MMA ISLAND

ブログトップ

第114話「火炎曜日SP」

「まあ昨日は突然のことで更新を見送ったが今日は予定通りやっていこう」



明日美「随分せっかちですね、作者さま」

真魚「うんうん。いつもならだらだら前振りやってるのに」

「ぶっちゃけ、書くことがないからな。それともゼクスの話するか?」

真魚「別にあたしはそれでもいいけど?」

「面白みのない奴め」

美夕「あの~、新弾出たばかりなのでゼクスの話をすると長くなるんじゃ……」

「うん、やっとまともな返しがきた。じゃ、今日の組み合わせ決めるか。(ダイスを振る)俺と……明日美か」

明日美「あら、これまた久しぶりの組み合わせですね」

「む~、招雷禁止された直後にか。使うデッキに迷うな」

真魚「適当に選べばいいじゃない」

美夕「作者さん、デッキが多いですからね」

「そうだなぁ……よし、これでいくか」



真魚「明日美さんは[カースガーゴイル][妖華吸血爪][闇王蛇ペンドラゴン][闇侯爵フォカロール]かぁ」

美夕「作者さんは[メカニック・コーギー][絶甲氷盾][アルティメット・アイアンゴレム][アルティメット・ロックゴレム]だね」

真魚「いつものアルティメットデッキ破壊か」

明日美「さて、偶数でしたらわたくしが先攻をいただきますね。(ダイスを振る)3、作者さま、お先にどうぞ」

「おう。ドロー[巨人航海士トービー]。トービーを召喚、バースト(絶甲)をセットしてターンエンドだ」

明日美「わたくしのターンですね。コア、ドロー[アルティメット・ズ・ガイン]です。フォカロールさんを召喚いたします。召喚時効果で手札からUズ・ガインさんをトラッシュに送って、2枚ドロー[偽りの地下帝国][冥騎獅アロケイン]いたします。バースト(吸血爪)をセットしてターンエンドです」

「コア、ドロー[ベアーケンタウロス]、リフレッシュ。コーギーをLv2で召喚、トービーの上にボイドからコアを乗せて、コーギーをLv1に下げUアイアンゴレムを召喚だ。まだLv4にはならないから、ターンエンド……ってぇ、よく考えたらあのデッキ相性最悪じゃねぇか!」

明日美「うふふ。コア、ドロー[妖華吸血爪]、リフレッシュです。地下帝国を配置して、カースガーゴイルを召喚いたします。ではこちらもターンエンドです」

「むう、動かんな。コア、ドロー[サファイアの彫像]、リフレッシュ。彫像をLv2で配置、更にUアイアンをLv4にアップ。アタックステップ、Uアイアンでアタック! まずは粉砕4枚だ!」

明日美「はい。4枚破棄[ワンアイドデーモン][サードアイズ・スネーク][冥侯爵フォカロール][アルティメット・ベルゼビート]します」

「続いてアルティメットトリガー、ロックオン!」

明日美[サードアイズ・スネーク]2です」

「ヒット! 4枚破棄だ!」

明日美「4枚破棄[冥騎獅アロケイン][ワンアイドデーモン][ダークヴルム・ノヴァ・レムナント][アルティメット・ベルゼビート]します」

「更にサファイアの彫像の効果で4枚破棄だ!」

明日美「4枚破棄[闇王蛇ペンドラゴン][騎士の覇王ソーディアス・アーサー][アルティメット・ズ・ガイン][虚皇帝ネザード・バァラル]ですね。これで合計13枚破棄です。そのアタックはライフでお受けします(5→4)

「さあ、バーストを発動するか? ここで7枚破棄したら次のターン死ぬかもしれないぜ」

明日美「そうですね、ではこのままスルーいたしましょう」

「む。ターンエンドだ」

明日美「コア、ドロー[偽りの地下帝国]、リフレッシュです。そうですね、ここはペンドラゴンをLv2で召喚しましょう。アタックステップに入ります。ペンドラゴンでアタックし、トービーさんのコアを外します。消滅したので1枚ドロー[ワンアイドデーモン]します」

「ライフで受けよう(5→4)

明日美「続いてフォカロールでアタックいたします。フラッシュタイミング、なにかありますか?」

「いや」

明日美「それでは妖華吸血爪を使用します。コストはペンドラゴンから確保。偽りの地下帝国を捨ててコーギーさんのコアをトラッシュへ送ります」

「くっ、全力でこっちのフィールドを狩りにきたな。ライフで受ける(4→3)

明日美「ターンエンドです」

「コア、ドロー[アルティメット・ガラドルグ]、リフレッシュ。ん~、ならば俺も相手の場をかき乱そう。ベアーケンタウロスを召喚、召喚時効果でフォカロールを破壊だ。ベアーケンタウロスにコア2個乗せてアタックステップ、Uアイアンでアタック! 粉砕4枚だ!」

明日美「4枚破棄[白蛇帝アルデウス・ヴァイパー][虚皇帝ネザード・バァラル][ルーンマスターナーガ][冥騎獅アロケイン]されます」

「さらにアルティメットトリガー、ロックオン!」

明日美「はい。[白蛇帝アルデウス・ヴァイパー]10、ガードですね」

「くっ」

明日美「そのアタックはライフでお受けします(4→3)。そうですねぇ、トリガーがヒットしなかったのならいちかばちか、バーストを発動させましょう。妖華吸血爪、2枚ドロー[ルーンマスターナーガ][カースガーゴイル]いたします」

「ならば彫像Lv2の効果で7枚破棄だ」

明日美「7枚[サードアイズ・スネーク][騎士の覇王ソーディアス・アーサー][白蛇帝アルデウス・ヴァイパー][冥侯爵フォカロール][闇騎士アグラヴェイン][カースガーゴイル][偽りの地下帝国]ですね、破棄しました」

「ターンエンドだ」

明日美「ラストターンですね。コア、ドロー[騎士の覇王ソーディアス・アーサー]、リフレッシュです。ワンアイドデーモン、アロケイン、ルーンマスターナーガを召喚いたします。そして地下帝国をLv2に上げて、手札のアーサーを6コストとして召喚します。地下帝国のコアを乗せてアーサーをLv2に上げて、アタックステップに入ります。アーサーでアタックいたします。アタック時効果でネザード・バァラルを召喚、アーサーの上のコアを乗せてLv2で召喚します」

「ん?」

明日美「フラッシュタイミング、ありませんね? でしたらネザード・バァラルでアタックいたします。バァラルの効果でベアーケンタウロスと彫像の上のコアを一つずつトラッシュに送ります」

「む、ベアーケンタウロスは消滅する。そのアタックはライフで受けよう(3→2)

明日美「ルーンマスターナーガでアタックいたします」

「ライフで受けよう(2→1)。バースト発動、絶甲だ。ボイドからライフに置いて(1→2)、フラッシュ効果を使う! UアイアンをLv3に下げてギリギリ足りた!」

明日美「あらら。それをUアイアンゴレムを維持したまま止められたのならターンエンドではなくゲームエンドですね」



「なんとか押し切ったー!」

真魚「あの相性差でよくやったわね」

「Uトリガーヒットしたのと彫像のおかげだな。明日美の方も低コストばかりで全然キーカード引かなかったみたいだし」

明日美「そうですね、最初のデッキ破壊でヴァイパーがめくれていたら話は変わっていたのかもしれませんけど」

真魚「トラッシュ利用デッキなのに相手のデッキ破壊を逆利用できなかったのが痛かったわねぇ」

美夕「デッキ破壊でも低コストしか落ちなかったし」

明日美「仕方ありません、カードゲームはそういうものですから」
[PR]
by mma-island | 2014-01-29 02:12 | バトスピ部 | Comments(0)