MMA ISLAND

ブログトップ

第121話「この世の地獄SP」

美夕「チャンピオンシップお疲れ様です」




「あ~、本当に疲れたよ(先攻初手[デブリ・ザード][デブリ・ザード][生還者ネオ・アーク][ブレイヴデストラクション])」

真魚「ま、いつものことよね(後攻初手[幻影氷結晶][アルティメット・ビャク・ガロウ][マッチュラ][大地茂る大樹])」

明日美「作者さまがお疲れにならない場合は、そもそも参加してない場合ですよね」

「そういうこと。ドロー[アルティメット・ジークヴルム]。ネオ・アークを召喚してターンエンド。ただ今回は大分地獄だったんだぞ」

真魚「コア、ドロー[忍者サルトベ]。あんたいつも同じこと言ってるじゃない。大樹を配置してターンエンドよ」

「コア、ドロー[フレイムフィールド]、リフレッシュ。今回は本当にやばかったんだよ。まずはよ、家を出る直前に組んだUミカファデッキあるだろ、ショコドラ入れたやつ。デブリザードを召喚してフレイムフィールドを張る。アタックステップ、ネオ・アークでアタックだ」

美夕「やっぱりギリギリまで組んでたんですね……」

真魚「案の定ね。ライフで受けるわ(5→4)。効果でドロー[グラント・ベンケイ]

「でな、やっぱり初戦は遊ぼうと思ってそれでいったのよ。地方は負けても精々数分の並び直しで済むからな。そうしたらやっぱり白紫と当たってな。デブリザードでアタック。あまりにも早々と負けたからこれはもう一戦行っても大丈夫かなと思ったから次も使ったんだよ」

真魚「ライフ(4→3)。大樹の効果でドロー[アルティメット・モノケイロス]

明日美「それでどうしたんですか?」

「何故か白紫に当たらずひょいひょいひょいっと三連勝しちまってな、そのままレベル2よ。そこからはもう地獄だったね。ターンエンド」

真魚「そりゃ速度で勝てないのばっかりだもんね。コア、ドロー[アルティメット・モノケイロス]、リフレッシュ。マッチュラを召喚するわ。しかもデッキチェンジもできないんでしょ? 終わりでしょ」

「デブリザードを捨てる」

美夕「速度で勝てないっていうのがわかってますからね」

真魚「Uモノケイロスを召喚するわ。バースト(ベンケイ)アタックステップ、Uモノケイロスでアタック。アルティメットトリガー・ロックオン」

[ダークマター・ドラゴン]4、ヒットだ」

真魚「Uガロウを召喚するわ」

明日美「デッキチェンジができないのは厳しいですね」

「そうだろ? そう思うだろ? そのアタックはライフで受ける(5→4)。様々な方法でこちらの軽減削ってくるからどうしようもなくてな」

真魚「ターンエンドよ」

「コア、ドロー[アルティメット・ドラグサウルス]、リフレッシュ。UヴルムをLv4で召喚。アタックステップ、Uヴルムでアタックだ。トリガーロックオン」

真魚[スタークレイドル]3、ヒットよ」

「じゃあネオ・アークの上のコアを使ってブレイヴデストラクション、マッチュラを破壊だ」

真魚「オッケー、Uガロウでブロックせざるを得ないわね。なにもなければ破壊されるわ。よく心折れなかったわね」

明日美「折れても選択肢がありませんでしたからね」

「ターンエンド。それがよ、3戦に1回ぐらいは白紫以外と当たってな、その時にぽんぽんと勝っちまったから実は結構早かったんだよな、7番手にして7勝卓入れたし」

美夕「確か番号札って16番から小さくなっていくんでしたっけ?」

明日美「明らかに環境に不利なデッキでそれは随分運がよかったんですね」

「俺もそう思う」

真魚「どこが地獄なのよ。コア、ドロー[アルティメット・アメンボーグ]、リフレッシュ。すんなり通れてるじゃない。サルトベ召喚」

「そうは言うがな、実際やってる人間にとっちゃかなりの苦痛だぞ。これで手札0だ」

真魚「アタックステップ、Uモノケイロスでアタック。アルティメットトリガー、ロックオン」

[絶甲氷楯]4、ヒット」

真魚「UアメンボーグをLv5で召喚。でもさ、すんなり通れたわけでしょ?」

「7勝卓で紫に当たって負けるところまでセットでな。ライフで受ける(4→3)。結局紫と白紫に1勝もせずに7勝卓終わったぜ」

明日美「それもまたすごい戦績ですわね」

真魚「ターンエンド」

「コア、ドロー[エクス・ムゲンドラ]、リフレッシュ。エクス・ムゲンドラをLv2で召喚してUヴルムをLv5に。アタックステップ、Uヴルムアタック、トリガーロックオン。それで次は色んなデッキを使おうと思ったのよ」

真魚[トライアングルバースト]3、ヒット。サルトベでブロックするわ」

「ターンエンド」

美夕「招雷とか詩姫とかですか?」

真魚「コア、ドロー[大地茂る大樹]、リフレッシュ。大樹を張ってUモノケイロスをLv5に上げてターンエンド」

「詩姫は致命的な欠点があってな、使えなかったんだ。コア、ドロー[ダークマター・ドラゴン]、リフレッシュ。エクス・ムゲンをLv1に、UヴルムをLv3に。ダークマターを召喚し召喚時効果でダークマターを回収、そのまま召喚してネオ・アークを回収、そのネオ・アークを召喚してターンエンドだ。ボンバーハンマーにボンバーのサインもらってたからな」

明日美「ああ、サインをもらいますとそのカードは使えなくなりますからね」

美夕「それは仕方ないですね」

真魚「で、結局次は何が起こったの? コア、ドロー[スタークレイドル]、リフレッシュ。ハクビソードを召喚してUモノケイロスを召喚するわ。ターンエンド」

「招雷、デッキ破壊と梯子していって、次に使ったのが何だと思う? コア、ドロー[赤き黎明の空]、リフレッシュ。黎明の空をLv2で配置、ネオ・アークとエクス・ムゲンをLv2に、UヴルムをLv4に。アタックステップ、Uヴルムでアタック。黎明の空で1枚ドロー[ムーンボウ・ドラゴン]、トリガーロックオン」

真魚[トライアングルバースト]3、ヒット。そのアタックはLv3のUモノケイロスでブロックするわ。そのまま破壊」

「ターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[ハクビソード]、リフレッシュ。Uアメンボーグでアタックするわ。アルティメットトリガー、ロックオン」

[アルティメット・ガイ・アスラ]8、ガード。そのアタックは……ライフで受けよう(3→2)

真魚「さらにUモノケイロスでアタック、アルティメットトリガーロックオン!」

[ダークマター・ドラゴン]4、ヒット。なにもなければデブリザードでブロック、破壊される」

真魚「ターンエンドよ」

明日美「それで結局、次は何を使ったんですか?」

「コア、ドロー[ムーンボウ・ドラゴン]、リフレッシュ。ムーンボウを2体召喚、UヴルムをLv5に上げてアタックステップ、Uヴルムでアタック。黎明の空で1枚ドロー[リューマン・クロウ]、トリガーロックオン」

真魚[ツクシンモア]6、今度はガードよ。ハクビソードでブロック、なにもなければスタークレイドル、疲労もしないし手札に戻らないけどコストはハクビソードの上から取って自壊させるわ」

「次に使ったのがな、たまたま手に取ったベヒモスデッキなんだ。エクス・ムゲンでアタック、1枚ドロー[生還者ネオ・アーク]。昨日ボンバーとベヒモスについて語ったのが影響したのかな」

真魚「……仕方がない、ライフで受けるわ(3→2)。大樹の効果で合計2枚ドロー[グラント・ベンケイ][忍者サルトベ]、バーストでベンケイ発動、手札を捨てて」

「クロウを捨ててネオ・アークでアタック、アタック時効果でドロー[エクス・ムゲンドラ]

美夕「ベヒモスデッキって、詩姫ブースターのときにソロウィング入れたっきりじゃありませんでしたっけ? 」

明日美「デッキパワーが圧倒的に違いますね」

「何よりもな、午前に使ったUミカファデッキ同様軽減確保しなきゃいけないのに白紫にあっさり飛ばされるのよ」

真魚「ライフで受けるわ(2→1)。大樹の効果で2枚ドロー[マッチュラ][ツクシンモア]

「それでな、何を血迷ったのか、それでうっかり3勝目とっちまったのよ。そこからは真の地獄よ。ムーンボウでアタック」

真魚「なにもない、ライフで受けるわ(1→0)

明日美「デッキ交換が利かないっていうのが辛かったでしょうね」

「それもあるが、出かける直前に組んだあれやこれやを回せなかったのが辛いんだ。本当になんで変なデッキ使ってるときほど勝ち上がっちまうんだ」

真魚「本当、そのギリギリになればなるほどデッキ組みたがる癖いい加減やめなさいよ」

美夕「作者さん、夏休みの宿題は出たその日に片付けるタイプなのに、これといった目標がないときは時間がない時ほど燃え上がりますよね」

明日美「時間が迫っていると何かをせずにはいられないタイプなんですね」

「まあそれはいい。結局午後いっぱい時間を掛けてようやくベヒモス地獄を突破して、とりあえず憂さ晴らしでダーツ10連続で憂さ晴らしして反逆者引換券を大量にゲットしたあとUアスラと、締めにペンタンで勝って終わったよ」

真魚「憂さ晴らしにダーツ10連続って……」

「いや以外とこれが馬鹿にできたもんじゃないのさ。投げる間隔が短ければ短いほど赤い部分に安定して当てられるからな、赤い部分目指して飛ばす感覚が残ってるから」

明日美「次はMAXで雪辱を晴らしたいところですね」

「まあ地獄は見たけどかなり充実した時間だったからその辺はいいんだけどな。ところで今回初めての試みとして、某動画サイトに上げられてる対戦動画みたいに、バトルと雑談を同時進行してみたんだがどうだろう?」

真魚「うん、死ぬほど見辛いと思う」
[PR]
by mma-island | 2014-03-16 23:45 | バトスピ部 | Comments(0)