MMA ISLAND

ブログトップ

第124話「今そこにある危機SP」

「つい最近よ、ガスボンベ爆破事件ってあっただろ?」



美夕「ありましたね」

真魚「相も変わらず本当に唐突ね、あんた」

「あれがあった現場って、尽く俺がよく行ったり目の前通ったりする場所ばかりなんだよな」

明日美「その割には容疑者さんが捕まって初めて事件のことを知りましたよね?」

「なんというか、事件があった時期は偶然その付近を全然通らなかったんだよな」

美夕「でもよかったですよ、巻き込まれずに済んだんですから」

「それからにこさうんどだっけ? あれのサイトの運営者が捕まった事件あっただろ。あれも俺がよくうろついてる区なんだよな。つまり自転車で30分圏内に犯人がいたってことになるわけだが」

真魚「近場で事件起きすぎでしょ、あんた」

明日美「ひょっとしたら犯人さんの家の前を通ってたり、本人さんと通りすがっていたりしていたかもしれませんね」

「さあ、そんな恐ろしい場所からお送りしております今回のバトル、対戦相手は誰かな~」

真魚「繋ぎ強引過ぎでしょ」

「はい、なにも聞こえません。(ダイスを振る)美夕と……って、また俺か!?」

明日美「不正ですね」

真魚「不正ね」

「なんでだ!?」

美夕「不正なんですか?」

「美夕までそういうこと言うな! まあいい、ダイスの神様が言うんだったらしょうがないよな」

真魚「まるで罰ゲームに赴くみたいね、あんた」



真魚「美夕は[占いペンタン][ソロウィング][占いペンタン][アルティメット・アンプルール]ね」

明日美「作者さんは[天使の舞い降りた場所][アルティメット・ミカファール][生還者天使メイル][シンフォニックバースト]ですね。これは、CSで使ったというUミカデッキでしょうか?」

真魚「さぁね~。美夕はちょっと事故り気味ね。次のドローでマジック引いてこれるといいんだけど」

「じゃ、偶数だったら俺の先攻だ。(ダイスを振る)3、美夕からだ」

美夕「はい。ドロー[執事ペンタン]です。執事ペンタンを召喚してターンエンドです」

「コア、ドロー[ディーバメドレー]。天使の舞い降りた場所を配置、ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[夢幻の天剣トワイライト・ファンタジア]、リフレッシュ。えっと、占いペンタンを召喚します。召喚時効果は使いません」

「ないんだな」

美夕「うう……アタックステップに入ります。執事ペンタンでアタックします」

「ライフで受ける(5→4)

美夕「ターンエンドです」

「俺のターン。舞い降りた場所の効果でシンフォニックバーストをオープン、1枚ドロー[グリムの天使シンデレラ]。コア、ドロー[鳥竜エルドゥーム]、リフレッシュ」

明日美「おや?」

真魚「なんかいきなり怪しいものが見えたんだけど……」

「バースト(シンデレラ)をセット、メイルをLv2で召喚してターンエンドだ」

美夕「私のターンです。コア、ドロー[聖騎士ペンタン]、リフレッシュです。ファンタジアを召喚します。アタックステップです。ファンタジアでアタックします」

「ライフで受けよう。バースト発動、シンデレラをLv2で召喚だ」

美夕「あうう、ターンエンドです」

「スタートステップ、ディーバメドレーをオープンしてドロー[ラウンドテーブルナイツ]。コア、ドロー[天使の舞い降りた場所]、リフレッシュ。ん~、流石にこれは待ってられないな。メイルをLv1に下げ、UミカファールをLv4で召喚。アタックステップ、Uミカでアタック。アルティメットトリガー、ロックオン! [ショーグンペンタン]ヒット!」

美夕「えっと、フラッシュはないです」

「Uミカの効果でディーバメドレーを使用、トワイライト・ファンタジアをデッキボトムに戻す。そいつが一番厄介だからな」

美夕「あうう……」

「UミカのUトリガーの効果、美夕のライフを1個リザーブだ」

美夕「はい(5→4)

「美夕のライフが減ったのでシンデレラの効果で今トラッシュに落ちたディーバメドレーを回収する。続いてシンデレラでアタックだ」

美夕「ライフで受けます(4→3)

「ターンエンド」

美夕「コア、ドロー[聖騎士ペンタン]、リフレッシュです。えっと、このままだと怖いのでUアンプルールをLv5で召喚します。ターンエンドです」

「スタートステップ、ディーバメドレーをオープンして1枚ドロー[ムゲンドラゴン・ノヴァ]。コア、ドロー[フォビドゥングレイヴ]、リフレッシュ。ムゲンノヴァをLv2で召喚。アタックステップだ。Uミカでアタック。アルティメットトリガー、ロックオン! [占いペンタン]ヒット!」

美夕「えっと、フラッシュはありません」

「ならばUミカの効果でディーバメドレーを使用、執事ペンタンをデッキの下に。そしてライフを1個リザーブだ。ライフが減ったのでメドレーを回収」

美夕「仕方ないですね、Uアンプルールがやられるよりは(3→2)。そのアタックはライフで受けます(2→1)

「ムゲンノヴァでアタックだ。効果で1枚ドロー[ディーバメドレー]してBP+4000だ」

美夕「Uアンプルールでブロックします。フラッシュタイミングにサンダーウォールを使用します」

「持ってたか、じゃあしょうがないムゲンノヴァは破壊だ。ターンエンド」

美夕「コア、ドロー[執事ペンタン]、リフレッシュ。えっと、もうこれしかないですね。アタックステップにはいります。Uアンプルールでアタックします。アルティメットトリガー、ロックオンです」

[アルティメット・プラズマ]ガード、気持ちいいぐらいちょうどいいところで出たな」

美夕「あうう……そこでヒットしないならお手上げです、投了します」



「美夕にしてはデッキの回りが酷かったな」

美夕「そうですね、ペンタンなのに踏み倒しが全然きませんでした」

真魚「あんたのデッキも結構事故って……って言っていいのかしら?」

明日美「Uミカファールデッキとしてはいたって普通に回っていましたね」

「そうなんだよな~。大人しくドゥーム連中待つよりUミカデッキとして動いた方がいい手札だったし」

明日美「そういうデッキコンセプトではなかったんですか?」

「いやまあそうなんだが、ドゥームデッキとして戦いたかったな~って」

真魚「気持ちはわからんでもないけどさ」
[PR]
by mma-island | 2014-05-21 01:30 | バトスピ部 | Comments(0)