MMA ISLAND

ブログトップ

バトスピ研究所第90回「アルティメットバトル06全カード雑感2」

来週のBFTはついに!

ついに!

ついに!

あいつらが動く!



七人の超将軍編とかあの辺りの機体がまさかアニメで動くところが見れる日が来るとはね~。
あ~、心が武者武者するんじゃ~!





シーホース・タンカー
ソードールがアルティメットを組み込む方にも対応したよ!
Lv2からにしたのは強すぎるから調整、ではなくオリックスに引っかからない状態を、最低限のコアで作るためでしょうね。

調査員エウロー
白らしく調査員に耐性をばら撒くものだが、そもそも効果を受けないという徹底ぷり。
まあ他の調査員と効果を共有するため「相手の」限定となっているため、ショゴルスとかつけてアイズ撃つとかはできないが。
それにこれから増えていくであろうアルティメットや、破壊されやすくなったとはいえまだまだ見かけるネクサスの効果は受けるのでほぼ気休め程度。

フォックセイバー
他のUトリガー反応効果としては一緒にくっついてる効果は地味。
その分効果は特定アルティメット限定ではあるものの、そいつの効果と相まって非常に強力なものとなっている。

英雄剣聖シグルド
召喚時効果は割りと強力。
召喚条件のあるアルティメットはこの効果の後に場の条件を排除してやると手札に01SSがないと再度出すのに余計なコストがかかってしまう欠点がある。
合体時効果は専用デッキを組んでもいいかもしれないぐらい面白い効果である。
闇紫剣のように自壊できる手段を積んでおいたり、光青剣のように強襲持ちと組み合わせたりとかなり夢が広がる。

シールドライノス
3色装甲とライフ保護効果という白らしい効果。
ライフ保護が合体時+Lv2維持3と辛いが、それ以上に複数シンボルが多くブレイヴを剥ぐ主な手段が集まる赤、回復効果を持つ青の色の耐性を持っているのがいやらしい。
まあ合体アルティメット自体は封じてないので中盤以降は合体アルティメット主体のデッキではほとんどお荷物になるが。

マラカイト・ドラゴン
究極編ではお馴染みの重量級甲竜。
ブロック時ライフ削りはあるもののBPはコストの割りに低めでパンプ効果自体は他のカードに頼るしかない。
その分合体すればBPの補強、疲労ブロックによる安定した攻めが追加されるため一気にパワーアップする。
しかも疲労ブロックは甲竜全体に効くためエンタープライズ等も活き易くなる。

六巨皇ディプロドックス
疲労ブロック効果を持つが、自前のBPは高いものの小回りの点ではマラカイトの方が圧倒的に優れている。
系統を何とか活かしたいところ。

剣聖戦機フレイ
ブロック時のBPパンプと無限ブロッカー、合体アタック時のバースト破棄と白の特徴的な能力を攻防で備えている。
しかし印象としてはどっちつかずで、無限ブロッカーの方は合体してもガードされる可能性がそこそこあるので絶対ではない。
合体する剣刃次第。

アルティメット・シリマナイト
元のスピリットの特徴と同質にして真逆の効果。
これにより合体してない奴は大抵がライフにダメージを与えることができない。
ただ維持コアの問題もあるにはあるが、それ以上にシリマナイトに比べ耐性がないため除去にはかなり無防備。

獅甲の盾レグルス
白のSS持ち剣刃。
他の2コスト勢と同様加算BPこそ少ないものの強力な耐性を持たせることができる。
消滅・バウンスには無力ではあるがジェネラルなどの召喚時効果による破壊等には耐えてくれるのがありがたい。
序盤の5コスト次代やマルチシンボルのアルティメットを保護するのに最適だろう。

星銃フォーマルハウト
召喚時効果は範囲こそ限られているもののその範囲もそこそこ広い。
合体時効果にいたってはメリットしかなく相性の良い個体も相当数いるのでそれだけで頼れる存在。

デッキマウンテン
縛る効果は重力炉とほぼ同じだが、その対象から自分の色と有効色が外れている。
書き方は変えているものの、要はアルティメットも縛れる重力炉。
Lv2はたまに出てくるアタックシフト効果。
ブロック時トリガーも発揮できるようになったものの、現状ではUシリマのみ。
いつものごとく合体時効果は対象じゃないのが歯がゆいところ。

ディメンションシールド
ウォールタイプのバースト効果を持ったデストラクションバリア。
合体していないという制限はついたものの、アルティメットにも対応するようになっただけで相当ありがたい。

ドリームブリザード
バウンス効果だけならばかなり燃費が悪いので、連鎖を中心に使いたいところ。
連鎖効果は最大レベルのヤマトが殴りに行けば止められる手段はほとんどないので、デッキ次第では強力な切り札となりえる。





ブーブラック
ようやく登場した黄の0コストSS。
系統が残念ではあるが天霊、想獣で変に強い0コストを出すわけにはいかないから仕方がないか。

魔法訓練生ケープペンタン
アルティメット嫌いのケープ勢。
破壊耐性と、回復するアルティメットに対する絶対的なメタ効果を持つ。
そしてバットンの超装甲黄をアルティメットにも与える効果はこいつのためにあったんだろうなと実感させてくれる。
なおロロにとっては「ペンタン」は役立たずの最上級活用らしい。まあロロの時代なら仕方のない解釈か。

天使ミスエル
黄の新効果である分散とそれを間接的にサポートする召喚時効果を持つ。
分散関係なくそこそこ強力な効果なので適当に使うだけでもいいか。

剣聖楽師オリヴィエル
剣刃限定ではあるものの召喚時効果を発揮できるという一風変わった効果を持つ。
もちろんコンボ要素は現時点でも多いのに、剣刃が増えるごとに幅が広がる。
トゥルースエデンを突き刺してアタックごとに手札の剣使や剣刃を増やしていくのもあり。
ブロック制限はまあおまけ。

天使マーチェル
単純な分散と、破壊耐性を持つ。
分散はバトル時ではあるがブロック時は破壊される可能性が高いため、この効果で保護すればブロック時の分散も使いやすくなるだろう。

六巨皇ジズ
黄の12コストサイクル。
黄の特徴としてアンブロッカブルはダブシンには強いと思ったのか、おまけのように付いてる生命。
まあスフィンクロスを絡めれば十分強力なんだけど。
ただ黄には12コストというと現在大活躍中の聖騎士という強力なライバルが。

剣聖天使モモエル
剣使アルティメットの中では、金星剣との絡みからかクリティカルヒットを持つ。
ただクリティカルの範囲がべらぼうに広いため金聖剣を付けなくても結構な確率でクリティカルするだろう。
連鎖メタは昨今脅威の白紫、赤緑に突き刺さるが、自身が耐性を持っていないため過信しすぎるのは危険か。

アルティメット・イーズナ
遅れてきた最後のマルチカラーアルティメット。
合体によりヒットしやすくなったトリガー効果は、Lv5まで到達しやすい維持コアのためなかなかに侮れない。

アルティメット・ベヒモス
とうとうアルティメットにまで進化したベヒモス。
アルティメットながら今までのベヒモスサポートも受けられるようになる常時効果を持っているため今までのベヒモスデッキに違和感なく入れることができるだろう。
Uトリガーもベヒモスらしい効果であり、後続のベヒモス軍団がアルティメットの妨害も受けなくなるのでかなりありがたい。

星霊杖スピカ
マジック踏み倒し効果を持つ、他の色に出張しても平然と戦えるカード。
使えるマジックのコストは限られているものの、アルティメットの効果として発揮するためマジックの耐性には意味を成さない。
それ以上にこのブレイヴが優秀なのは、トラッシュのマジックを低コストで回収できるところだろう。

金星神剣ヴィーナスサーベル
トリガーのヒットが強制的にクリティカルトリガーも誘発するという、黄らしい変化球だが強力な効果を持った惑星剣。
クリティカルの効果が強力だったり、範囲が狭い効果と尽く相性がよい。

リズミック音楽堂
スピリットソウルによるアルティメット召喚補助を無効にできるが、自身も被害にあってしまう。
Lv2効果は分散持ちを保護でき、手札の確保もできる。
維持コアが少々必要でネクサス依存のものだが効果自体は強力。

アブソリュートゼロ
黄らしい防御マジックで、シンボルを完全になくさせることでそのターンのアタックを無視できる。
トリカン効果もUトリガーを無効化することができるので適当に突っ込むだけで使い道がある。

ヘブンズパニッシュ
BP下降幅こそすさまじいが、そのための条件が厳しい。
どちらかのデッキトップをあらかじめ操作しておかないと成功率は低いし、このカードのコスト自体も高い。
ループでデッキを一巡させて相手のドローを丸裸に……自分のも丸裸になるか。
ガチンコジャおや? こんな時間に誰か来たようだ。





獣士スカイラーク
あれ? いつのまに青まで書いたんだっけ? 確か緑を書き終えて寝たところまでは記憶が……まあいいや。
名称獣士持ち、ネクサスが必要とはいえコアブもでき、そして一番重要なのは最小コストの剣使であるということ。
剣使が絡んだ効果(スピリングソードとか)を早々に発揮できるのはかなりの利点。

竜人職人ガガ
剣使のレベルを引き上げてくれる頼もしい職人。
ただし素手の剣使には興味がないようだ。

調査員ノルド
低コスト破壊を持ち、場を調査員で埋め尽くせば高コストスピリットすらも破壊できる。
まあそこまで展開できるかという問題があるが。

海賊砲手ハーヴィー
低コストの攻撃を止めてくれるナイスガイ。
招雷もLv2からではあるが6/8という優秀なコストをサポートしてくれる、どこまでもナイスガイ。

剣聖海獣ソードハイドラ
合体していないマルチカラーアルティメットや、UブレイドラにUクレイオを排除してくれる頼もしい剣聖。
効果自体はシグルドと同じ条件だが、こちらは連鎖持ちが相手にいないと意味がないので相手を選ぶ。

六巨皇アルビオン
青の12コストサイクル。
効果自体は単純で、ダブルシンボルの強襲はそれだけで強い。
ただし4コア乗せないと強襲できないし、ダブルシンボルの強襲はすでに招雷で出せて召喚時効果も強力な提督がいるためそちらに比べれば性能が大きく劣ってしまう。

鳥獣剣聖ペレグリン
3コストでUトリガーはUエルギニアスと同様なのだが、こちらはコアブも行える。
赤青強襲デッキだとこちらも相性がいいためUエルギニアスとの2枚看板も十分可能。
次代なので他の色にも簡単に出張できるのが特徴。

アルティメット・インペリアルハイドラ
アルティメットと化した伝説の海神。
Uトリガーは相手の大抵のアルティメットも破壊できるので相当強力で、その分発動させるための維持コストも大変なものとなっている。
相手に有効なトリカンがなければこいつだけで派手に場を蹂躙してくれる。

次代巨神ブライバー
Uレーヴェンと同様あっさりと招雷デッキに入ってしまうアルティメット。
招雷持ちの回収トリガーと、割と範囲の広いコスト参照破壊が強力。
ただし肉壁としての性能、つまり少ない維持コアでのBPはUレーベンよりも物足りない。

双刃リゲルエッジ
直接合体による手札入れ替えと、青のアルティメットの回復効果と非常に相性が良い合体時効果を持つ。
特にUドライアンはちょっと油断しているとあっという間に相手の場を壊滅させてくれることだろう。
単純に強襲持ちに持たせても強い。

水星神剣マーキュリーブレイド
アルティメット対応版のメイルシュトロムと呼んでもいい存在。
たいした効果がなくてもダブルシンボルの強襲はただそれだけで強力である。

剣帝眠る霊廟
バーストでのドロー手段というと赤と紫に多いが、そいつらをまとめて無力化してくれる。
ただし自分にも効果があるという、青にはお馴染みのでメリットもある。
Lv2効果はかなり強力。
たった2コアの維持コアで効果を発揮してくれて、対象である剣使も今回で低コストの戦力が増強したため相当強いことになっている。

ハンマーインパクト
青お得意のバーストを強制オープンさせる効果。
タッチ色バーストには通用しないが、それでも覇王編初期ほどではない。
一番厄介な壁は絶甲氷盾か。

インペリアルバースト
バースト効果はコスト参照になったUヤマト。
とはいえ5コスト以下だとまずUヤマトで焼けるため青のバーストというところが利点か。
あと手札が増えた時という、ライフが削られてない状態でも飛んでくるというのが奇襲性があるのだろう。
フラッシュ効果はシンプルに強いのだが、コストの重さが気になるところ。



Xレア

大天使サン・ダルク
新効果を持ったXレアスピリット、その分散バージョン。
分散3はそれだけでも強力なのだが、BPマイナス効果もバトル時なので普通に壁としても優秀で、バトル時発揮の分散のサポートとして申し分ない。
しかも分散持ちにはマジック踏み倒し効果も与えてくれると、システムスピリットとしても優秀な効果を備えている。

大剣聖イーグレン
大魔道士と頭に「大」がつく存在は大変偉大らしい。
剣使持ちを大量展開できる豪快な効果を持ち、連鎖でそれにつけるブレイヴまで回収できる。
出オチ要員だがダブルシンボル。
コストが非常に高いことが唯一の欠点か。

究極輝神アルティメット・オーバーレイ
大抜刀を持った大型アルティメット。
剣刃をダブルブレイヴできるため、コストを大きく伸ばすことも、トリプルシンボルになることも可能。
Uトリガーは体数自体はブレイヴ依存ではあるが他の条件はなく、サポートがあればアルティメッとまで無条件で焼けるため現状最強のアルティメット除去でもある。
効果自体は地味だが、一番大きな特徴はダブルブレイヴによりブレイヴの効果を組み合わせたカスタマイズ製にある。
Uブレイヴが増えれば増えるほど強くなるタイプ。

堕天騎神サターン
毒刃を持ったアルティメットで、それゆえ4コストながら毒刃2を持つ。
Uトリガーも直接ライフやスピリットを削ったりはしないが、ハンデス効果なのでその後の相手の動きも封じれる。
問題は4コストなのでトリガーを当てる気があるならば合体させないといけないというところか。
当てる気がなくても毒刃2とトリガーだけで一気に3枚相手のデッキを削れるのはいやらしい。

アルティメット・マンティス
緑を中心とした有効色の軽減を二種類持っており、Uトリガーもそれに関連した効果を持っている。
追加ダメージはとてもいやらしいもので、低コストのアルティメットですら当たったら実質のダブルシンボルとなる。
アタック時効果がシンプルな疲労といい、とにかくまっすぐぶん殴るデッキ向け。

アルティメット・グリフォン
白紫に対応したアルティメットで、召喚時効果もトリガーもかなり平凡。
まあアルティメットから外せるのはありがたいが。
だが目玉は合体時効果。
ガトリングトリガーとも呼ぶべき圧倒的な数のトリガーを発揮できる。
例えコア除去できなくても相手のデッキを紫シンボル分一気に削れるため、こいつ自身を除去されないか効果を消されない限り、1回や2回ガードされようと何の意味もない。
FT通り精神的に色々削っていくアルティメットである。

火星神剣マーズブリンガー
今回Xレア枠に放り込まれた惑星剣。
実質新しいクリティカルヒット効果をトリガーに与えるようなもので、複数のアルティメットで再度攻め込むことができる。
ウォール系効果を一回突破できる、生前の火星さんと同じ効果を持っている。
ヒットしたトリガー全てというくくりのためWトリガーより普通のトリガーの方が確実性は増すか。

蛇帝星鎧ブレイヴピオーズ
裏十二宮ブレイヴの13番目。
自分のライフを砕くことで相手のスピリットを破壊できる、究極の玉砕効果。
アルティメットすらも易々と砕けるほか、ライフ減少バーストも連鎖して発動できるためライフ3以下のバーストを連鎖発動しても面白い。
合体時は効果破壊でハンデスを誘発できるので、もしアタックステップで直接合体でこいつを出せば、召喚時効果で破壊した分のハンデスもセットで付いてくる。
コストが重いため単体ではいまいちだがいつでも相手の場を突き崩せる爆発力がある。




今回楽しいカード多いね~。
あとFTがまた面白い展開に入っていきそうで楽しみだ。
[PR]
by mma-island | 2014-10-23 22:59 | バトルスピリッツ | Comments(0)