MMA ISLAND

ブログトップ

第127話「週回遅れSP」

「一気に涼しくなってきたな、最近。早くも窓全開で扇風機つけてたら寒いと感じるようになったぞ」



明日美「その分お天気が不安定ですね。作者さま、今月だけで何度不意討ちの雨に降られましたっけ?」

「正直数えたくないな~。夏なのに連日のように身体温めるために帰宅後シャワーに直行したのなんて初めての経験だぜ」

真魚「そんだけ雨降られて傘持っていかないの、逆にすごいと思うわ」

「傘は持ち歩いてたぞ。だが自転車乗りながら傘さすとか非常識だろ」

真魚「じゃあ雨合羽でも着なさいよ!」

「まあそれはさておき、だ」

真魚「流された……」

美夕「でも作者さんってあまり風邪引かないですよね」

「小学校の頃は結構頻繁に引いてたけどな」

明日美「風邪に限らず、作者さまは妙なところで丈夫ですからね」

「小さい頃は、ちょっと珍しいの食べただけで蕁麻疹できたりアレルギー関係で入院してたりしてたな、そういえば。あと丈夫といえば、一度も虫歯になったことないな」

真魚「ないの? 結構色々食べてたりするのに?」

「ああ、まったく。だから虫歯の痛みとか全然ピンと来ないんだよな、漫画の中の出来事みたいなもんよ。小さい頃乳歯抜く時に毎度言ってた歯医者から「よくこれで虫歯にならないよね」とか言われたからな」

真魚「よっぽどね、それって」

「さ、俺の昔語りはこれまでにして、バトルいくぞ~。(ダイスを振る)俺と美夕か」

美夕「最近よく当たりますね」

「そういえばそうだな」



真魚「美夕は[アルティメット・リーン][勇神将オウ・リュート][星見の観測所][イリュージョンミラー]か」

明日美「作者さまは[龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード][エクス・ドス・モンキ][煌炎の神剣][煌炎の神剣]ですねぇ。ヤマトがいれば、まあ安心でしょう」

真魚「黄は直接スピリットをどうこうできる効果がないから厳しいわよね~」

「じゃ、偶数だったら俺の先攻だ。(ダイスを振る)6、俺からだな。ドロー[エクス・ワン・ケンゴー]。神剣を配置、バースト(ヤマト)をセット、神剣の効果でドロー[生還者ネオ・アーク]。ターンエンドだ」

美夕「私のターンです。コア、ドロー[星見の観測所]です。観測所を配置してターンエンドです」

「コア、ドロー[アルティメット・アーサー]、リフレッシュ。ネオ・アークを召喚、続いてエクス・ワン・ケンゴーを召喚。アタックステップだ。ワン・ケンゴーでアタック」

美夕「えっと、ライフで受けます(5→4)

「続いてネオ・アークでアタックだ」

美夕「それもライフで受けます(4→3)

「ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[アルティメット・ショコドラ]、リフレッシュです。観測所をもう一枚配置して、アルティメット・リーンを召喚します。ターンエンドです」

「コア、ドロー[アルティメット・ロード・ドラゴン]、リフレッシュ。ん~、11000は突破できないんだよな。ってことでアルティメットロードラ召喚してターンエンドだ」

美夕「なんとか助かりました。コア、ドロー[イマジナリーゲート]、リフレッシュです。アルティメット・リーンをLv4に上げて、アルティメット・ショコドラをLv4で召喚します。観測所を2枚ともLv2にしてアタックステップです。アルティメットリーンでアタックします。Wトリガー、ロックオンです」

[究極の爆炎アルティメット・バゼル][極覇龍アルティメット・ヤマト]2枚ともガードだ!」

美夕「あうう……」

「その一撃はライフで受けよう(5→4)

美夕「ドローできませんでした……ターンエンドです」

「コア、ドロー[絶甲氷盾]、リフレッシュ。UロードをLv5に、ネオ・アークをLv3に上げてアタックステップだ。Uロードでアタック。アルティメットトリガー、ロックオン!」

美夕[シンフォニックバースト]ヒットです。ここでトリガーカウンター、イリュージョンミラーを使います」

「ぐっ、これでこっちのライフが減ることになるわけか。ならバースト張り替えはしない」

美夕「そのアタックはライフで受けます(3→2)。バースト発動、イマジナリーゲート。手札のオウ・リュートをLv2で召喚します」

「これで特攻で削ることもできなくなったか。ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[シンフォニックバースト]、リフレッシュです。UリーンをLv5に上げてアタックステップです。Uリーンでアタックします。Wトリガー、ロックオンです」

[黒骸竜シャドルガー][炎極天リューマン・バースト]シングルヒットだ」

美夕「それではトリガー効果はエクス・ワン・ケンゴーを指定します。観測所2枚の効果で計2枚ドロー[アルティメット・ショコドラ][アルティメット・スフィンクロス]します」

「ライフで受ける(4→2)。バースト発動、ヤマトだ。オウ・リュートを破壊して、UロードをLv3に下げてヤマトをLv3で召喚」

美夕「ターンエンドです」

「コア、ドロー[黒骸竜シャドルガー]、リフレッシュ。ん~……よし。バースト(Uアーサー)をセットして1枚ドロー[爆裂十紋刃]。神剣をLv2に、UロードをLv5に上げて、ヤマトはLv1だ。アタックステップ、Uロードでアタック、アルティメットトリガー、ロックオン!」

美夕[詩姫伯爵ココ]ガードです」

「くっ、読み違えたか」

美夕「とはいえUロードがいるとライフを2にもできないので……Uショコドラでブロックします。フラッシュタイミング、シンフォニックバーストを使用します。なにもなければUショコドラは破壊されます」

「ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[アルティメット・グリフィ・オール]、リフレッシュです。UショコドラをLv4で召喚します。えっと、この手札ですから……一か八かです。アタックステップに入ります。Uショコドラでアタックします。アルティメットトリガー、ロックオンです」

[エクス・ドス・モンキ]ちっ、ヒットだ」

美夕「UスフィンクロスをLv4で召喚します。続いてUスフィンクロスの召喚時効果でUグリフィをLv4で召喚します。維持コアはUリーンをLv3に下げて使います。そして観測所の効果で2枚ドロー[ディフェンスネビュラ][アルティメット・グリフィ・オール]します」

「フラッシュ、UロードをLv3に下げて絶甲を使用。そのアタックはライフで受ける(2→1)。Uアーサーを神剣Lv2の効果で条件を無視して召喚だ。スピリットはいないがな……」

美夕「止められました。ターンエンドです」

「コア、ドロー[煌炎の神剣]、リフレッシュ。バースト(十紋刃)をセットしてドロー[炎極天リューマン・バースト]、遅い。UロードをLv5に上げて、リューマン・バーストを召喚。アタックステップ、Uアーサーでアタックだ。アルティメットトリガー、ロックオン!」

美夕[ディフェンスネビュラ]ヒットです」

「アルティメット・ショコドラを破壊だ」

美夕「Uグリフィでブロックします。なにもなければ破壊されますが、よろしいですか?」

「ああ……」

美夕「ではそのまま破壊されて破壊時効果を使います。トラッシュにあるシンフォニックバースト2枚、イリュージョンミラー、ディフェンスネビュラ、イマジナリーゲートの計5枚を回収します」

「ぐっ、ターンエンドだ」

美夕「コア、ドロー[チェンジリング]、リフレッシュです。バースト(イマジナリーゲート)をセットして、UスフィンクロスとUリーンをLv5に上げます。アタックステップに入ります。ここはUグリフィでアタックします。アルティメットトリガー、ロックオンです」

[絶甲氷盾]ヒットだ」

美夕「観測所の効果で2枚ドロー[聖騎士ペンタン][アルティメット・スフィンクロス]します」

「こっちでブロックできるのはUロードだけ、しかもライフ残り1、ブロックするしかないか。で、フラッシュでディフェンスネビュラ撃ってトラッシュにマジック補充か?」

美夕「いえ、チェンジリングを使います。このバトルのBPはUスフィンクロスの数字で行います」

「なん……だと……?」

美夕「えっと、なにもなければUロードを破壊します。ターンエンドです」

「コア、ドロー[アルティメット・アーサー]、リフレッシュ。さあ、ここで現状をまとめてみよう」

・破壊後バーストも絡めて数で押そうとする→引きつけられた上シンフォニックバースト
・唯一BP勝ちできるUアーサーでコツコツ攻める→トリガーがヒットした時点でディフェンスネビュラが待っている、そもそも相手がUグリフィだけで殴ってきたら延々とマジック回収を繰り返される
・そもそも相手がUグリフィだけで延々と殴る→こちらが防げるのはLv5まであるアルティメットのみ
・そのまま攻め続けられれば基本的に場のスピリットが削れるか相手がマジックを回収するかのノーリスクアタック
・シンフォニックバースト2枚とイリュージョンミラーを構えられている時点でブロックされないダブルシンボルでの一発以外ではまず耐えられない

「……………………投了、していいか?」

美夕「あ、はい」



真魚「投了とかなっさけないわね~」

「じゃあどうするんだあの状況。だらだらと続くだけで本当に突破口がないぞ」

真魚「そこはほら、気合?」

「無理を言うな、無理を」

明日美「作者さま、いきなりだらしないですよ」

「ええい、味方はいないのか!?」
[PR]
by mma-island | 2014-08-27 01:19 | バトスピ部 | Comments(0)