MMA ISLAND

ブログトップ

バトスピ研究所第85回「眩き究極の王者全カード雑感」

そういやこれまったく書いてないことに気付いた。



とりあえず新カードのみ。

アルティメット・ブレイドラ
Uクレイオを超えて現状最低コストのアルティメット。
こいつの主な役割は、コンボによる変則的なものを除けば軽減稼ぎ。
金軽減の確保やアルティメットが必要な召喚条件も楽に満たせるようになる。
最低限の壁にもなり裏蠍座も回避できるので投入はデッキ次第だがリターンは大きめ。

アルティメット・ソードマスター・ドラゴン
絶対ライフを奪うマン。
真・激突を持っているため特に工夫も要らずブロックを強要でき、仮にスピリットでなくてもトリガーを打てるレベルになれば大抵のアルティメットにも当たり負けしない。
ダブルヒット効果は微妙なものの普通のトリガーが2回ヒットした時点で十分な効果は得られているのでまあ妥当なところか。

アルティメット・ソウルホース
アルティメット・セッコーキジ
アルティメット・イグア・バギー
進化元を踏襲し金シンボルをハイブリッドシンボル扱いできる。
メインステップのみなのだが展開補助としては十分すぎるほど。
トリガーは全然ヒットさせる気がないせいか低コストながらそこそこの効果。

アルティメット・ドン・ディエゴッド
元のドンディエ同様デッキ破壊とコアブを封じれる。
アルティメットを除去できる効果が少ないため置物としての安定性は高い。
トリガーはまずヒットすることはないだろうが効果自体はかなり強め。
紫は黄ほどではないがコストを弄れるため狙ってやれないことはないが。

アルティメット・グラント・ベンケイ
ハンデス特化のアルティメット。
バーストからの召喚条件は緩いもののそこからハンデス効果に持っていくための条件が厳しく、トリガーを使えるまでの維持コアも高め。
ただ軽減もそこそこあるため緑のコアブ性能ならそんなに苦労せず条件を満たせるだろうが。

アルティメット・サンク・シャイン
無条件での疲労ブロッカーアルティメット。
アルティメットの耐性もありかなり頼れる存在なのだがその分BPが自重しすぎるレベルで低い。
白はアルティメットのBPを増やしやすいとはいえちょっと物足りない。

究極元帥アルティメット・レイ・ザウラー
攻守共にスピリットには極端に強いアルティメット。
アタック防止効果ももちろん強いのだがアタック時のトリガーが回復状態でも問題ない代物なのであとは相手の場のアルティメットにだけ気をつければ安定して場を制圧し続けれるだろう。

アルティメット・ヒポグリフィー
相変わらずのアンブロッカブル効果を持ち、大元のコストが上がってる分Lv3から行えるため安定はする。
トリガー自体は条件の絞られた回収なのでまあ役には立つか。

アルティメット・タマモノイン
スピリット、アルティメット両方にかかるアンブロッカブル効果を持つ。
まあどちらも条件は緩く扱いやすいが、ほとんど専用構築になるだろう。

アルティメット・シー・サーペンダー
召喚時効果は破壊対象が合体スピリットオンリーとなり弱体化。
アタック抑止効果はトリガーヒット前提だが範囲も広がりそこそこの打率はあるためある程度は信頼がおけるか。

アルティメット・ゴルディアス
お馴染みのトラッシュ利用封じは相も変わらず自分も縛るためどのデッキにも入るというわけではないのは変わらない。
トリガーはとにかく使いやすい破壊効果。
ダブルヒットすれば3体一気に破壊でき、そのダブルヒット自体もかなり起こりやすいため場を荒らす能力は相当高い。

アルティメット・オライオン
トリガーヒット時の破壊範囲は相当広いものの、召喚条件が厳しい。
Uノヴァはサポートネクサスのおかげでその条件の重さをクリアできていたが、こちらは青だと展開がしやすい強化闘神ぐらいか。
とはいえ強化闘神において強化も乗らずクリティカルヒット限定のデッキ破壊を入れる余裕もなく、コストも重め。
軽減も少ないためスピリットソウルの恩恵も受け辛く召喚時効果のみのため専用構築をするほどの甘みもないのはなんとも。

究極の爆炎アルティメット・バゼル
バースト効果にかなり強力な副次効果がくっついてるため進化前よりバースト召喚をしたい欲求との戦いとなる。
発動させるバーストは種類を問わず、しかも即座にリロードされるため補助を入れなくても次に繋げやすい。
その代わり回復やブレイヴによるシンボル追加という爆発力はなくなっているためバゼルよりもバースト効果への依存度が高く、その分拡張性がかなり広い。

骸皇アルティメット・ギ・ガッシャ
系統を指定するが0コアでもスピリットを維持できるルール変更効果を持つ。
召喚条件からなにまで無魔専用となっているので専用構築には困らない。
8コストではあるが召喚時のコストは一気に下がるため召喚も容易なので特に死角はない。

アルティメット・オニクワガー
アタック時にあっさりと回復できるためアルティメット自体の耐性もあり序盤の切り込み役として最適。
トリガーも5コストとはいえクリティカルは非常に出やすく、序盤に一回出もクリティカルが出れば御の字なので積極的に殴っていきたい。
BPは低めなので中盤以降はパンプ手段がなければ適当な中コストアルティメットにも当たり負けしてしまうのが残念。

アルティメット・トリックスター
とにかく回収効果に特化したアルティメットで、召喚条件や金軽減の多さから他の色にも問題なく入ってしまう。
クリティカルヒットはなかなかに強力なのだがこちらを主軸に添えるのにはトップ操作でもないと安定せず、こちらを主目的で投入するよりは普通に強いアルティメットを入れた方がいいだろう。


さあ、全然間をおかずに05がくるよ。
[PR]
by mma-island | 2014-08-05 02:49 | バトルスピリッツ | Comments(0)