MMA ISLAND

ブログトップ

バトスピ研究所第113回「炎と風の異魔神全カード雑感」

異魔神増えた~。




モダニック・ドラゴン
コスト制限はなくなったものの系統指定となったカメレオプス。
低コストにも適用されるようになったので古竜主体では戦闘力こそほぼないものの重要なパーツとなるだろう。

甲馬ペルシュロン
いたってオーソドックスなアタック時除去。
ホムラチーターと違いネクサスこそ割れないものの除去範囲が微妙に広く、最序盤でもこいつで除去できないやつはあまりいない。
BPもそれなりに優秀。

丙の黒皇馬アンダルーシャ
今回多数収録されたコンビカードの一対。
アタック時に皇獣の手札補充をしてくれるが相棒ならばそのまま出せる。
ついでにマジック限定の強化のような効果も持っているので採用カード次第ではかなり仕事してくれるだろう。

コリトザウラー
相方がいればオーソドックスなアタック時1ドロー激突の4コスト。
ただBPが少々もの足りず、合体時効果で補えるものの序盤には少々使い辛い。

ケラトザウラー
コリトザウラーの相棒なのだが、とにかくスペックが低い。
5(2)という微妙な重さの割りにBPは4コストクラス、召喚時除去の範囲もコストの割りに狭いといいところがない。
特別な踏み倒し召喚があったとしてもそれで得られるのが相方の激突ぐらいなのでいっそ切り捨てるのもあり。

ドラゴノイド・ファイア
軽減こそバニラ並みなもののスペックは一段低い。
相方がいれば1万以下除去というのは中々に使いやすいが。
ただし合体時とついていなければの話。

ドラゴノイド・ブリザード
相方がいれば追加ドローできるので手札補充としてはそこそこ使える。
ただし合体時とついていなければの話。
アタック時2ドローなら軽減も少なく維持コアがかかるがモンスターXの方がまだ使いやすい。

泰平龍ピースメーカー
久しぶりに登場の、ライフを削る代わりにメリット効果を発揮できるスピリット。
中コスト帯と少々重めなところは気にはなるがまあ妥当な重さだろう。
Lv2の回復効果はバトルの破壊に限らないのでアタック時破壊効果のブレイヴと合体すれば簡単に条件は満たせる。
相方がいなくても単独で相当活躍できるだろう。

大戦龍ウォーモンガー
範囲が変わったレオンハウル。
合体すればブロックされてもライフを削りきることができるが一つ一つの効果が大味。
軽減の少なさも多少は気になるところだけど。

丙の白皇馬リピッツナー
連鎖経由ではなく赤でマジック回収を行える貴重なスピリット。
回収できるのは赤だけなので黄ほどの利便性はないが。
ただし自身のLv2合体時効果も合わせれば、相手の場にスピリットがいればいるほどライフを奪うチャンスとなる。

一角魔神
黄軽減を持ちマジックに特化した異魔神。
マジックサーチ効果は色を選ばないものの、踏み倒し効果自体は赤マジックにしか対応していないため他の色への出張は難しいだろう。

双頭魔神
右の効果は控えめなものの、左の効果はターン全体に効果を及ぼせるため有用な場面もあるやも。
海首が入ってるのは多頭要素だろう。

恐竜魔神
コアブースト、除去効果は中々のものだが問題はコストの大きさ。
普通の方法では1ターン目には召喚できないのはネックになりそう。

目覚める炎の異魔神
異魔神召喚時の除去とパンプ効果という実に基本的な効果。
+3000はともかく除去自体の範囲はそのままだと狭いのでどこまで通じるやら。

イマジンドロー
赤お得意のドローマジック。
カード名共々ブレイヴドローの変形となっており、こちらは異魔神限定ではあるもののなんとノーコストで召喚できる。
とはいえ異魔神は普通のブレイヴと違い合体元がいなければただのシンボル掲げたラウンドガールみたいなものなので投入バランス的にも妥当なところだろう。

フレイムブロウ
巨大化したフレイムテンペスト。
コストといい追加効果の条件といい一角魔神と合わせるためとしか思えない配分。
ただ除去の順番上ブレイヴは残してしまうのでそいつは別の手段で焼くしかないが。




蛇司祭ライノラ
手札交換カード。
系統を指定されている分コストは若干軽くなっている。
妖蛇も対応していないのは残念。

紫煙鰐
特定系統スピリットの回収効果を持つ。
タイミングこそエンドステップと動きにくいが、ただコア1個で棒立ちしていればそれで十分だったり、重複したりとそんなに悪くはない。

骨門番エスクーダ
効果破壊耐性を持つが対象が骨門番のみである。
こいつと相棒以外の骨門番が果たして登場するのかどうかがこいつの価値を左右する。

骨門番ランケア
ごくごく単純なコアシュ能力。
ソウルコアがあると相方を呼び寄せることができるがこれ自体は完全なおまけ。

聖魔デスペリア
そのままだとちょっとコスパの弱いコアシュートだが相方がいればヒレンでもなかなかない確定3コアシュ。
あとはもう片方を場に出す方法次第だが。

聖魔エスペランサ
場にいるときは実質バニラだが、広い系統の破壊に反応してノーコストで場に出てこれる。
ただ破壊なら何でもいいわけではなく効果破壊限定なのでこちらでタイミングを決めれないのが残念。

双璧武者シバタ・ガーディアン
相手のアタックの度にコアが増えること自体はネガテュポで済むが、コアシュートがありがたい。
コア1個しか乗ってないスピリットはアタックできないし、コアを複数乗せてもコアの薄いところを狙い撃ってアタックの手を鈍らせることもできる。
効果破壊耐性も嬉しくはあるのだがそのための条件が色々と重い。

双璧武者サクマ・ガーディアン
召喚時ドロー&バウンス、合体時とはいえアタック時の2コアシュと白紫の要素をこれでもかと詰め込んだスピリット。
相方がいなくても単体で頑張ってくれるだろう。

聖龍騎パラディウム
死竜をなんでも釣ってこれるが、こいつ自身が中コスト帯の上コストはきっちり払わないといけないので紫単だと払うコアに苦労しそう。
相方だとノーコストなのでもっぱら相方専用の能力だろう。
BPが低い分合体アタック時は非常に強力でかつ維持コアも軽いので使い易くはある。

暗黒龍騎ダークス
召喚時効果はトラッシュに仕込み対抗コストを捨てた上相手の場を一輝に壊滅できる可能性を秘めたコアシュート。
しかもスピリット1体制限がないので下手をすればあっという間に更地である。
アタック時効果は相手の使えるコアを減らせるものの自身の召喚時効果と絡めてもそうそう有効なタイミングはこないだろう。

呪魔神
右の効果はやや地味だが、左の効果はなかなかに強い。
さりげなく古龍に対応しているのもありがたい。

竜機魔神
バウンス効果自体は控えめなものの、ハンデス効果はやはり強力。
なにより白紫の主流コストである4コストで合体できるところがよい。

聖魔神
ライフの数以下のコストの踏み倒しなので大型を踏み倒すのには向かず、終盤になればなるほど対象が絞られる使いどころの難しい効果。
左の効果でライフは補充できるもののボイドからではなく、しかも強制なのでこちらも使い所に注意。

骨獣魔神
非常に無魔らしいコアシュートだが、序盤だとまったくコアシュできなかったりとかもあるだろう。
それを考えれば6コストという出すのに多少時間がかかるコストはありか。

聖と魔の凱旋門
効果自体は非常に地味なネクサス。
異魔神が出てこれれば追加ドローを行えるもののアメジスト経由でもそんなに数展開したりはないだろう。
まあLv2効果も地味だがまあこんなものか。

イマジンリターン
ブレイヴドローに対するイマジンドローのように、ブレイヴセメタリーに対するトラッシュの異魔神を掬い上げるマジック。
こちらはコストが高くなっているものの手札への回収ではなくそのまま召喚できる。
ただし別に召喚コストもかかるので多少コアの余裕があればいいのだが。

デスハザード
相手が対象を選ぶもののマジックでの3個シュートはそこそこ強い。
異魔神と合体していれば1個増えるものの相変わらず相手は選ぶのでわざわざ追加分は意識しなくてもいいだろう。




疾走猫デボン
1コストの剣獣神速ではハクビソードと同類だが、こちらはもしかしたら1コストとは思えないBPになれる。
ま、おまけ程度のものだけど。

クルマホッパー
3/1コアブ族なのだが単独でのコアブはできない。
合体スピリット2体、つまり異魔神経由ででも3体必要なので、単純に序盤に動きやすくするためという目的には沿わない。

辛騎士アルバ・ゼピュロス
騎士限定のサーチ&踏み倒し効果。
バトスピで騎士といえば不死や毒刃を使う円卓の騎士モチーフの闇騎士連中だが、特に絡める要素もないので大人しく爪鳥の騎士たちでいいだろう。

辛騎士ブラスト・コンドル
単独で強い効果が並んでいるが、一番の問題は軽減。
アルバからの踏み倒しが前提のような性能なのだが、まあ緑のコアブ効率ならそこまでつらくないか。

空の騎士ゴルド・フェザント
素のBPはそこまで高くないもののなかなかのコアブ性能を誇る。
シンプルゆえに使いやすい。

空の騎士シルバ・クレイン
相棒がいる場合は効果はほどほど。
というかBPといい効果といいエウロス1体で済んでしまうのが悲しいところ。

疾走猫ソマリリィ
神速は持っているものの5コストなので使う機会はそんなにないだろう。
片割れがいればそちら共々強力な存在となれるが、ドローの弱めの緑だと今度は逆にそろえることが壁になるか。

疾走猫メインクー
ソマリリィの召喚に反応して踏み倒しできるためコストは重めで軽減も少ない。
ただし一度召喚してしまえば2コアブできるのでそれ使って異魔神召喚したりもあり。

甲蛾忍ヒゲナガ
コストは重めだがソウルコアを使うことで2体疲労3コアブとそれだけでも結構大変な効果を持っている。
アタック時効果も相方と一緒に合体している必要があるという重めの条件だがそれによって得られる効果がこれまた強力。

甲蛾忍ノコギリ
ザンデを髣髴とさせるブロック制限効果を持ち、疲労ブロッカーさえもかわす事ができる。
これだけでも強力なのだが、相方とのコンビ能力がこれをさらに強力に後押ししてくれる。
アルティメットも含め疲労させてしまうためまさに無人の野を行くがごとく攻撃をぶち込むことができる優れもの。
これだけでもコンビ能力を狙ってみる価値はある。

殻蟲魔神
低コストへのアンブロッカブルも結構強いが、やはりこいつの強みは左の効果。
バースト封じは数あれどこいつは一回のアタックでターン中ずっとバーストを封じることができる。
後続のスピリットのアタックにも対応しているためかなり使いやすい。

豹魔神
紫の効果である疲労状態スピへの効果であり、緑単色からも飛んでくるコア除去である。
1個ずつではあるもののかなり使いやすいだろう。
左の効果はトウドウのような効果だがまあそんなに腐ることもないだろう。

鷲魔神
黄らしい(というかベヒモスっぽい)効果を持った異魔神。
ただ疲労効果は特定系統のスピリットがいないと1体も疲労させることができないのが惜しい。

眠れる風の異魔神
異魔神を呼べばその分コアブされる。
維持コアがいらない異魔神でのコアブは結構大きい。
お馴染みの回復効果も異魔神限定ではなく単に合体スピリットでもOKなのはありがたい。

ダブルウィンド
ソンプリの上位互換。
異魔神がいればこちらが疲労対象を選べるため結構強力。

アッセンブルウィンド
ブレイヴフラッシュが異魔神限定とはいえタイミング指定もなく回復までできるようになった。
しかも片方が合体していてもいいためかなり使いやすく、リアニメイト系の効果と相性が良い。



Xレア

庚炎皇ブレイゼル
使いやすいバースト効果と異魔神踏み倒しのおかげで安定した攻めを展開できる。
ただ無難すぎるため派手な活躍はちょっと難しいか?

魔神竜騎ガルデア
高コストだが異魔神の召喚と同時に現れて合体元となれる。
その分効果は合体時かつLv3からという限定されたもので、その効果も紫のコア除去警戒でコアを盛った相手を狙い撃つもの。
Xレアではあるが多くて2投ぐらいの感覚で使っていくタイプか。

白凰孔雀シルヴィアス
異魔神を好きなだけ展開できるため、こいつ自身のコストも相まってすぐ異魔神の効果を活かすことができる。
またアタックするごとに爪鳥を手札に増やせるが、神速でも持ってないとそんなに活かせないか。
どっちの効果も破棄なのであっという間にデッキが削れていくだろう。

炎魔神
BP以下のスピリット&アルティメットの破壊、バースト破棄、それらが合体条件4コスト以下という、ただ強い効果を詰め込んだだけのシンプルなパワーカード。
することで系の効果ながらディルム・ダイナ同様条件を満たせないことが普通ないため実質ただのメリット効果。

風魔神
右効果の蟹式ブロック制限は緑にとってはお馴染みの効果。
こいつの真骨頂はむしろ左の方。
4コスト以下が必要とはいえその効果は中々に強力。
青の場にあるシンボルの色以外のマジックを使えない効果と組み合わせれば実質マジックを封印できるのがありがたい。



さて、異魔神が増えたものの私が求めていたものの一部がなかった。
早い話4コストの異魔神が。
鳥獣魔神を揃えておいて良かった。

[PR]
by mma-island | 2016-06-17 01:41 | バトルスピリッツ | Comments(0)