MMA ISLAND

ブログトップ

バトスピ研究所第101回「烈火伝第2章全カード雑感その1」

今回は全国的に早いですね。
こんな北の島国でもかなり早くタワーに放り込まれてました。





角タヌ
新しい0コスト皇獣。
新基準バニラなのでよっぽどの拘りやメリット効果がない限りは0コスト枠はこいつに入れ替えだろう。

南蛮武者ハクライ
ちょいちょい出てくるバウンスメタ。
一応ドロー効果も持っているものの、条件やタイミングが序盤ならともかく中盤以降はちょい厳しい。

ツノバズク
白以外にはもうお馴染みの、ソウルコアを乗せることで系統全体パンプが可能なシステムスピリット。
召喚時効果は範囲は狭いものの序盤に出す分には申し分ない。

虎の子タイガ
新効果起導を持ったスピリット。
赤一色のみの効果だがよっぽど他色のSバーストを詰め込んでいる場合でもなければたいした問題ではない。
アタック時1ドローという王道な効果を持っているため使い勝手はいい。

剣武龍ムラマサ・ドラゴン
こいつの起導はSバーストを発動させる他にもバースト再セット効果を持っているため、起導の弱点である防御時のバーストがら空き問題を解決してくれる。
指定アタックも持っているので明らかに返り討ちにされるような状況でも弱い奴に殴りかかって返り討ちを回避しつつ起導させることができる。

サンゾック・ベア
ソウルコアを使えば5000以下を2体除去できるものの出してしまった後はただのバニラである。
召喚時以上の役割を求めるか否かが採用ラインの分かれ目。

武者竜リンドウ
新たなる力ソウルバーストを持ったスピリット。
強化同様や機構化の上限を上げてくれるがこいつ単体では特に意味がない。
ソウルコアとバルガンナーでも乗せてやるだけで結構な働きはするが。

闘武龍チョウゲン
除去効果を持った赤の基本的な起導者。
除去範囲が地味に広く、6コストとはいえ軽減も多いためかなり使いやすい。

業炎獣将グレンベロス
軽減が多く覚醒と手軽な除去効果搭載という、絵に書いたような高コストコモン。
だがソウルコアを乗せればその印象は一変する。
記入する桁をひとつ間違ったんじゃないかと思ってしまうほど除去範囲が爆発的に広がり、自身の効果だけでも場を一気に蹂躙できる。
ソウルコアを乗せ続けるに足る非常に強力な効果である。

鎧竜刃ゴウテン
バースト効果、合体時効果共に除去を持ちシンボルも備えているスタンダードで使いやすいブレイヴ。
一応ネクサス破壊もできるので烈火伝からのカードプールならとりあえず入れておいても活躍しやすい。

炎龍刀オニマル
アタックステップ中にソウルコアを使いまわせる効果が登場。
Sバーストではあるので出張はできるものの、ソウルコアを置くこと自体は赤のみじゃなければいけず、起こす主君に条件はないもののソウルコアを回収しなければいけないためその力を他色出張で発揮することはできない。
赤絡みなら使いやすい主君が増えるほど使い勝手も増すだろう。

No.6 マウンテンシェイプ
「軽減のためのネクサス」という言葉を体現した効果が赤にも登場。
先1でこれを張っておけば次のターンには楽に大型を呼べる。
またLv2の効果はソウルコアを使わないデッキでも発揮しやすい。
新基準の高いBPを活かしやすく、軽減も多いバニラとは相性が良い。

天火烈刀斬
タイミングが非常に使いやすいバーストで、ソウルコアを払えばダブルシンボル以上を追い返すこともできる。
ネクサス対策として入れ、最悪1ドローで手札入れ替えをするだけでもとりあえず突っ込んでおく価値がある。
また起導経由の際は強烈な爆発力を発揮するため非常に侮れない。

火炎之咆哮
またしても帰ってきたフレテン。
今まではこの手の効果は低コスト体が複数いなければあまり意味がなかったが、ソウルコアを払えば割りと普通の除去マジックとして使えるようになった。
同じ10000以下焼きとしてはこちらの方が素のコストは1少ないが、ソウルコアを払わなければいけないのは少々重いけど。




魂鬼
0コストの呪鬼で破壊時ドローも持っているので使いやすいが、そのためにはソウルコアがいる。
メインステップでのコンボの生け贄としやすいのだが。

陰陽童
ソウルコアを置けば完全耐性を手に入れることができるシステムスピリット。
コアブーストやライフ回復をいつものようにメタることができる。
完全耐性を持ったメタといえば大概に聞こえるが、防げるのはあくまでメインステップのみ。
アタックステップは防げないので実はかなり穴が多い。
緑はメインでの除去効果がほぼないので特にソウルコアを乗せなくてもいいし、精々青緑や赤緑が相手の時に有効といったぐらいだろう。

紫煙猪
手札入れ替えを行えるので、手札にきた重い霊獣・呪鬼をトラッシュに仕込むことができる。
1枚捨てて2ドローのフォカロールという偉大なる先達がいるため見劣りしがちだがキシュードッグの存在や、呼び出しやすいコスト帯、系統と今の環境ではこちらの方が扱いやすいのかもしれない。

式鬼神シュウカイ
後1から使える指定アタックとドローという、お前はどこの赤のスピリットだといわんばかりの効果。
序盤だとまず確実に決めることができるので最初から相手の盤面を蹂躙していきたい。
ただ赤のスピリットとは違ってBPは低いもやし君なので相手の中コスト帯以上を仕留めるのは中々難しい。

幻術士シモン
召喚時効果が地味に強力な起導者。
基本的には出オチだが割りと優秀な部類だろう。

式鬼神ガラン
新基準バニラ。
Lv2が紫のこのコスト帯ではまず見ない数字となっている。

紫煙虎
吸血爪のようなトラッシュ送り効果を持っているため中々に強いがその分手札消費も激しい。
だがこいつの優秀なところは自分のデッキ破壊効果でもノーコストで出てくることだ。
素で出すときは軽減も少なく重いがノーコスト召喚は普通にしやすいともいえる。

妖術師ヤクモ
ソウルコアを消費すれば一気に色々呼び出してくれるナイスガイ。
狙い目はトラッシュではコストが減る連中となるだろう。
Lv2効果は自身の効果ででも呼び出したスピリットの自爆特攻をしやすくかなり使いやすい。
一番の問題はコア不足か。

裏巫女リンネ
アタック時効果が地味に強く、一気に2体分から外すこともできるため場をコントロールしやすい。
またザンデとはまた違ったアプローチのブロック制限を持つ。
この効果は無限ブロッカーはブロックに参加できず、疲労ブロッカーも1回しかブロックできない普通の存在に変えることができ、疲労している奴はお馴染みの疲労破壊でどけてしまえるため相手にとっては鬱陶しいことこの上ない。

折神モンキー
特殊な軽減を持ち、今弾の新能力である起導を与える合体時効果を持つ。
性質上起導には追加効果はないものの、無理に起導者を入れるより有効な場合もあるだろう。

No.32 アイランドルート
配置時効果、Lv2のコア除去と摩天楼を髣髴とさせる効果。
といってもコア除去は迎撃用かつこのネクサスにソウルコアを乗せ、スピリットも一体用意しておかなければいけないと、やや面倒な手順となっている。

紫煙谷
配置時に霊獣を蘇生できるので5、6コストの霊獣をトラッシュから踏み倒すのもいいし、金銀を呼び出して数の壁を作るのもありだろう。
Lv2効果も割りと無視できないものだが、蘇生効果を狙って少し設置タイミングを引き伸ばしがちになってしまいそう。

ダークイニシエーション
いうならば場とトラッシュを利用した手札入れ替え。
破壊時効果は発揮できるのでそれ絡みで少しでも損を抑えたい。
スピリットだけなのが残念だが、まあ紫のカードなんでも戻せるようになると簡単にループ成立しちゃうから仕方ないか。

抜魂幻糸
すごく地味だが優秀なバーストマジック。
Sバーストではあるが起導限定の効果はなく、普通のバーストとして使っても条件のおかげで普通に優秀。
フラッシュ効果は地味ではあるものの、消滅目的で使えば1ドローも付くため積極的に使っていける。
問題は地味すぎてわざわざ投入することがあるのか、というところ。
優秀ではあるのだが飛び抜けて、というわけでもない。




トゲアント
破壊時にコアブできるがタイミングがとりずらい。
どうせ1コストなら紫にタッチで入れてダークイニシエーションの生贄にするのもいいか。

異牙忍モモンジャ
アタックステップ中にソウルコアを移し替えれる、トリッキーでありがたい効果を持つ。
クワガスレイヤーとセットで運用すれば面白いことになる。

風魔ササクナイ
バトル時パンプ効果を持っているためか素のBPが低い。
一応神速に追加テキストとしてコアブ効果があるが1個だけなので、神速目的で突っ込まない限りは他の3コストコアブを押しのけてまで入れれるものじゃないか。

風魔グレイナイト
忍風全体に神速を与えることができるが、神速はロングホーンのようにコアを使える場所を変えれるわけではないのでわざわざソウルコアを置いてまで使いたいかといえば。

異牙忍ジャガン
ハンドを刈り取るバースト効果を持つ。
後から引いても起導で強引に発動できるた。

甲蛾忍ルニヘル
コアブ効果を持った起導者。
起導の弱点はどれも維持コアが実質+1されることだがこいつはその弱点が解消されている。
そのためBPは微妙に低めだが。

異牙忍カンガル
いつものバニラ。
さすがに緑の5コストともなればBPが化け物みたいな数字となっている。

甲蛾忍オオシオ
混色殺しのバースト効果を発揮できるSバースト持ち。
もっとも全体疲労なので無力化というわけではないが。

風魔上忍トキザネ
場の自分のスピを再セットできる変わった効果を持ち、普通のバースト効果持ちを戻して返しに相手にプレッシャーを与えたりもできる。
といっても起導でソウルコアを消費しているためそのターン中にもう一度起導させることは一部のカードを使わない限りできないが。
また自身の効果で他のスピリットを起こすこともできるので攻守で活躍できる。

鎧鳥キレンジャック
ちょくちょく出てくる回復ブレイヴ。
ソウルコアが条件だが消費ではなく移し替えるだけなので割と気軽に使うことができる。
常時ソウルコアを必要とするタイプのスピリットとは相性悪いが。

No.25 グロウセレブレーション
召喚時にすべてのスピリットにコアブ能力を持たせるような効果だが、アタックステップ中なのでメインにこれでループを組んだりとかはできない。
またいくら呼び出そうが一回で増えるコアは1つだけなのでさりげなくクワガスレイヤーとは相性が微妙。
むしろ紫の方に入れたい。

畳返之術
疲労マジックだが忍風を戻す効果は強制である。
基本的には使いまわし狙いだが神速特化にしないとあまり性能を発揮しきれないだろう。

螺旋ニードル
一気にスピリットを展開できる可能性があるバーストマジック。
コスト条件はあるものの割とゆるい部類で、起導経由でなくても効果を使え、色の指定もないので他の色にも出張できる。
フラッシュ効果も軽減なしで使っても十分強力な効果なのでなお出張しやすい。

[PR]
by mma-island | 2015-07-22 00:48 | バトルスピリッツ | Comments(0)