MMA ISLAND

ブログトップ

バトスピ研究所第98回「烈火伝第1章全カード雑感その2」

FETCGか。
興味は引かれるけど、私がプレイしたのSFCまでなんですよね~。
とりあえずナバールのアニキの性能次第。





・アシガルウォーリアー
まあ足軽だな、と。

・カッタースワロー
ヤイバードと同タイプのスピリット。
ただしこいつはヤイバードと違いソウルコアを乗せなくても最低限の効果は発揮できるという大きなメリットがある。

・機巧犬セタドッグ
単純に高いBPを発揮できる、序盤の壁。
とりあえず9000で立たせておけば大抵の相手は止められるだろう。

・機巧武者サイウン
全体パンプだけでも強いが、相手が攻めあぐねていればどんどんコアが溜まっていく。
単純に序盤を支えてくれる存在。

・源氏八騎 日数ディフェンダー
新たなシリーズ『源氏』の一体。
何気にBPが高いが、それ以上に重装甲を配る効果を持っている。
赤はないため1弾で始めの頃は他のカードで赤を付けないと結構焼かれるだろうが、全体耐性付与自体は普通に強い効果。

・吹雪御前
1弾に1体はほぼ出ていた時期が続いていたため、なんだか久しぶりに感じる氷姫。
オーシンやザントライのように手札防止効果を持ち、それしか持たない故に効果は相手ターン全体にかかっている。

・機巧将シグレ
後1からBP8000で立てる疲労ブロッカーで、ウィニーに対しても強力だが赤の真・激突軍団に序盤に荒らされる事もそうないだろう。
ソウルコアを乗せれば楽に打点を通せるようになるので、終盤のここぞというところではシンボル付きブレイヴでも乗せて殴りこもう。

・源氏八騎 薄金ストライカー
軽減こそ少ないものの、もはやお馴染みとなったお手軽バースト破壊効果持ち。
BP自体は少ないものの、ソウルコアが乗れば他の源氏が二回行動、それも妨害のタイミングがないバトル後回復なので他の源氏の登場を待とう。

・機巧将ギョウテン
アタック強制効果とはまた違う形で相手に攻めを強要できる効果を持つ。
直接相手の場をこじ開けていくので、早々に出して相手が中コスト以上のキースピを準備していくタイプのデッキには滅法強い。
またライフを削りやすいアルティメットの攻撃も割りと簡単に止めれるため、アタック強制効果やレイ・ザウラー等も駆使して攻めずに相手の場を壊滅させていくのも面白い。

・モロクリザード
なかなか高いBPの甲竜。
同コスト帯のアルティメット以上のパワーがある。

・砲獣機ライオメイル
ソウルコアの支払いの有無でスピリットかアルティメット、どちらかを一気にバウンスできる。
よく言えば状況による使い分けが可能だが、アルティメットの場合は召喚コストを支払わなければならないため踏み倒し経由では効果を使えないのが少々痛い。

・巨腕の機巧武者ラカン
一斉バウンス、疲労ブロック可能、ダブルシンボルととかく大味な偉丈夫。
雑魚を次々と誘惑して胸の中に沈めていくのでまだ相手の場が整っていない状況でこいつを出せば大層嫌がられるだろう。
まあもっとも、呼び寄せられるのは普段のBPで、アタック後にBPが増えるタイプには逆に討ち取られてしまうが。

・鎧戦車ヒッターカブト
超装甲付与ブレイヴ。
白と黄だけでは心許ないが、ソウルコアが乗れば大分安定したものになる。
赤と青に関しては結構持ってる奴がいるから白で使う分にはあまり問題ないだろう。

・鎧袖ファイター
召喚時バウンスの性能はまあまあ。
超装甲はヒッターカブトの穴を埋めるような色で使い勝手もそこそこ。

・No.1 ノースシーロード
北の辺境、試される大地、魔境、様々な異名を持つ1番目のネクサス。
その環境に慣れた者には力を与えるが、弱きアルティメットは満足にその性能を活かせる事はない。

・機巧城
今回の白の能力である、ライフが減らなかった時に恩恵を受ける効果を持つネクサス。
2枚ドローは非常に美味しいので相手はまずネクサスを砕くか、1点でももぎ取ろうと攻めてくる。
護れる自信があるとき、もしくはバーストで罠を張った時に貼るのが理想的だろう。
Lv2効果で簡単に場に数を増やせるので、相手からすればすぐさま叩き割りたいネクサスだろう。

・タイムリワインド
ネクサスをデッキの底に封印してしまうため、青の力でも再利用はできなくなる。
対ネクサス専用マジックだが、ソウルコアを使えば回復マジックにもなるので一応突っ込みやすい部類になる。

・鉄壁ウォール
ただのアタックステップ終了効果に加え、ソウルコアを払えば以降の破壊は無効になるという強力な効果がある。
これにより今までキースピでチャンプブロックせざるを得なかった状況でもそいつを場に残しながら次のターンを迎えることができる。
そんな強力な効果のためか回収自体が不可能になってしまっている。

・ドリームバブル
ドリームリボンの上位互換。
まあ上位互換といってもソウルコアを使うことでアルティメットも戻せるようになる、といったところだが。




・一つ目ボーズ
妖戒で0コストというだけでも強いのに、妖戒限定ではあるがアンタップ効果まで持つ。
割りと存在自体が強い奴。

・からかさマン
他の色同様1/1のバニラだが、妖戒サポートのおかげでそのコストと軽減のおかげでそれだけで価値があるタイプ。

・かっぱっぱ
ある意味バトスピらしくない名前の緑のナマモノ。
ソウルコアを乗せればある種の破壊耐性を持つため、序盤にこいつを出して壁にしておけばそこそこ安心。

・ワンコマ
従来のデッキ破壊メタと違い、デッキ破壊自体を止めることはできないが、いくら破棄されてもその度に復活する。
手札にきてもトラッシュに送ればまた再利用の機会ができる。
3枚積んでおけば3枚とも引き込んだり全てUトリガーでおとされたりとかしない限りはデッキ破壊を防げるが、結構な低確率ではあるが防げなく案るパターンもまた存在する。
またトラッシュを利用するデッキだと自分も打撃を受けるので投入するデッキタイプは考えないといけないが。
スピリットとしての効果は微妙に役立つ時もきそう。

・戦国姫 瑠璃
18人の継承者中最も幼いゆえ効果も慎ましやか、それでいて非常に重要なもの。
特に最初はソウルコアを消費しても特に支障がない場合が多いため、積極的に使ってて手札を整えておきたい。
ただバーストマジックは手札に加えられないためシンフォニックバーストやイマジナリーゲートが手札に加えられないのが地味に痛い。

・座敷ガール
妖戒デッキの貴重なドローソース。
Lv1からドローできるため維持コアをソウルコアにしておけば、あとは妖戒を呼ぶだけでドローできる。
すぐ焼かれてしまうので大切に扱いたい。

・戦国天使ムシャエル
戦姫に効果破壊耐性を与える、地味に重要なポジション。
相手をサイズダウンさせる効果を持ってはいるがこいつを(維持コア3とはいえ)Lv3に上げておく事、ソウルコアを送っても場であることと条件が少々厳しい。
まあそんな感じのバトルサポートがあるよ、程度に憶えておけば。
戦い方次第ではこいつをLv3にするだけで常に相手に-5000のプレッシャーを与えながら動かすこともできるが。

・カシャネコ
妖戒を回収したりアンタップさせたりと、他に妖戒が大量にいれば侮れない活躍ができる。
回収効果持ちにはありがちな出オチで終わらず数の暴力を叩き込める。

・ヌリカベ
コストと軽減が、妖戒デッキにおいて相当使いやすい。
BPがそこそこ高めなので低コストが多い妖戒デッキではいいアクセントとなるだろう。

・戦国姫 雷華
マジックを扱う戦国姫らしく分散を標準搭載している。
おまけのバウンス効果も持っているので、那由多で上手いところ高コストマジックを踏み倒して使ってもいい。

・戦国姫トリックスター
もはやバトスピの伝説的ヒロイン、トリックスターの新たな姿。
今までは召喚時で大体仕事を終えていたが、今度は完全に攻めるスタイル。
マジックを1枚といわずめくれたものを全て回収はできるが、オープンしたカードは破棄されるのでそう何度も殴れないのは玉に瑕。
まあBPもそこまで高くないので、あまり数殴れるものでもないけど。

・泥ターボ
妖戒をほぼアンブロ化させる妖戒デッキの番長。
コストをばらしておけば大抵の相手・状況に対応できるので土壇場で強い。
欠点はソウルコアが乗ったこいつを処理されればなにもできなくなることで、何の耐性も持たずBPも低めなのでいろんな色から割りとあっさり処理される可能性が高い。

・朧ギッシャー
召喚時ドロー効果を持つシンボル付きのブレイヴだが、そのためにはソウルコアの消費が必要になる。
一応他の妖戒が破壊されれば出てこれるのでシンボルや頭数を減らせないようにできるが。

・桜花鶴
戦姫用に調整されたブレイヴ。
とはいっても(黄限定ではあるため)相当使い安いマジック回収効果を持ち、サンダ・バードのように面倒な合体条件もないため黄デッキなら色んなデッキに投入できるだろう。
合体時効果もどんな些細な効果もダブルシンボル化してくれるので尚更デッキを選ばない。
ウィングブーツみたいなものでもダブルシンボルでダメージを通せるのでかなりありがたい。

・マヨイ家
妖戒限定のイマジナリーゲートのような効果を持つ。
系統が指定されているためか召喚時効果も発揮できる。まあ現状影響がありそうな奴は少ないが。
出す奴は状況次第だがエースの泥ターボや、早いターンならばドローのための座敷ガールでもいい。
Lv2はまあおまけ。

・No.39 ラブプリンセス
ついに待望の、マジック使用による1ドロー効果が黄に移植された。
久しぶりに登場したネクサスメタ効果も、黄らしく効果を失わせるというもの。
とにかくLv1効果だけでも価値がある1枚。

・イエローリカバー
黄限定のアンタップマジック。
しかもターンに1回限定のためかコストも非常に低い。
黄単ではかなり使いやすい1枚となる。

・とうせんぼウォール
黄の新しい防御マジック。
ヌリカベがいるときは軽減を全て満たせるがその効果自体はあくまでおまけ。
アタックステップを終了させる効果ではなく、アタック自体をできなくさせる効果のため、装甲:黄を持ってる奴には効かないのが難点。

・火球アタック
普通に使うだけでも単純に強いマジック。
妖戒デッキではソウルコアを払うだけで対象を増やせる擬似的な分散効果を持つので強力。




・緑鳥童子
世にも珍しい0コストの闘神。
ソウルコアを置いておけばフル軽減で明王を出せるのでニルヴァーナ辺りがひょっこりと出てきたりする。

・仏師パググ
明王と童子に対するスピリットソウルのような動きをしてくれる。
地味だが割りと使いやすい。

・カニコング
今回の青のラインナップにしれっと混ざっているショッカーの改造人間。
ハイブリッドシンボルの他、手札保護とコアシュメタと前弾の青緑には足りなかったところを補ってくれるさりげないナイスガイ。

・青海童子
粉砕のみとシンプルな構造ではあるが、初期BPがバニラ並みに高い。
これは青にとっては低コストの粉砕なんて効果の内に入らないということだろう。

・白空童子
新たな青の戦士たちである童子と明王に効果破壊耐性をばら撒くことができる。
欠点といえば戦闘破壊には対応してないことと、相手にデッキ破壊メタ持ちがいれば無力なところ。
まあ今回童子と明王だけでもある程度デッキ破壊メタを打ち破れる手駒が揃っているため今までよりは多少は楽な条件ともいえるが。

・ヤリスキッド
典型的な青の異合バニラ。
維持コアやBPの上がり幅も実に青らしい。

・赤剣明王
低コストの効果を封じることができる、強力な効果を備えている。
主な狙い所は今までデッキ破壊を散々苦しめてきた守護者たちのようなデッキ破壊メタ持ち、そしてそいつらに代表される破壊耐性を持つものたちである。
どちらも青が苦手としていた奴らなので、こいつ自身も条件はあるが効果破壊を持ち合わせているため今までの恨みをばっちりと晴らしてやろう。
厄介な4コストUハンド勢にも効くのがありがたい。

・智水明王
明王と童子への全体パンプを持つ。
ついでにデッキ破壊効果へのサポートも持っているので、明王・童子デッキの縁の下の力持ち。

・ノーチラス・ゴレム
ヤリスキッドからコストが上がってその分それぞれのBPが上がったようなもの。
維持コアまでそっくりそのまま。

・蒼海明王
今回の大量デッキ破壊担当。
アタック時ではあるものの一気に相手のデッキを吹き飛ばし、ソウルコアを使えば14枚となかなかの枚数破棄することができる。
まあ何が怖いかって、それぞれ独立した破棄効果なのでどちらにも強化が乗るということ。
一応Lv2効果はアタック時以外にも粉砕とかをキーにできるものの、ソウルコアを消費しなければいけないので大して意味はないか。

・剣豪獣人ガオウ
ソードアイズ時代の光側のキースピを髣髴とさせるコストと軽減で、その重さの代わり召喚時効果はなかなかに強力。
普通にエース級のアルティメットも破壊できるので非常に頼もしい。
剣使・獣頭という究極編終盤のに混ぜ込める系統。
Lv2効果も割りと強力で、相手のライフがギリギリの時にこいつをふっと出すと相当に頼りになる。

・救世明王
10コストの弩級明王。
相手のデッキ次第だがバーストを落とせばあっさりと出てこれる。
おまけにアタック時効果でバーストも破壊できるのでバーストを多用するデッキにはなかなか厄介な存在でもある。

・双竜船ハイドラシップ
合体時はシンプルなデッキ破壊能力。
強化で破棄枚数を増やせばその確率も上がる。
シンボルが付いているため偶然に回復するだけでも大きなリターンがある。
しかもターン制限も付いていないのもさりげなく怖い。

・ジェットカルラ
単純な手札入れ替え効果で、ソウルコアを使えば手札消費をなくす程度のことはできる。
とはいえ効果自体は合体時も含めてすさまじく地味。
まあ合体時も含め合計+8000はなかなかに厄介な数字でもあるんだけど。

・No.34 ラージアイランド
青、取り分け明王をサポートする34番目のソウルスポットネクサス。
ソウルコアを乗せる必要があるものの+5000は大きい。
普通の強化闘神ウィニーにも突っ込めるお手軽さである。

・千間観音堂
Lv1効果もこれはこれで強力だが、こいつの真骨頂はLv2効果。
ソウルコアが置かれているスピリット限定ではあるが、その分発動回数に制限がない。
つまりそれぞれ個別の効果でLv2効果を誘発できる。
自前のデッキ破壊効果、後付した粉砕、ハイドラシップを合体させたスピリットによる一挙15枚が一番強力。
何よりも恐ろしいのはこの効果にいちいち強化が乗っかることだ。

・マントラドロー
明王と童子がいるデッキで使う分にはストロングドローの上位互換。
単純に手札が増えるのはありがたい。

・蒼激ブレイズ
青の基本的な低コスト破壊マジック。
コストの割りにアルティメットも対象にできるのがありがたい。
同じコンセプトとしてはブレイクグライドよりもコストの面で使いやすい。

・ハイドロ曝龍
コストは大きいが非常に強力なマジック。
6コスト以下、しかもブレイヴによる水増しもなしとなると破壊できる範囲は途端に広がる。
そしてこれがソウルコアも使えば3体まで破壊できる、と非常に強力となっている。
でかいコストながら1、2枚忍ばせておいても損はない強力さ。



Xレア

・戦国龍ソウルドラゴン
新効果である連刃を備えた赤のXレア。
召喚時効果も合わせて一気に相手の場を制圧できるが、連刃の発動条件がソウルコアをトラッシュに送ることなので、それを前提として動く場合は実質維持コアが一つずつ上がる。
ましてや大抵のアルティメットとも当たり負けしないLv4ともなるとレベル操作効果と合わせでもしないと10コアも必要となってくる。
とはいえ普通にLv3までで使う分には連刃の消費を考えても当たり障りのない維持コアだけど。

・邪法師オグマ
マイナー系統に限られるが、トラッシュから好きなだけ召喚できる実に紫らしい効果を持っている。
とはいえコストは支払うため高コスト出し放題というわけでもない。
破壊耐性があり自身の効果とかみ合っているため序盤にさっさとLv2で出してチャンプブロックして墓地肥やし、というのもあり。
コストの支払いが必要である代わりに召喚時効果は使えるので強力な召喚時効果を持つ奴を呼び出したり、今弾にはトラッシュにあるとき普段より低いコストとして扱われる連中がいるので思った以上に使いやすいだろう。
まあ私としては召喚時使えて霊獣も呼べるって時点で金角銀角一択なんですけど。

・甲蛾頭首クワガスレイヤー
忍風を次々に呼び出す頼もしい頭首。
自身のアタック、リザーブに置いたソウルコアの分で2体までは特に無理せず召喚できる。
リザーブに送るため烈神速で使いまわすことはできないが、送られる場所がリザーブのおかげで緑単でも一回のアタックステップ中に何度も能力を発揮できるようになる。
忍風が揃えば以外と侮れない爆発力を発揮してくれるだろう。

・大機巧武者コンゴウ
バウンス効果のためソウルコアを乗せていない相手に対して相当な堅さを誇る。
耐性付与のおかげでこいつ単体でも余計に堅くなり、もし疲労ブロックを付与しようものなら鉄壁の城砦となる。
しかもソウルコアを乗せればデッキボトムに封印できるため相当なプレッシャーとなるだろう。

・戦国姫 那由多
黄の新系統戦姫をサポートするXレア。
アンブロ化とマジックノーコスト使用という黄のオーソドックスな効果を持っているので、特に細かい仕掛けを入れなくても動くだろう。
仮に何かのギミックを仕込もうとするならば他の戦姫次第か。

・覇界明王ニルヴァーナ
高いコストの割りにBPは低めだが一番強力な相手を倒すという豪快極まりない破壊効果を持っている。
また条件付で回復効果を持っており、3コストというのは大抵のデッキには入っている序盤を円滑に動かすカードであるため、特に意識しなくても回復効果を発揮できるだろう。



XXレア

・六絶神 欲望のデス・ガル・ヴァドス
召喚すれば一気に5枚ドローと爆発的なアドバンテージを得られる。
代わりにトラッシュに紫が5枚必要になるが、今の紫ならばすぐさま用意できる条件である。
おまけに5コストなのでラウンドテーブルナイツでも蘇生できる範囲である。
とはいえ一気に5枚もデッキが削られるためデッキアウトにならないように気をつけなければならないが。
もう一つの効果は、まあ趣味で使ってもいいんじゃないかな。
達成自体は色々と用意ではあるがそこで得れるリターンが少々割に合わない。

・六絶神 鉄壁のクロム・リゼルファー
白に初の0コストが登場。
ほぼ単色推奨となっているが、その分リターンがなかなかに高い。
まず0コストの割りにBPが高いため序盤にはそこそこ有利。
ライフ1に追い込まれると白全てに耐性をばら撒くが絶甲が標準装備となりうる今は地味に条件が厳しい。
ましてや現在ライフ1でいると対応の暇も与えない突然死が待っている可能性もあるのであまり好んでそういった状況にはなりたくない。
それに効果を受けないだけであってごり押しやアンブロッカブルには別の対応策を用意しないといけないため、強力ではあるがいうほど万全というわけでもない。





今回新弾だけで一番デッキ組みやすいの、黄と紫かな。
紫の陰陽師と調伏した鬼たちと使役するっていうコンセプトデザインなかなか好き。

[PR]
by mma-island | 2015-04-25 03:24 | バトルスピリッツ | Comments(2)
Commented by うみうし at 2015-04-29 21:46 x
いつも拝見させていただいています。
関東のカジュアルプレイヤーです。
おかげさまで、バースト円卓の騎士と、地獄誕生日の採用率の高い紫使いです。

結局アルティメットバトルシリーズは毒刃で駆け抜けてしまいまいたが、今後毒絡みが出るのか不安です。
解体したアルティメット環境のデッキなど、参考にさせていただけたら幸いです。
Commented by mma-island at 2015-06-06 02:52
お返事遅れてすいません。

究極編はまとまった強化は毒刃か無魔でしたからね。
毒刃はなんかこの後しばらく放置されそうですが、土台部分は結構整っているので新しい軸を追加するだけでいけそうですね。
究極編環境のデッキは基本的には今まで公開したのが全部ですね、一応。
あとは怪獣デッキが少々残っているぐらいでしょうか。