MMA ISLAND

ブログトップ

第108話「灼熱SP」

「最近さ、バトスピの記事を書きにくくなったと思わないか?」



真魚「そう? 気のせいじゃないの?」

「ほら、剣刃編から出たキーワードのことさ」

美夕「強化と連鎖と抜刀ですか?」

明日美「分身もありましたね」

「そうそう。おかげで『強化』って単語をバトスピの記事じゃ使いにくくなったんだよな」

真魚「ああ、そういう……」

明日美「そうえいば作者さまはトリガーという単語もよく使っていましたね」

「ああ。あっちも使いにくくなったんだよな」

美夕「文脈で区別をつけるとか」

「見てる方にはわかり難いだろ、それ」

真魚「割と感覚で書き殴ってる人がいえることじゃないわ、それ」

明日美「作者さま、それよりも折角新弾が出たのですから」

「そうだな、しばらくやってなかったからすぐバトルに移るか。対戦相手は(サイコロを振る)俺と……(サイコロを振る)真魚か」

真魚「って、サイコロでもそれかい!」

「偶然って怖いな」

明日美「サイコロにした意味がありませんでしたねぇ」



美夕「真魚ちゃんの手札は[ネオ・ダブルドロー][フレイムスパーク][アルティメット・ドラグサウルス][エッジ・ウルフ]ですね」

明日美「作者さまは[サファイアの彫像][海賊巨人キッド][海皇巨兵アトライア・ゴレム][ベアーケンタウロス]ですか。相変わらずですね」

「さあ、奇数が俺の先攻だ。(サイコロを振る)2、真魚からだな」

真魚「オッケー。ドロー[リューマン・クロウ]! これ引いたんなら迷うことなくこいつを使うわ、ネオ・ダブルドロー! 2枚ドロー[リューマン・フェニック][アルティメット・ドラグサウルス]してターンエンド!」

「コア、ドロー[アルティメット・ロックゴレム]。彫像を配置してターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[星雲竜アンドロメダ・ドラゴン]、リフレッシュ! じゃ、青にネクサスなんて残したら危険だもんね、あたしのはLv2効果関係ないけど。リューマン・クロウを召喚して、アルティメット・ドラグサウルスを召喚するわ! 召喚時効果で彫像を破壊!」

「くっ、持っていやがったか」

真魚「ほらほら、一気にいくわよ、アタックステップ! クロウでアタック!」

「ライフで受ける(5→4)

真魚「続いてUドラグでアタック!」

「それもライフだ(4→3)。しっかし赤なんだな、今回は」

真魚「ま、緑は次のお楽しみに。ターンエンドよ」

「コア、ドロー[キャラベル・ゴレム]、リフレッシュ。ん~、コアが1個足りないな。ならキッドを召喚、召喚時効果でデッキを上から4枚オープン[キャラベル・ゴレム][オーバードライブ][オーバードライブ][レチクル・アームズ]だ……ってなんじゃこりゃ!?」

真魚「ぷっ」

「笑うな! 畜生、アルティメット9枚積みってこんなに捲れ難かったか? まあいい、ならば捲れたのはこのままデッキ下に戻してキッドをLv2に上げてアタックステップ。キッドでアタック、バトル時効果でリューマン・クロウを破壊だ」

真魚「ライフで受けるわ(5→4)

「コアを与えたくはなかったがしょうがない、ターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[アルティメット・プテラトマホーク]、リフレッシュ! リューマン・フェニックを召喚するわ。そしてUドラグをLv4に上げてアタックステップ! Uドラグでアタック、アルティメットトリガー、ロックオン!」

[サファイアの彫像]4、ガードだ!」

真魚「ちっ、まあ捲れたの見てたら当たればいいなって思ってたけど。でもそれならそれでライフはいただくわ!」

「ライフで受ける(3→2)

真魚「あんたも行っちゃいなさい! フェニックでアタック、効果で1枚ドロー[究極龍王リヴァイア]!」

「ライフで受ける(2→1)

真魚「さ、これで残り1点、迂闊に殴ってこれないでしょ、ターンエンドよ」

「相変わらずの攻めの姿勢だな。コア、ドロー[キャラベル・ゴレム]、リフレッシュ。ん~……仕方ない、ある程度の賭けに出ないと駄目だな。キャラベル・ゴレムを召喚、続いてUロックゴレムをLv4で召喚だ。アタックステップ、キッドでアタック。バトル時効果でコスト3のフェニックを破壊だ!」

真魚「ちっ、またあいつ! ライフで受けるわ(4→3)!」

「これ以上は殴れん、ターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[リューマン・フェニック]、リフレッシュ! オッケー、一気に決めさせてもらうわよ。リューマン・フェニックを召喚、アタックステップ! Uドラグでアタック! アルティメットトリガー、ロックオン!」

[ライオット・ゴレム]3だ」

真魚「ヒット! キッドとキャラベルを2体とも焼却!」

「Uロックゴレムでブロックだ、それしかない。そのまま破壊されるぞ」

真魚「じゃあそのままフェニックでアタック! 効果で1枚ドロー[ブレイジング・バースト]!」

「ライフで受ける!(1→0)



「ちっくしょう、あそこでトリガーがヒットするとは……!」

真魚「ま、外れてもフレイムスパーク撃ったけど」

「ですよね~」

明日美「完全に真魚さんの速攻の勝利ですね」

「Uプテラぐらいならまだなんとかなると思ったが、まさかあのタイミングでネクサス割られるとは」

真魚「割れてなかったら多分逆にこっちが数で押されてたかもね~」

明日美「しかしあのドローの内容でしたらあまり変わらない気もいたしますけど」

「……自虐ならいいが他人に言われるともやっとするな」

美夕「え、えっと、落ち着いてください作者さん」
[PR]
by mma-island | 2013-10-27 22:35 | バトスピ部 | Comments(0)