なので召喚時ライフ回復には対応できないが増える場所や手段は指定されていないためドロー効果を発動させる手段は色々とある。
Lv2効果は軽減シンボルの色を複数対応させるという初めての効果で、今までとは違って強制的にどちらかの色に統一されるわけではないので非常に混色・連鎖向けの効果といえる。
また赤のスピリットに記されていれば何色の軽減シンボルでもいいのでガンディノスのようなスピリットにも対応している点はありがたい。
ただ残念なのはコストがやや重いところか。
先攻1ターン目にこの手の効果持ちを配置できないのは辛い。

ドリーミングバタフライ
2つの効果を搭載したマジックカードではあるがどちらかを選ぶのは相手任せ。
加えて片方の効果は攻撃中に選ばれても意味がないものなので実質防御専用のマジックとなる。
どちらの効果も一長一短でしかも相手が選ぶため信頼性は低い。
紫のスピリットも回復できるため、黄で使うより紫にタッチで突っ込んだ方が案外活躍しそう。

ライフレボリューション
使用回数制限が付いたヒーリングサークル。
赤があれば焼き効果としてはそこそこの効果を発揮する。
無難に使いやすくて逆にコメントに困る。





薬売りのカーサ
創手の0コストバニラだがBPは青らしくなく低い。
創手サポートができるときまではお蔵入りか。

アトラック・ナチャ
みんな待ってた化け蜘蛛。
青お得意のレベル操作効果を紫の連鎖持ち系統に与えることができる。
2コストの上Lv1からでも効果を発揮できるためタッチで突っ込んでも十分すぎる効率。
ただ紫は元々BPが低いし、Lv上がっても美味しいのはあまりいないのがちょっと厳しいか。
まあLvが上がる分には損はしないけどさ。

熱血巨人ディーン
闘神には珍しい防御向けの効果。
まあこいつ自身が起き上がったところでブレイヴでサポートしない限りは大して壁にもならないだろう。
それよりも強化を乗せて相手ターンにもゴリゴリデッキを削れるようになることが重要だろう。

海皇子イオン
青のお得意の不確定コスト破壊だが、手札のカードを見せればいいというのは使いやすい。
不確定なのはいつものことだが今までと違って場に用意しなくてもいいのはそれだけで利点。
Lv2からの常時効果は割りと強力なスピリットが多い6/7コスト帯を無力化することができる。
合体すれば範囲から逃れられるものの召喚時効果は防ぐことができるので十分。

海皇帝アイヴァン
合体によるコスト加算を無にできる、青の特性と相性のいい珍しい効果を持つ。
これにより合体で破壊範囲から逃れた低コストスピリットをより破壊しやすくなった。
自身も一番合体しやすいコスト帯のスピリットを破壊でき、エース級のコスト帯のアタックを封じることもできる。
そのくせコストも軽く、軽減も多いため出しやすい。
コストパフォーマンスはいいものの青のスピリットとしてはBPが少々不安か。
まあバトル時効果が大抵のデッキには刺さるので使いやすい部類。

ピューマウロス
4コストを焼き払う効果はモーガンを思い起こさせる。
まあ指定されたコストが一つだけなので空振りする可能性の方が大きいが、連鎖によるバウンスの方が確実性が高いだろう。
まあ無理に狙う効果でもないが。

古剣使ティグリス
パンプ効果はコスト指定が非常に限定的であるためあまり気にしなくてもいいだろう。
5コストブレイヴのパワーが大きく上がるのは面白いが。
合体アタック時はバースト持ち破壊はほぼおまけで、本領は緑連鎖の方だろう……が軽減は白と絡んでいる。
総じて効果が噛み合いにくくアンバランスであるといえる。

災将ナグリアス
強化持ちダブルシンボルと豪快ではあるがパトロクロスのように強力な効果は持ってない辺り結構使いづらい。

インペリアル・ハイドラ
コスト指定全体破壊という青らしい大味な効果を持っており、ブレイヴのコスト加算も無視できるため破壊しやすい。
指定できるコストは3種類しかないが、どれも合体を前提とした場合によく見るコスト帯なので腐ることはそうないだろう。
自分のスピリットも巻き込むところには注意したい。
Lv2からはバーストメタ効果を持ち、絶甲や気弾は通してしまうが三段突や大抵の覇王スピリットは破壊できてしまうため十分強力。
なにより大した代償も要らずバーストを覗き見できることは結構なメリット。
問題は青らしく維持コアがいちいち高いところか。

ブル・アームズ
合体スピリットとのバトルではダノヴァを彷彿とする冗談みたいなパンプ効果を持つ。
ただし合体条件が重く、合体時のBP加算も0のため使いどころが少々難しい。
バトル時、なので疲労・無限ブロッカーにくっつけた方が使いやすいか。

コーラル・ジャガー
コストも合体条件も非常に重く、軽減もあまり優秀ではない。
ただし召喚時効果は割りと強力で、スターブレイドの逆ではあるが単体で出てきた高コストスピリットもあっさりと屠れる。
とはいえ相手の場に低コストスピリットがいる場合はあまり美味しくないが、低コストを潰しやすい青の特色でフォローしておきたいところ。

アトライア海帝国
転召の祭壇を髣髴とさせる、コスト追加効果を持つ。
こちらは低コストだけでなく6、7コストという強力なコスト帯にも大きな制限をかけることができる。
Lv1の方は自分にも効果を及ぼすため構築には慎重を期したいが、強化持ち低コストの主な主力は1、2コストなので引っかかりにくくデザインされている。

アビスブレイク
青のスタンダードともいえるコスト参照破壊マジック。
連鎖によりバーストを破壊することができるのはなかなかに強力。
ただしその連鎖効果によりメインには使えないが……まあ基本迎撃向きだろうから特に問題はないか。
軽減も多く、元が4コストなので出張しても使いやすい。

レゾリューション
アームズインパクトのリメイク的な効果。
ただし色々な制限は取っ払われ、1体しか破壊できなくなった代わりに扱いやすくなっている。
とはいえそれなりのスピリットは破壊しないとあまり効果は見込めないため対象の選定には注意を払う必要がある。
青の、とは限定されていないので他の破壊時効果を持つスピリットを破壊してもいいかもしれない。
コスト自体はそこそこ重いためタッチで入れるにはかなり難しいが。



Xレア

原始の王者ギガノ・レックス
1ターン1回とはいえ、アタックするだけで地竜を全回復という非常にダイナミックな効果を持ち、軽減が多いため軽減確保で地竜を並べても効果と噛み合った動きができる。
Lv2効果もそういった動きとマッチし、単独ですらもLv2BP17000という強力な数値になり、他にちっこいのを並べるだけでもガイ・アスラをも超えるパワーを生み出すことができる超が付くほどのすばらしい脳筋。

冥府三巨頭ザンデ・ミリオン
二体目の三巨頭。
軽減が非常に多くその上ダブルシンボルで、強力な系統サポート能力を二つ兼ね備えている非常に強力なカード。
ブロック制限効果は元々が除去色の紫にとっては非常にありがたく、無魔は疲労破壊も多く搭載されているためブロックできない疲労スピリットを破壊してブロックする、という行動も封じることができる。
また白の重装甲やワルキューレシリーズに対しても、破壊できないことを逆手にとった白メタ効果でもある。
二つ目の効果もなかなかに使い勝手がよく、例えブロックされてもBPの低い紫スピリットを破壊しないようにしない限り新手が沸いてくる。
しかも合体スピリットも有効で、なおかつ色や系統の指定もないためびっくりなコンボもできる。
とはいえ相手による破壊限定、かつ自分のアタックステップ限定のため高いコストのスピリットを破壊させるには骨が折れるが。
適当な召喚時ドロー効果持ち無魔すらも脅威になり、軽減の多さのため低コストビートにも採用しやすいのが魅力。

光牙鳳凰レックウマル
ハガクレのキースピリットとなるXレア。
新効果である分身を備え、単純な殴り合いでは非常に頼もしい。
それ以外は強化とそれに絡んだ効果としては少々物足りないものもあるが。
分身自体は専用サポートがないと貧弱ではあるが、逆にいえば不確定ではあるもののデッキのカードをトラッシュに送りやすく、紫の蘇生効果と相性が良い。
とはいえLv1のBPは緑のスピリットらしくなく低く、またエーススピリットの宿命とはいえ7コストは爪鳥デッキに入れるのには少々重い。
割と召喚時効果の方が重要なためエンショーから出すのもあまりおいしくないか。

黒皇機獣ダークネス・グリフォン
初めて連鎖付き効果を二つ持つ闇スピリット。
コストパフォーマンスが非常に良く、軽減も多いためコストの割りに召喚はしやすい。
ジャコウ・キャットの上位版ともいえる召喚時効果は一度決まればかなりのアドバンテージを誇るが、白の大型は踏み倒しの際召喚時効果を発揮することができないためその点は不便。
ソードール重力炉からの最速召喚でもいいが。
回復効果は合体していれば勝手に発動し、しかもバトル時なので攻防どちらにでも使うことができる。
ついでの連鎖で2個トラッシュ行きというのはなかなかにいやらしく、場から排除する手段がなければ相当なプレッシャーとなって盤面を制圧することができる。
場にいるだけでも十分強いので召喚時効果を見切って普通に踏み倒すのもありだろう。

凶神獣カオス・ペガサロス
ヌエ同様聖命のアタックが通れば追加ダメージを発揮できるが、こちらは聖命で増えるコアを放棄しなければならない。
とはいえこちらは自身も聖命を持っているため単体で解決でき、聖命がLv3からとはいえコア効率もBPも非常に優秀。
黄のスピリットとしては少々軽減が少ない気もするが1体で仕事をできるというだけで評価はそこそこ高い。
連鎖はトラッシュ回収なのだがスピリット限定なのでおまけ程度に考えていいだろう。

海皇巨神デュランザム
大粉砕再び。
しかもこいつは他の闘神にも大粉砕をばら撒くことができる。
まあそれなりのコストを持つ必要があるため多数量産することはできないが、まあ2体も該当スピリットがいれば十分だろう。
加えて闘神を常時5000パンプと10コストは伊達じゃない。
とはいえそのまま使おうとすれば結構なコストがかかるだろう。

疾風の双刃カムイ・ハヤテ
光の緑のソードブレイヴ。
今までのソードブレイヴと違い何故かこいつは合体条件が厳しい。
回復効果も持っているが相手にも相応にスピリット顔らなんでいる必要があり、かつもう1体緑の強化がいなければあまり意味がない。
合体させるだけならば北斗経由で十分ではあるが、現状爪鳥は5コストの層は厚いが6コスト以上はそこまででもないため結構使いにくい。
回復効果まで使いたければほぼ専用デッキを用意する必要があるか。
黄の連鎖が来るからリーンを突っ込むのも手だがそれだと別に強化持ちを入れる手間がかかるか。

夢幻の天剣トワイライト・ファンタジア
召喚時効果はリザーブからなので序盤はあまり使う機会は少ない。
合体アタック時効果はなかなかに強力。
ブロックされてもされなくてもどちらも美味しいので臆せずアタックしていきたい。
指定アタックや激突を持ちアタック時パンプの多い赤とも相性がいいのは4弾の連鎖先への影響か。
黄だけでもウィングブーツが相性抜群。
大抵のスピリットに合体させて殴っても問題ないので他色への出張機会もそう少なくはなさそう。
[PR]
by mma-island | 2013-05-24 02:09 | バトルスピリッツ | Comments(0)