MMA ISLAND

ブログトップ

第141話「疑惑の眼差しSP」

「先々週のことになるんだがよ、CATSを見に行ったんだよ、久しぶりに」



美夕「CATSって、劇団四季のミュージカルですか?」

明日美「そういえば今札幌の四季劇場で公演してますね」

「そうそう」

真魚「久しぶりってことは、前にも見たことあるの?」

「20年ぐらい前にな。しかもそのあと家族で出かけるごとに車のオーディオではCATSのCD流してたから、10年近く聞いてない今でもそらで全曲歌えるぐらい染み込んでるぜ」

真魚「それもそれですごい話ね」

「しかも父親が会員のおかげでな、俺は中央列前から3番目の一番端、舞台へのスロープの終着点の真横というなかなかいい席だったぞ」

美夕「無茶苦茶いい席だと思います、それ」

「舞台がゴミ捨て場なんだが、キーボードとかたま○っちとか、なかなか時代の流れを感じさせてくれたぞ。あと子供の頃はなんとも思わなかったけど男も女も全身タイツっていうのはなかなかこう、自然と視線を注ぐ位置が変わってくるな」

真魚「…………最っっ低ね、あんた」

「いや、冗談だからな。さすがに冗談だからな」

明日美「さあいつものようにオチがついたところで、本日の組み合わせ抽選に参りましょう。(ダイスを振る)作者さまと真魚さんですね」

真魚「よっし、性根叩きなおしてあげるわ」

「引きずらないでくれ、頼むから。で、お前は誰もしくはどのチームの推しデッキだ?」

真魚「あ。あたし普通のデッキで行くから」

「なんだって!? この裏切り者!」

真魚「別に裏切ってないから。あんたも普通のデッキ使っていいのよ」

「……いや、ここでデッキを変えるということは『詩姫じゃ普通のデッキには勝てない』というも同然だ。どんなデッキ相手だろうと戦ってやろうじゃないか!」

明日美「作者さまって変なところで意地っ張りですよね」

美夕「妙に頑固ですよね、時々」

「そこ、聞こえてるぞ!」




美夕「真魚ちゃんは[翼刃グライド][ホソアカクワガー][ブレイドパンサー][チワワンコ]ですね」

明日美「作者さまは[バブリーコンフューズ][歌姫カノン][ローラ・ビャクラン][ポロン・サジータ]、真魚さんは本当に普通のデッキですね」

美夕「でもどちらも攻撃力不足ですね」

明日美「どちらが先に決め手を引くか、楽しみですね」

「じゃあ奇数だったら俺が先攻だ。(ダイスを振る)5、俺からだ。ドロー[レオナ・ライクブーム]。ローラを召喚して、バースト(カノン)セット、ターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[ハクビソード]。まずはホソアカクワガーを召喚するわ。続いてブレイドパンサーを召喚。バースト(チワワンコ)をセットしてアタックステップ、ブレイドパンサーでアタック!」

「ライフで受ける(5→4)

真魚「ターンエンド!」

「まったく、あれじゃあバーストは飾りじゃないか。コア、ドロー[歌姫カノン]、リフレッシュ。ポロンを召喚、ターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[ブレイドパンサー]、リフレッシュ。ブレイドパンサーをLv4に上げてアタックステップ! ブレイドパンサーでアタックするわ」

「ライフで受けよう(4→3)

真魚「ターンエンド!」

「コア、ドロー[[グリーンバンビーナ]ラビィ・ダーリン]、リフレッシュ。ラビィを召喚し、ポロンをLv2に。アタックステップ、ラビィでアタック。マイユニットでポロンを並べ1枚ドロー[[オレンジスマイル]ラン・ブレイセア]、ホソアシクワガーに指定アタックだ」

真魚「なにもない、破壊されるわ」

「ターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[バインディングツリー]、リフレッシュ。いいわ、ちょっと気に入らないけどコツコツいってやる。アタックステップ、ブレイドパンサーでアタック!」

「ライフで受けよう(3→2)

真魚「ターンエンド!」

「コア、ドロー[天星鎧ブラン・ペガス]、リフレッシュ。よし、手っ取り早くいくか。レオナを召喚、ローラとラビィをLv2に上げてアタックステップ。ラビィでアタック、マイユニットでレオナを並べて1枚ドロー[[クリムゾンシューター]ポロン・サジータ]、レオナの効果で1枚ドロー[バブリーコンフューズ]だ」

真魚「ライフで受けるわ(5→4)。バースト発動、コアを増やして、ローラとポロンを疲労させてチワワンコを召喚するわ」

「ターンエンドだ」

真魚「コア、ドロー[翼刃グライド]、リフレッシュ。チワワンコをLv2に上げてアタックステップ、チワワンコでアタックするわ!」

「さすがにもう喰らってられん、ワンコとパンサーを指定、コアの移動はない。そのアタックでダメージは受けん」

真魚「ならもう一丁、ブレイドパンサーでアタック!」

「もう一発か……仕方ない、それは喰らおう(2→1)

真魚「ターンエンド!」

「コア、ドロー[グリムの天使ラプンツェル]、リフレッシュ。ランを召喚してアタックステップだ。まずはローラの効果でオンステージ、ローラをデッキボトムに送って手札のクリシューポロンをLv3で召喚、1枚ドロー[グリムの天使ラプンツェル]。続いてクリシューでアタック、レオナとランを並べてマイユニット、チワワンコとブレイドパンサーを破壊して、レオナの効果で1枚ドロー[ダイヤ・ルーン]だ」

真魚「ライフで受けるわ(4→3)

「続いてラビィでアタック。レオナを並べてマイユニット、1枚ドロー[ヒーリングメロディ]してレオナの効果で1枚ドロー[天星鎧ブラン・ペガス]だ」

真魚「むう……ライフで受けるわよ(3→2)

「では……よし、恐れることはない、ランでアタックだ」

真魚「フラッシュタイミング、グライドを召喚。そのアタックはブロック、なにもなければ破壊されるわ」

「まだまだ。ポロンでアタック」

真魚「フラッシュタイミング、グライドを召喚するわ。なにもなければブロック、そのまま破壊される」

「レオナで……アタックしてもBP増えてないから無駄死にする可能性があるな。ターンエンド」

真魚「さって、ラストチャンス。コア、ドロー[ハクビソード]、リフレッシュ。ん~、ここでデカイの引かなかったらどの道どうしようもないわね、投了よ」




「よしっ、ポロン2連勝!」

明日美「作者さまってそういう直感的な愛に走っている時は妙に強いですよね」

真魚「テンションだけで突っ走るバカって手に負えんわ、ホント」

「吐き捨てるように言わんでください」

美夕「次回からは東宝ですか?」

「そういきたいんだが……東宝って結局3色なんだよな。しかもこの中だと明日美が使う色ないんだが……」

明日美「その点はご心配なく。デストロイアさんがいらっしゃいますので」

「うんまあ、それもそうか」

真魚「明日美さん、ただでさえ毒刃以外なかったもんね」

明日美「ええ。ですので烈火伝で何かめぼしい物が出てこなければアスカさんのデッキとデストロイアデッキが主軸になるかもしれませんね」

「毒刃は文章だけだと地味に数の把握が面倒だしな」

美夕「そんなメタなことを言わなくても……」

[PR]
by mma-island | 2015-03-06 01:27 | バトスピ部 | Comments(0)