MMA ISLAND

ブログトップ

究極降誕

急に自家発電オヤジを思い出した。



世にも奇妙な物語で、タイトル忘れたんですが自家発電オヤジの話がありましてね。
電力が枯渇し自転車による人力発電が主流になった世の中で、会社の窓際ポジとして人力発電を担当する中年おっさんが主人公という非常にむさ苦しい話です。
40過ぎても窓際の自家発電課の男たちの悲哀と維持とプライドが詰まっており、その話を何故か昨日風呂に入っている最中思い出した。


まあそんなこんなでアルティメット発売ですか。
ここ1ヶ月ほど溜まってた新番組を細々と消化しながらデッキ組んでました。
といっても消化できたの牙狼とMJPだけですが。

C3部は完全に切りました。
1話がOPED含めて詐欺過ぎた。
原作ちらりと読んでみたら結構改悪ひどかったし。

同時にどうしてガルパンがヒットして戦車関係があんなに売れたのかっていうのも理解できた。
要は楽しませなきゃ駄目なのよね、作中でも見る方にも。
この内容でどれぐらいの人が「サバゲは楽しいもの」と認識してくれることやら。



さてさてソードアイズ最終回でしたね。
3話にもわたるバトルって初めてのおかげかひどく濃厚なものに。
そしてよく考えたらこれよりも後のターンから始まってるのにとても平和なフィールドだったバシンって別の意味ですごかったんだなと思いつつ。

ソードディスティニーは使われたときは「?」ってなりましたが直後にヤイバがリゲイン使ったので演出としての細部調整ということで納得。
順番逆にすると結局グレナダが最後にツルギに力貸したみたいになっちゃいますからね。
そして最後の最後に再生の大地を意味するエメラルドフィールドと盛りだくさんでしたね。

最後のツルギの「兄さん」といいヤイバの初めて聞く優しい声といいいい余韻でしたよ、本当に。
来週お休みなのが残念だ。
[PR]
by mma-island | 2013-09-14 10:28 | バトルスピリッツ | Comments(0)