MMA ISLAND

ブログトップ

Ver. Fate/Grand Order1.0全カード雑感その1

もう更新されることはないと思ってたLyceeカテゴリが3年の時を経て復活しました。
引退前の更新は6年半前ですか、随分前のことですね。





仮想宝具 擬似展開/人理の礎
 シールダー/マシュ・キリエライト
本人自体も固く0宣言でDPを増やせるので、単純な堅さの底上げに使える。
4コストは出す時は少々重めに感じるがそれで受ける恩恵を考えれば相当なもの。

転身火生三昧
 バーサーカー/清姫
強力な雪のアタッカー。
除去色の雪らしい方法でDMG増やせるため、単純に対面DFを除去ってお手軽5点とかもできる。
素のDMGもAP通りの3があるため何もなくても使いやすい。

時に煙る白亜の壁
 シールダー/マシュ・キリエライト
2コストらしく小回りが利くブロッカー専。
APが0の代わりに3はそこそこ堅く、4コストの方と並べれば非常に鬱陶しい堅さになる。

フォウのお世話係
 シールダー/マシュ・キリエライト
SPが少なくなっているものの相手のDMGを減らし総合ダメージを減らせる。
とはいえ誘発トリガーがダメージを受けたときなので、基本的なシチュエーションは中央を抜いてくる攻撃をスルーしたときとかになるか。

約束された勝利の剣
 セイバー/アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕
アタッカースペックで4点はありがたいのだがDP2が少々ネック。
旧リセにもあった一列除去は強力だがその分コストが糞重い。
まずまともに使う機会は起こらないだろうが、最終盤の相手ターンに使い打点を通しやすくするというお馴染みの使い方は可能であり相手へのプレッシャーにもなる。

ギロチン・ボーイ
 アサシン/シャルル=アンリ・サンソン
EX2の1コスト222で全配置、と聞けば無茶苦茶優秀な低コストだったが、配置制限が消えた上DMGが1点なのでそこまででもなくなっている。
旧リセから新リセの変更点をよく表したスペックだろう。
それでもカードプールの少なさを考慮してもかなり扱いやすい重要な低コストであるのに変わりはない。

フィオナ騎士団長
 ランサー/フィン・マックール
デメリットに見えるかもしれないが場所を空けたりいざという時デッキを回復したりとできる。
任意発動なので普段は何もしなくても問題ない。

竜殺し
 セイバー/ジークフリート
標準的な中コストアタッカーのような性能に自己パンプも備えている。DMGもちゃんと増える。
こいつ自身もだが、EX1を吐けてちゃんと打点に還元できる辺りは頼もしい。

幻想の鉄処女
 アサシン/カーミラ
一発限りの使い切りとはいえ場における除去はそこそこ強い。
ただ本体のスペック、特にDP0がちょっと厳しい。

灼き尽くす炎の檻
 キャスター/クー・フーリン
バニラではあるがEX1を処理できてスペックも優秀。
数が揃わない内はとりあえずで入れておいていい。

不還匕首
 アサシン/荊軻
最初期から登場してなお一線級を維持し続けた須磨寺ダイブ。
そのためか色々な面が弱体化されている。
特にEXが1になったのは大きいのであまり気軽に使えなくなった。

山の老翁
 アサシン/呪腕のハサン
2コスト3/1という低コストアタッカーの基本スペック。
ただしDMGは抑えられているためそこまで痛いものではなくなった。

万古不易の迷宮
 バーサーカー/アステリオス
使いやすいアタッカースペック。
オダステを持っているが使用代償がかかるためにあまり乱発できるものでなく、おまけ程度のほぼバニラだと思っていた方がいいか。

貴方のための物語
 キャスター/ハンス・クリスチャン・アンデルセン
登場時にDPを増やせるが一時的なものなので少々使いづらい。
APで止められた時に一発分通せる上にチャンプブロッカーにもなると考えればまあ。
1コストだったら迷う要素ないんだけど。

オペラ座の怪人
 アサシン/ファントム・オブ・ジ・オペラ
軽い使用代償のセルフバウンス。
単独ではスペックが貧弱なため出ては受け止めて引っ込みを繰り返しての打点軽減ぐらいしか。
その代わり何か悪いコンボに使われそう。

芸術審美
 キャスター/ジル・ド・レェ
こちらも自キャラバウンスキャラ。
自キャラという以外の制限がないのでバウンスを絡めたコンボに使えるかも?。

カルデアス
サーヴァント限定の万能バウンス。
相手に使うだけでなく自分の場も空けたりできる。
とはいえサーヴァント限定で、FGOオンリー環境ならば機能するがそれを抜けたときにはEX0が重くのしかかってくるだろうけど。

ガンド
低コスト用除去。
新生して除去への査定が厳しくなっているのか、それともこれは2コスト以下以外の条件を指定していないからなのか。
それでも現環境じゃ貴重な除去であることに変わりないか。

実力行使
万能除去。
これが除去イベントのおそらく基準となるのだろう。

令呪
汎用性の塊だった旧令呪と違いサーヴァント限定のアンタップとなった。
その分全色EX1とコストとして使いやすくはなったが。

宝具解放
基本的なパンプアイテム。
基本的過ぎて旨みはあまりない。




修補すべき全ての疵
 キャスター/メディア〔リリィ〕
ダウンに誘発して大きくステータスを下げてくれるのだが、ダウン限定なのでなかなか機会がなさそう。
一応チャンプから他の場所の攻撃が通りにくくなる特典はあるが。
ただシステムキャラとして出すにはSPはともかく他の数字が貧弱か。

我が神はここにありて
 ルーラー/ジャンヌ・ダルク
アタッカーとして安定したステータスを持ち一回きりではあるが相手の打点を一気に引き下げる効果を持つ。
制限のためか使用代償が軽く、ダウンしにくいステータスで気楽に攻めれるため時期を問わず活躍できる。

神聖たる旗に集いて吼えよ
 セイバー/ジル・ド・レェ
ステータスを下げれること自体は悪くないが、そのための条件が少々きつい。
こちらからデメリットアイテムを叩きつけてやるぐらいなのだが、それはそれで能力の使用代償も合わせて手札消費が激しい。
DFに出してAP止めするのならそこそこのステータス。

燕返し
 アサシン/佐々木小次郎
DP1がネックだが使いやすいスペック。
効果込みだがAP止めに使いやすい。

エンチャント
 キャスター/ウィリアム・シェイクスピア
目立った効果はないが2コスト2/3というDFに置かれると地味にいやらしいスペックである。

騎士の武略
 ランサー/ディルムッド・オディナ
アタッカーとしてはそこそこ。
効果はAP止めをしにくくする効果なのだが元のDPが3もあるのでわざわざ使う機会は早々ないだろう。

訴状の矢文
 アーチャー/アタランテ
サイドステップという強力な能力を持ち序盤の打点稼ぎはお手の物。
止められたら止められたで少々コストは嵩張るが相手のAFを止め続けることも可能なのであまり場に腐りにくい。

石兵八陣
 キャスター/諸葛孔明〔エルメロイⅡ世〕
アタッカーとしては少々物足りないが止められればそれはそれでタップ能力により盤面をかき回せる。
問題はタップ能力のコスト自体がやや重めなことか。

祈りの弓
 アーチャー/ロビンフッド
典型的なDFスペック。
DFに置く分には特に過不足なく使いやすい。

クランの猟犬
 ランサー/クー・フーリン〔プロトタイプ〕
EXは1だが1コストで旧版の低コストアタッカーの安定スペック3/1/2を備えている。
EX1だけあってちゃんとDMGも3あるのでEX1以下の枚数調整以外の点では使いやすい。

高速神言
 キャスター/メディア
一見してDFキャラ向けのスペックだがAP0なのにDMG4と新ルールの仕様を存分に活かしたスペックとなっている。
しかも能力は0宣言の上次ターンにはほぼ確実にダメージを通せる効果なので長期戦で挑めば相当な打点を稼いでくれるだろう。
もちろんDFにおいて封殺してもいい、オダステ持ってるのですぐ前線に出れるから。

我が心を喰らえ、月の光
 バーサーカー/カリギュラ
DMG4という数字に魅了されがちだがDP0というアタッカーとしては相当不安定な欠点を抱えている。
かといってAP止めするには3コストと少々高くつくが。

殉教者の魂
 ライダー/ゲオルギウス
3/3/3というスペックは相当に高いがDMGが控えめ、能力もタップとやや噛み合い難い構成となっている。
APを減らすという効果も使える状況が少し限定されているのにタップが必要になるのがネック。

音楽神の加護(偽)
 キャスター/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
スペックだけを見ればカスにもほどがある。4コストということを考えれば尚更。
その分誘発効果が強く、雪の味方バウンス効果と合わせればかなり止めてくれるがそれにはドローソースでもないと合計コストが重すぎるか。

刺し穿つ死棘の槍
 ランサー/クー・フーリン
特に取り立てて書くほどでもないアタッカースペック。
問題なく動いてくれるだろう。

女神の寵愛
 アーチャー/オリオン
登場時のタップ効果はなかなか強いのでいつ登場しても戦えるが、理想は序盤から中盤に差し掛かる頃か。
ステップを持っているためとにかく打点を通しやすいのが魅力。

賢者の石
 キャスター/ヴァン・ホーエンハイム・パラケルスス
DPを下げる効果はアタックを通しやすくできるがピンポイントで通用する機会はそうない。
ただ月のアタッカー枠はDPが高いし、こいつ自身もSP2あるのでごり押しで打点を通すことは容易いだろう。
何よりこいつの真価はEX1を処理できるEX2でありながら打点を通したりチャンプもし安かったりと割と使いやすいところ。

黄金劇場
盤面を弄れる月らしいトリッキーなカード。
攻撃を中断させたり空けた穴を別のところに移動させて打点通したり、状況は限られるがこちらに都合のいい盤面に変えさせたりと使い方は多岐に渡る。

お団子
行動済み状態で登場させるためアグレッシブを止めたりブロッカーを機能させなくなったり、これの効果で寝た奴をアンタップ禁止で封じたりと意外と使い道は多い。

無理難題
月の特徴である妨害イベント。
こちらは能力だけの失敗だが、色拘束が全体的に強めの今回にあって月2星2と混色にも使いやすくそれでいてEXも2なので数合わせの投入もしやすい。
実際の使用頻度に関しては環境次第で、適当に匂わせるだけでコストに使うというのもありだろう。

カルデア制服
簡単なアイテム。
DPを上げるだけであとはEX1を吐くぐらいの効果ぐらいか。
月はアタッカー連中がDP高めなのであまり使うことはない。




花の旅路
 セイバー/アルトリア・ペンドラゴン〔リリィ〕
SPは1と花では珍しいが、APが上がるためAFにサポートすれば実質SP2に、DFにサポートすればAP止めもしやすいと意外と幅広く立ち回れる。
自分で攻める以外は大抵の事はこなせるだろう。

百合の王冠に栄光あれ
 ライダー/マリー・アントワネット
サポートで2点追加、本体もDMG3とえげつないことこの上ないスペックである。
こいつを中央AFにでも置いておけば厄介この上ないだろう。

鮮血魔嬢
 ランサー/エリザベート・バートリー
この子は↑のマリーとは違いサポートにより自身のDMGが増える。
つまりマリーと合わせると6点追加となる。
こいつも中央AF向きの効果であり、まずこいつから殴りかかることで通れば4点追加、ブロックされたらSPが足りない両脇をそのまま攻めればいいという王道の闘い方ができる。

ストーキング
 バーサーカー/清姫
自身をアンタップできる非常に優秀なアタッカー。
コストは多少重いものの終盤ではかなり重要な戦力となる。

魔眼
 ライダー/メドゥーサ
花なのに珍しいアグレッシブ持ち。
ただし打点は1点なのでダメージソースにするならDMG上げる効果が必要。
百合マリー使って虚数桜のような形を作ると効果的か。
あと花では貴重なAP止めがしやすい存在。

紅顔の美少年
 ライダー/アレキサンダー
使いやすいアタッカースペック。
DPに少々不安ありか。

流星一条
 アーチャー/アーラシュ
初期の体験デッキにもいた、サポートで一点飛ばしてくるマン。
アタックを通さなくても済むだけでなく相手ターンのダメージも狙えるので僅差の終盤は特に強い。

魅惑の美声
 ライダー/マリー・アントワネット
百合と違いこちらは自分強化である。
そしてEX1になったからかDMGが高くなっている。
素のSPDPはアタッカーとしては低めだが突破力はかなり高い。

スーパーアイドル
 ランサー/エリザベート・バートリー
低コストの理想的なアタッカースペック。
かなり使いやすい。

麗しの風貌
 セイバー/シュヴァリエ・デオン
AF全体パンプなのだがこいつ自身の破棄も使用代償となっているのでやや使いにくい。
有効といえばチャンプからなのだが相手ターンにAFのステータスが上がってもほとんど意味ないか。

うたかたの恋
 キャスター/メディア〔リリィ〕
サポートされたら起き上がれるが案の定DMGは0である。
効果でDMG増やせればなかなか面白い動きができるのだが。

理想の女性
 アサシン/ステンノ
体験会で猛威を振るった姉妹の片割れ。
序盤に二人が揃えば変幻自在の動きで打点をもぎ取っていくだろう。

誰かの為の物語
 キャスター/ナーサリー・ライム
相手ターンに起き上がれるためブロッカー、サポーター両面で隙のない動きができる。
まあこいつをわざわざDFに配置することもないだろうけど。

理想の少女
 アーチャー/エウリュアレ
凶悪セットの片割れ。
0ステップで場をかき乱す戦い方は花とあまり合わないが2人揃えばそれだけで相当動きやすくなる。

敬虔なる聖女
 ルーラー/ジャンヌ・ダルク
サポートによりDMGまで引き上がる。
5コストという重量級に相応しい化け物のようなスペックも相まって安定したアタッカーといえるだろう。

完璧な聖女
 ライダー/マルタ
2コスト2/2/3というスペックお化けの花らしい数字。

トロージャン・ガーディアン
 ランサー/ヘクトール
気配り上手はどこにでもSPを飛ばし味方をサポートしてくれる。
実際に必要になる場面は少ないだろうが色んな場所に飛ぶSP+1は結構なプレッシャーになるだろう。

奮い断つ決意の盾
 シールダー/マシュ・キリエライト
ダウン防止だが代わりにこのキャラが消えてしまう。
能力まで使うとするとやや使いにくいか。

大神刻印
 キャスター/クー・フーリン
マシュ専属サポート師。
だが花のマシュは1種類だけなので、色拘束の少なさから雪との混色の方が映えるだろう。

宝具展開
ダウンを防いでくれるので効果自体はそこそこ使いやすいがそのために3コストはやや重いか。

エリちゃんツアーライブ2015!!
オーダー全体パンプだがAFのみというのがちょっと残念。
これがDFにも無茶苦茶使えたら強かったんだが

マスター契約
パンプアイテム。
こちらはDMGが増えるのでそれだけで使い勝手は良い。
SPの上昇自体は完全におまけ扱いでもいい。

お弁当
花全体のSPを増やすアイテムだがあまりコストに見合ってる感じはしないか。
人形劇みたいなカードがあれば……いやそれでも過剰か。

[PR]
by mma-island | 2017-02-25 01:06 | Lycee | Comments(0)