MMA ISLAND

ブログトップ

究極のアルティメット

っていうのが最後の方に出てくるんだろうな。



MAXで本格的に明かされてアルティメットや新制限の話題一色ですね。

新制限は割と妥当だという声が多い中『気弾が何故?』という声が多かったのが意外だった。
今シリーズはバーストも本格的に復活するだけあって、あそこまで汎用性の高すぎるバーストが環境に残っては後続のバーストにとっては目の上のたんこぶってレベルじゃありませんからねぇ。


アルティメットに関してはなんか今までのスピリットを対象にした効果が効かない、って部分にだけ食いついてるなぁ。
それも軒並み単独除去が効かないっていう理由で。
重装甲とかの耐性持ってない限りどんな強力なスピリットもたった一枚の除去ではいさようなら、っていうのがちょっと納得いかなかったからねぇ。
ハスターの評価なんて「三段突で処理されて終わりでしょ」とかいうのをどれだけ見たことか。

それにいくら効果は効かないとはいえBPも天井の数字というわけではなくパンプ効果を組み合わせれば割とあっさり超えられるレベル。
しかも合体できなかったり既存のスピリット対象の効果が使えないため、アルティメットにも使えるパンプアップマジックや真・覚醒みたいな効果でもない限りアルティメット側のBPが増減することはない、という欠点も持っているためBPの比べ合いとなると、真正面からの打ち合いを恐れるのはむしろアルティメット側なんですよね。
現状パンプ系はメイン効果のおまけだったり、回復したりライフを減らしたりという副次効果がなければ採用はされにくいですが、アルティメットの参入がそれを覆すことになればいいなとは思ってます。
強力なカードも色んなカードの使い方・組み合わせ方次第で倒せるっていうのはTCGの醍醐味の一つでもありますからね。

あとはラークドライブや長城のようにバトルを強制中断させる効果も現状では有効ですかね。
判明している限りはブロック前フラッシュタイミングでバトルを終了させてしまえば何もできないようですし。
グラン・ドルバルカンがようやっと日の目を見れるかも?
最初の氷姫の内の1体、ソールさんも面白いかも。


とまあ長々と語っておきながら私の興味は今のところ「アルティメット同士がぶつかり合うことでどういう攻防が生まれるか」です。
アルティメットを相手にするときのことばかり言われてますが、やっぱり本題はここでしょう。
上記のようにアルティメット自身は現状大きくパワーをいじることができません。
しかもアルティメット自身にはアルティメットの効果を逃れることができたり、素のパワーが大きいといってもアルティメット同士の対決ならば五十歩百歩。
Uオーディンのようにブロックされない効果でもなければ変に睨み合いになっちゃうこととか普通にあるやも。

新しいカテゴリーであるブレイヴが出てきたときは、先行収録されたたった1枚のプロモブレイヴが環境にひびを入れたときもありました。
シンボルが付いてるとはいえ装甲白を与えるだけの、今の時代から見ればはっきり言って弱い部類のブレイヴ1枚でさえ環境に大変な影響を与えたのです。
あれ以来久しぶりの新カテゴリーのカードの追加がどんな変化をもたらすのか、とても楽しみですよ。
[PR]
by mma-island | 2013-08-21 00:05 | バトルスピリッツ | Comments(0)