MMA ISLAND

ブログトップ

バトスピ研究所第87回「アルティメットバトル05全カード雑感その2」

猫が一匹増えました。





メカオコ・ジョー
バーストをセットしている限り破壊に対しては無敵の耐性を得られる。
戦闘破壊にも対応しているためスペックは物足りないが優秀な壁になってくれるだろう。

リーディング・オリックス
スピリットソウル及び白の不得意なドロー効果を持たせる。
ただし白紫のような邪道ではなく白単でこそ進化を発揮できる条件になっている。
後攻1ターン目からならLv2で置けるためすぐにドローできる。

メカトリス
除去効果を持つ主な色の超装甲を持ち機獣をサポートする1枚。
エンドステップの全回復はもはやお約束。

運命合神ノルン
三姉妹が合体したスピリットなのだがコアブ効果はアルティメットがいないと発揮できず、超装甲も三姉妹を並べないと持つことができない。
三姉妹の合体した姿というより三姉妹が合体するためのコアユニットといった感じが適切かも。

ストライクヴルム・レオ・リバース
レオ友の量産型で、回復条件は受身なものとなっている。
BPが少々頼りないがバーストを伏せれば合体していなくてもそこそこのBPは出せるため当たり負けはあまりしないだろう。

ノイジーレイヴン
三羽烏の魂のスピリット。
こいつはバーストで呼び出しやすい分こいつ自体がフィニッシャーになることはない。
あくまで場を有利にするための要素といえる。

重巡機ピーコックルーザー
白のいつもの踏み倒しバースト。
系統は指定されているものの最大3体、アルティメットすらも召喚できる。
デッキが専用のものとなるがファウストと違い特に破壊される対象に指定がないのが嬉しいが、白でしかも機獣縛りとなるとアルティメットの召喚条件を満たしたままこのバースト効果を発動させられるかどうかに不安がある。
もう一つの効果はまあおまけ程度に。

タンク・モービル・マウス
超弩級戦車が登場。
コストは高いもののバースト効果であっさり登場できるので重さ自体はそんなに気にならないだろう。
ただ素の効果自体はアルティメットの効果破壊に対する耐性のみでシンボルも一つなのでいまいち物足りない。

アルティメット・ジェロニモンド
Uトリガーは地味ながらも、トリガーカウンターマジックによるカウンター除去を防いでくれるのはそれだけでありがたい。
そのためか他のデッキ破壊メタサイクルと違い5コストなのでトリガーもヒットさせやすくなっている。
基本的には置物。

鋼極天ゴールデン・バッファロー
白のUハンド持ち。
おそらく絶甲の問題で他の色に出張させ難いように6コスト。
一応コスト負けしないようにブロック時効果はバウンス耐性のないスピリットにはやたら強い壁となる。

ジグザール鋼鉄草原
デッキを機獣で固めないと最初の効果自体は成功が見込めずただの手札公開状態となってしまう。
その分ブレイヴも対象になるのでうまく回ればコア不足を解消できる。
Lv2効果はタイミングからいって防御のときがほとんどだろうが破壊後バーストを使ったりバゼルで強引に発動させるのもありだろう。

ミストバラッジ
アルティメットにも対応するようになった防御マジック。
バーストの手間はかかるもののアルティメットからのダメージを防げるのはそれだけでも大きい。

シャットアウト
遅ればせながら登場した白のアタックステップ強制終了。
トリガーカウンターを持っているがどちらも使いたい効果なのでどっちをとるかで悩みそう。





カチカチウサギ
焼かれても手札補充で安心できる先出し様スピリット。
懐かしのミケネっぽい効果を持ってはいるが自爆では使えず、起こせるのも黄のスピリットのみと弱体化しているのは残念。

カチカチダヌキ
かちかち山スピリットの片割れ。
火をつけれるためか赤とのハイブリッドシンボルである。
スピリットソウルまでハイブリッドなので使いやすい。

歌姫マール
新顔の詩姫。
どちらのチームにもなれるので単純な頭数の確保もこなしつつパンプ効果まで持つ。
軽減が少ないところが玉に瑕。

訓練生ケープペンタン
並みのスピリットとのぶつかり合いじゃ優位に立てるようになってたペンタンデッキの悩みの種、アルティメットのブロッカーに対する回答がぬるっと登場。
これでトワファンをつけての突撃が元の安定性を取り戻した。
展開の合間にポンと置けるのも素敵。

プリンセス・ハチカズキ
バースト破壊に対するメタ効果で、全てのバーストマジックに破棄カウンターを仕込むことができる。
その分こいつを焼かれればそれまでだが相手の対応に一手間はさめなければならないだけでも十分仕事はする。
しかもレベルを上げれば破壊耐性がつくので単純な壁としても機能できるのがありがたい。

聖獣カイチ
想獣に条件付アンブロッカブルを持たせる。
ベヒモスを使えば全てのスピリットからブロックされなくなるが、それはすでにシダー等で解決できるためあまり恩恵はないか。

妖精学者サキア
デッキトップ操作とマジックサーチ、更に軽減の色変えとマジックを使うことに特化した能力。
ただ軽減の色を変えるタイミングがアタックステップのみであるため使い所は少々限られている。
ただ同色の中にも金軽減持ちのマジックが増えたのでその金軽減が黄に変わるだけでもそこそこの仕事はするか。

歌姫提督ミレファ
リメイクプリムアンジェの最後の一人。
重いコストは軽いバースト召喚効果でフォロー、さらには他の詩姫のシンボルを増やしてくれるため非常に高い瞬間火力を持つ。
今まで詩姫はBP含むパワー不足に悩まされてきたが少なくとも打点の面ではかなり強化されたといってもいい。

砲天使カノン
黄版のヤマトとでもいうべき存在。
破壊できる範囲はヤマトよりも狭いが、その分BPマイナス効果はそのまま返り討ちを狙うこともできる。
更にその後はBP0破壊を行える置物になってくれるためBPマイナス効果を全体的にサポートしてくれるのが頼もしい。

水極天プリンセス・オト
黄のUハンド持ち。
スピリットがいる限り破壊に対する耐性を持つため、アルティメットの特性も相まってある程度の壁もこなしてくれる。
そのためかBPが低めだがまあそこまで気にならないだろう。

アルティメット・ショコドラ
召喚条件はやや面倒なもののバースト召喚を狙いやすく、トリガーにより次々とアルティメットを展開することができる。
極龍オンリーではあるが破壊耐性も持っているためトリガーカウンターによる破壊から身を守れるのはありがたい。

遥かなる月世界
バーストを伏せるだけでシンボルが増えてくれる、軽減は多いが展開しにくい黄にはありがたいネクサス。
またLv2効果はウィングブーツのごとく相手を飛び越えてくれるのでバーストアルティメットデッキにちょこっと仕込むだけでもなかなかに侮れない効果になってくれる。

バブリーコンフューズ
久しぶりに出た、コアを自由に置き換えることができるトリッキーな黄らしいマジック。
バーストを伏せていれば更にダメージを防ぐことができるがそれを目的とするには少々コストが重い。
まあマジックの回収効果の多い黄なら仕方のないことだろうけど。

イマジナリーゲート
黄の大型を呼び寄せる、是非ともベヒモスデッキに採用したいナイスな効果。
バーストを破棄されても使えるので、あと気をつけたいのは発動不可効果ぐらいか。
フラッシュ効果は地味だが下げ幅が大きく軽減も多いためいざというときに役に立つだろう。





獣士オセロット
ついに青に待望の1コストスピリットソウル持ちが登場。
おかげで今まで他の色より数は多いのに0コスじゃ条件を満たせず涙を呑んだ次代アルティメットたちを召喚しやすくなった。
パンプ効果は本当におまけ。ただ1コストスピリットソウルというだけで相当な価値がある。

ツインネックハイドラ
新生を呼び出すだけで回収が可能な低コストスピリット。
効果自体も青には嬉しいコアブ効果を持っているためバンバン特攻アタックして使いまわしていきたいところ。

獣士コヨーテ
アタック時に手札入れ替え効果を発揮できるが、海帝国の秘法の効果のための能力。
よっぽどのことでもない限りスピリットソウルも持っているエクスドライアンの方が使いやすいと思う。

海賊隊長エドガー
低コストの招雷持ちをサルベージできるかなりイケメンな効果を持つ。
招雷経由で出せば下がっていかない限り対象となれる招雷持ちで召喚できるため、早いターンでこいつを含めて3回攻撃が可能となる。
余裕があればLv2にしてより殴りやすくすれば速攻で勝負を決めることも可能。

海賊参謀セーファス
召喚条件にややこしいことが書いてあるも、この発動条件を適当な闘神で満たせばあっさりと召喚できる。
招雷の範囲は上がる事も下がる事もできるため器用に立ち回ってくれる。
序盤中盤終盤問わず活躍できる性能を持っているのがありがたい。

獣士アムール
バースト効果はシンプルながら破壊範囲は相当広い。
その分効果自体は極龍サポートなので、そちらの効果も期待するとはいるデッキは限られてくる。
もっともバースト効果自体が強いし、サポート効果もマジックのトリガーカウンターや防御マジックを封じれるため、一度効果を発揮できればかなりの活躍が期待できる。

大海獣ステラー
かの巨大哺乳類を髣髴とさせる大型スピリット。
BPが低いものの軽減が非常に多く、Lv1から3回の強襲を行え、コスト参照ブレイヴのほとんどを身に付けられるためシンプルながら爆発力は高い。

クリスタルハイドラ
新タイミングのバーストを内蔵し、あっさり出てこれる上にダブルシンボルである。
他の効果はないが早い段階で出てくるダブルシンボルはそれだけで厄介な存在でもある。

アルティメット・エルギニアス
眩きに遅れて登場したハイブリッドアルティメット。
Uトリガーは少々控えめ。

獣極天ユキヒョードル
青のUハンド持ち。
1:1で4コストと6コストを割り振るためか特に理由もなく6コストである。
アタック時効果も海帝国の秘法込みの効果ではあるが、手札入れ替えとUハンドは相性のいい効果であることは一応間違いではない。

アルティメット・シーザー
下半身のナマモノが分離。
バースト効果は連鎖持ちに対するメタなので、現状連鎖を主軸にしている白紫や赤緑にはよく刺さる。
トリガーは懐かしいメインステップ飛ばしの効果を持っているが、ヒットはさせやすい代わりに1ゲーム1回という制限を持っている。
こいつのバースト効果なりで相手の場を荒らしてからトリガーを決めていきたい。

海帝国の秘宝
散々ドローメタ効果に苦しめられてきたのか、青二も手札保護効果がついに登場。
しかもLv2には手札入れ替え効果の枚数を減らし実質的なドロー効果に変える効果を持つ。
なにより4コストダブルシンボルネクサスというのはそれだけでありがたいもの。

スワロウテイル
トリガーカウンターを持ったストロングドロー。
効果自体は相手の効果を打ち消す程度のもので、手札入れ替え枚数も落ちている。
青は元々トリガーカウンターでの除去もそこそこ充実しているがバトル中が主であり、それ以外のタイミングでも対処できる数少ないカードである。

ゴルディアスウェーブ
色々と効果が盛り込まれた対合体スピリットマジック。
燕返しのように使うのがいいのだろうが、効果無効が必要な環境にならないとUハンドのこともあり燕返しの方が使いやすいだろうか。



Xレア

始甲帝
緑には珍しいライフ現象後バーストで出てこれるスピリットだがライフ制限が付いてるのが痛い。
その分ダブルシンボルかつフィールドを整えながら回復できる効果もあり爆発力は非常に高い。
バースト効果もあって相手のフィールドをこじ開けながら殴りこめるためあとはマジック・バーストによる防御手段をどう潰すかが問題か。

魔星機神ロキ
懐かしの可変装甲を持つバーストスピリット。
バースト効果はそこそこ強力で、かつダブルシンボル。
ただ出てきたら割りと置物になりやすいが、それでもバースト効果のプレッシャー自体はかなりのもの。

アルティメット・ムゲンドラゴン
ムゲンの最終進化系。
Wトリガー、そして新効果Uエナジーと、とにかくシンボルを増やすことに特化したアルティメット。
複数シンボルによるアルティメットのアタックというプレッシャーを押し付けて強引に殴り倒そう。

アルティメット・アーサー
ぽっと出てこれる割に効果自体はなかなかに強い。
バースト効果が発揮されればUトリガーで殴ってきたスピリットを返り討ちにしつつライフも奪えるという最高のカウンターを発揮できる。
バースト効果のボイド送りはなかなかに強力な効果ではあるがライフの制限があるため無理に狙わなくてもいいだろう。

アルティメット・セイリュービ
あの凶悪無比な効果である烈神速が帰ってきた。
とはいえスピリットの方と違い召喚条件が設定されており、その条件もかなり厳しいものとなっているため以前のようにどんなデッキにも入るというものではない。
強力であることは確かなのだがかなり使いにくくなっている。
烈神速があればそれでいいとばかりにトリガーの効果もBPも控えめ。

次代機獣ブリザ・ライガ
バースト効果がアルティメットとして非常に優秀で、バースト召喚から次のUトリガーを確定させてくれる。
ヒット時はライフに通れば更にもう一度殴れるためゴリゴリとライフを削っていけるだろう。

アルティメット・カグヤ
絶甲を思わせる非常に強力なバースト効果を持ち、黄の防御を更に固めてくれる。
もっとも確実にアタックステップを終わらせてくれるわけではなく、アルティメットのアタックは許してしまうためそれをどう止めるかにかかっている。
Uトリガーは変則的な効果ながら相手の行動を縛ってくれて、黄の他の条件付アンブロッカブルとも相性のいい効果となっている。
Lv1、3ならばブロックできず、Lv2ならば手札に戻されてしまうというジレンマで相手を縛るのはなかなかに楽しそう。

アルティメット・ドライアン
自身のレベルを変動させるという地味なトリガーだが、ダブルヒットすれば無制限に起き上がれる。
そのため二つレベルを上げて高いBPでダブルヒットする限り何度でもアタックできる切り込み役となれる。
他のアルティメットのレベルも引き上げることができるが、素でレベルを上げないとこいつのアタック時のみの一時的なものという結果になってしまう。
レベルを上げることで直接バトルしていない間もサポートを発揮できるアルティメットと組めばいいのだが同じ極龍以外だと対象が少ないのが玉に瑕。




今回光物どれも強くてパック買いが捗るね。
[PR]
by mma-island | 2014-08-08 02:56 | バトルスピリッツ | Comments(0)