MMA ISLAND

ブログトップ

第104話「中間結果SP」

「ケィツゥーが中間一位か、頑張って投票した甲斐があったな」



真魚「ねえ、いきなり関係ない話題よね、それ?」

明日美「ボブテイルさんが4位なのは意外でしたね」

美夕「結構予想外の結果ですよね」

真魚「美夕と明日美さんまで……」

明日美「まあまあ、いいではないですか」

真魚「……まあいっか。で、札幌はあと2回よね、投票権」

「ミントの方は無理だから、あとはアメドリだろうな」

真魚「新弾とMAXのおかげでここ最近ゼクス放置だったじゃない。勝てるの?」

「お楽しみ賞枠があるから大丈夫だ」

真魚「清々しいほど後ろ向きねぇ……」

「まあそれはそれとして今日のバトルは(ダイスを振る)2と3、美夕と明日美だな」

明日美「はい」

真魚「……ねえそのサイコロ、なんか偏りすぎじゃない?」

「気のせいだ」

明日美「偏ると言えるほど回数も多くありませんからね」



真魚「美夕は[スカル・ガルダ][水銀海に浮かぶ工場島][フェーズチェンジ][ダークバイソン]かぁ、まあそれなりね」

「一方の明日美は[不死鳥フォグニクス][紫電の霊剣ライトニング・シオン][妖華吸血爪][ラウンドテーブルナイツ]か、こっちはちょっと事故気味だな」

明日美「では奇数が出たらわたくしが先に参ります。(ダイスを振る)4、美夕さんからです」

美夕「はい。ドローステップ[狼騎士ルーガー]。う~ん、ターンエンドです」

明日美「それではわたくしの番ですね。コア、ドロー[ダーク・ソードール]。ダーク・ソードールをLv2で召喚いたします。効果で1枚ドロー[魔剣デスサイズ]いたします。アタックステップ、ダーク・ソードールでアタックいたします」

美夕「ライフで受けます(5→4)

明日美「ターンエンドです」

美夕「私のターンです。コア、ドロー[ネガ・テュポーン]、リフレッシュ。工場島を配置してターンエンドです」

明日美「コア、ドロー[紫電の霊剣ライトニング・シオン]、リフレッシュ。魔剣デスサイズを召喚します。効果でダークネスが出るまで上限6枚までデッキを破棄[死神剣聖ダークネス・メア]します。一枚目に出たので手札に加えて以降の破棄はなしです」

美夕「えっと、工場島の効果で手札を1枚捨ててください」

明日美「それではフォグニクスをトラッシュに送りましょう。バースト(吸血爪)をセットいたしましてアタックステップに参ります。美夕さんが相手ですからね、攻められる時に攻めてしまいましょう。ダーク・ソードールでアタックいたします」

美夕「ライフで受けます(4→3)

明日美「続いてデスサイズでアタックいたします」

美夕「それもライフで受けます(3→2)

明日美「ターンエンドです」

美夕「コア、ドロー[水銀海に浮かぶ工場島]、リフレッシュ。う~ん……ネガ・テュポーンをLv2で召喚します。召喚時効果、連鎖で1枚ドロー[絶甲氷盾]します。続いてスカルガルダをネガ・テュポーンに直接合体して召喚します。召喚時効果で1枚ドロー[ボーン・ダイル]します。ネガ・テュポーンをLv1にさげて、工場島をLv2に上げます。アタックステップです。ネガ・テュポーンでアタックします」

明日美「なにもありません、ライフでお受けします(5→3)。バースト発動、妖華吸血爪。2枚ドロー[ボンバーハンマー][シキツル]、フラッシュ効果は使いません」

美夕「ターンエンドです」

明日美「コア、ドロー[ダーク・ソードール]、リフレッシュ。工場島2枚は非常に厳しいですね。ですがダークネス・メアをLv2で召喚いたします。召喚時効果、抜刀です。ライトニング・シオンを直接合体、コア除去はできませんが1枚ドロー[魔剣デスサイズ]いたします。工場島の効果でシキツルとダーク・ソードールを破棄します。バースト(テーブルナイツ)をセットしてアタックステップに入ります。ダークネス・メアでアタックいたします。合体時効果でスカル・ガルダを破壊します」

美夕「あう、ネガ・テュポーンを回復させます。うう、これはネガ・テュポーンでブロックするしかありませんね。何もなければそのまま破壊されます」

明日美「それでは魔剣デスサイズでアタックいたします」

美夕「ライフで受けます(2→1)。バースト発動、絶甲氷盾です。ボイドからコア1個をライフに置いて(1→2)、工場島をLv1に下げてフラッシュ効果を使います」

明日美「それではターンエンドです」

美夕「コア、ドロー[白夜の宝剣ミッドナイト・サン]、リフレッシュ。ルーガーを召喚します。1枚ドロー[ダーク・ライオライダーVツイン]して連鎖で……うう、どっちも召喚時効果持ってるんですよねぇ……でもドロー効果なのでダーク・ソードールを手札に戻します」

明日美「はい、では手札に戻ります」

美夕「続いて……ライオライダーをLv2で召喚いたします。ルーガーと工場島をLv2に上げてアタックステップです。ルーガーでアタックします」

明日美「ライフでお受けします(3→2)。バースト発動、ラウンドテーブルナイツ。シキツルを召喚いたします。効果で1枚ドロー[偽りの地下帝国]いたします」

美夕「えっと、ターンエンドです」

明日美「コア、ドロー[偽りの地下帝国]、リフレッシュ。偽りの地下帝国を配置いたします。続いてデスサイズを召喚いたします。デッキトップを破棄[魔剣デスサイズ][エンプレス・ヨウクィーン][シキツル][虚皇帝ネザード・バァラル][ラウンドテーブルナイツ][死神剣聖ダークネス・メア]いたします。ダークネス・メアを手札に加えまして、ダーク・ソードールを偽りの地下帝国を破棄します。ダークネス・メアをL3に上げてアタックステップ、ダークネス・メアでアタックいたします」

美夕「うう、仕方ないです、ルーガーをLv1に下げてフェーズチェンジを使います。そのアタックはライフで受けます(2→1)

明日美「ターンエンドです」

美夕「コア、ドロー[ソードール]、リフレッシュ。えっと、ソードールを召喚します。続いてダークバイソンをLv2で、そのダークバイソンにミッドナイトサンを直接合体。ルーガーをLv2に上げて……アタックステップに入ります。ルーガーでアタックします」

明日美「う~ん、ライフはあと一つ温存しておきたいんですよね。デスサイズでブロックします。何もなければそのまま破壊されますね」

美夕「ターンエンドです」

明日美「コア、ドロー[白蛇帝アルデウス・ヴァイパー]、リフレッシュ。地下帝国をLv2に上げます。そしてアルデウス・ヴァイパーを召喚いたします。召喚時効果で……ルーガーの上のコアを2つ外します。Lv0破壊なのでボイドからリザーブにコアを1個移します。ライトニングシオンをアルデウスにお引越しさせまして、ダークネス・メアをLv2に、アルデウスをLv3にします。アタックステップに入りまして、アルデウスでアタックいたします。効果でライオライダーから2個、ソードールから1個コアをリザーブに移します」

美夕「あうう、ダークバイソンでブロックします。BPは16000です」

明日美「こちらは15000です。ライトニング・シオンをフィールドに残しまして、アルデウスは破壊されます。シキツルでアタックいたします」

美夕「ライフで受けます(1→0)



美夕「折角重装甲付けたのに……」

明日美「美夕さん、今の紫相手に重装甲ぐらいで安心してはいけませんよ」

「ある程度抑えられてもシオン付けたアタック時効果で平然と突破してくるものな」

明日美「そうは言っても、工場島2枚は流石に厳しかったのですけどね」

真魚「ドローしたら手札減るもんねぇ。1枚だけならまだ手札入れ替え程度の感覚で使えるけど」

明日美「ええ、不死も入ってるので1枚ならそちらの方が都合がいいと思いましたし」

「で、美夕は何で難しい顔してるんだ?」

美夕「えっと、やっぱり私白紫ってなんか合わない気がして……」

真魚「白多目だけど、ぶっちゃけ動き自体はちょっと守りの堅い紫みたいなものだからねぇ」

美夕「だから今度はちょっと武装方面組んでみようと思うんです」

「武装も今シリーズは割りと攻め傾向だと思うけどな」

明日美「いいじゃないですか、色々試すのも」
[PR]
by mma-island | 2013-08-23 01:07 | バトスピ部 | Comments(0)