MMA ISLAND

ブログトップ

第113話「恐るべき物量SP」

「とうとう02環境が始まったぞ」



真魚「随分遅かったわね」

美夕「結構間が開きましたね」

「しょうがないだろ、色々あったんだから。だからその分、張り切ってガンガンやっていくぞ!」

明日美「今週末はゼクスの新弾が発売しますけど?」

「程々にやっていこう、焦ってもいいことは何もない」

真魚「この男……」

「それはいい、さっさと始めるぞ。こういうのはきびきびといかないとな」

真魚「その割りにぐだぐだと更新引き伸ばしてるわよね」

「う、うるさい。(ダイスを振る)俺と……美夕か」

美夕「よろしくお願いします」



真魚「ん~、美夕は[アルティメット・アンプルール][聖騎士ペンタン][騎士ペンタン][ペンタン帝国]か。かわいい系でまとめてきたわね」

明日美「作者さまは[ストロングドロー][ストロングドロー][見習い海賊テリー][剣聖将軍フィランダー]ですか」

「じゃ、奇数だったら俺が先攻だ。(ダイスを振る)3、俺からだな。ドロー[巨人剣士アーチボルド]。テリーをLv2で召喚、ターンエンドだ」

美夕「私のターンですね。コア、ドロー[サンダーウォール]。ペンタン帝国を配置してターンエンドです」

「コア、ドロー[三つ首竜の海賊旗]、リフレッシュ。海賊旗を配置、ストロングドローを使用する。3枚ドロー[海皇巨神デュラン・キッド][巨神ジュニアス][アルティメット・ガラドルグ]、フィランダーとジュニアスを捨てる。アタックステップだ、招雷の力を見せてやる。テリーでアタック」

美夕「ライフで受けます(5→4)

「招雷の効果発動、手札のアーチボルドを召喚だ。召喚時効果で2枚ドロー[三つ首竜の海賊旗][巨人銃士クリフォード]してガラドルグと海賊旗を捨てる。続いてテリーの破壊時効果で1枚ドロー[巨人銃士クリフォード]してクリフォードを捨てよう。続いてアーチボルドでアタックだ」

美夕「それもライフで受けます(4→3)

「ターンエンドだ」

美夕「私のターンです。コア、ドロー[執事ペンタン]、リフレッシュです。執事ペンタンを召喚します。続いて騎士ペンタンを召喚してターン終了です」

「攻めてこないか。コア、ドロー[ストロングドロー]、リフレッシュ。クリフォードをLv2で召喚、アタックステップだ。クリフォードでアタック、アタック時効果で執事ペンタンを破壊、コアをボイドから乗せるぜ」

美夕「えっと、執事ペンタンと騎士ペンタン、ペンタン帝国のどれから発動させますか?」

「そうだな、騎士ペンタン、ペンタン帝国、執事ペンタンの順だ」

美夕「はい。では聖騎士ペンタンを召喚します。ペンタン帝国はスルーして、執事ペンタンの効果で1枚ドロー[コーラスバード]しますそのアタックは、聖騎士ペンタンでブロックします」

「よし、なにもなければ破壊される。そして海賊旗の効果で招雷発動、手札からデュラン・キッドを、クリフォードとアーチボルドのコアを全て集めてLv3で召喚だ。デュラン・キッドの召喚時効果でトラッシュにあるクリフォード2枚とテリー1枚を手札に加える。続いてデュラン・キッドでアタック、Lv3アタック時効果で手札からテリーを召喚する、デュラン・キッドはLv2にダウンだ」

美夕「えっと、フラッシュタイミング、サンダーウォールを使います。そしてデュラン・キッドのアタックはライフで受けます(3→2)

「ちっ、防がれたか。ターンエンドだ」

美夕「劣勢です……コア、ドロー[占いペンタン]、リフレッシュです。占いペンタンを召喚します。召喚時効果でコーラスバードを手元に置いて、1枚ドローします[占いペンタン]。えっと、コーラスバードを使用して執事ペンタンを手札に戻して、そのまま召喚します。Uアンプルールも召喚して……ターンエンドです」

「慎重だな。ま、こっちは連続攻撃があるからな。コア、ドロー[巨人剣士アーチボルト]、リフレッシュ。さあいくぞ、海賊旗をLv2に、デュラン・キッドをLv3にアップ、アタックステップだ。デュラン・キッドでアタック、効果でクリフォードをLv2で召喚だ」

美夕「占いペンタンでブロックします。効果はどうしますか?」

「ん~、面倒だからこの先ずっとさっきの順番でいいや」

美夕「はい、わかりました。騎士と帝国、どちらもスルーしてドロー[聖騎士ペンタン]します」

「テリーでアタックだ」

美夕「えっと、騎士ペンタンでブロックします」

「海賊旗Lv2の効果で1枚ドロー[ラウンドテーブルナイツ]、テーブルナイツを捨てる。なにもなければそのまま破壊、まずはテリーの破壊時効果で1枚ドロー[アルティメット・レーヴェン]してストロングドローを捨てるぞ。そして海賊旗の効果で招雷、アーチボルドを召喚だ。テリーの上のコアを乗せて召喚時効果、2枚ドロー[海皇巨神デュラン・キッド][魂彷徨う骨の森]し、骨の森とクリフォードを捨てる。続いてUレーヴェンをデュラン・キッドの上のコアを取ってLv4で召喚、召喚時効果で執事ペンタンを破壊だ。そして召喚時アルティメットトリガーロックオン!」

美夕[皇子ペンタン]4、ヒットです」

「騎士ペンタンを破壊だ」

美夕「えっと、まず騎士ペンタンの効果で占いペンタンを召喚して、執事ペンタンの効果で1枚ドロー[占いペンタン]します」

「招雷効果で召喚されたからデュラン・キッドは起き上がる。アーチボルドでアタックだ」

美夕「Uアンプルールでブロックします」

「いいだろう、こいつの役目はもう終わってる。Uレーヴェンでアタックだ」

美夕「占いペンタンでブロックします。ペンタン帝国の効果で占いペンタンを召喚します」

「ん~、クリフォードでアタックだ。アタック時効果で占いペンタンを破壊、ボイドからコアを乗せる」

美夕「えっと、聖騎士ペンタンをLv2で召喚します」

「まだいたか。それでクリフォードのアタックは?」

美夕「ん~、ライフで受けます(2→1)

「招雷の効果発動、クリフォードの上のコアを掻き集めてデュラン・キッドをLv3で召喚だ。召喚時効果で……さっきと変わらんな、クリフォード2枚とテリー1枚を回収。そしてLv3のデュラン・キッドでアタック、アタック時効果でテリーを召喚だ」

美夕「えっと、そのアタックはLv2の聖騎士ペンタンでブロックします」

「む、BPはそっちが上だな、破壊される。だがもう一体のデュラン・キッドでアタックだ」

美夕「Lv1の聖騎士ペンタンでブロックします」

「なにもなければ破壊だ。テリーでアタック」

美夕「うう、ライフで受けます(1→0)



美夕「あう、防ぎきれませんでした」

明日美「あのペンタンの物量をもってしても耐えられませんでしたね」

真魚「デュラン・キッド絡んだときの破壊力は本当にすごいわね。……って、文字にするとうざったいわ!」

「ああ、文章に起こしてて俺も心底そう思った」

明日美「一度に連鎖して発生する効果が多いですからね」

真魚「ま、そうやって交換した手札がデュラン・キッドであっという間に返ってくるからバカにならないのよね、今回全然引かなかったみたいだけど。美夕も普通のビートだったら十分勝ちパターンだったんだけどねぇ」

明日美「聖騎士ペンタン2体は普通のデッキだと対処し難いですからね。アルティメットもいましたし」

美夕「はい、本当ならあそこは一気に攻めればよかったんですけど、防御マジックもなくて受けに回らないと辛かったですし」

真魚「クリフォードで執事ペンタン狙い撃ちされてたのもきつかったわね」

「騎士と帝国張られてるんだから、ドロー潰さないと押し切られるのはこっちの方だからな」

明日美「とりあえず作者さま、招雷デッキは控えてくださいね」

「お、横暴だ……そして反論できない……」
[PR]
by mma-island | 2014-01-27 00:53 | バトスピ部 | Comments(0)