MMA ISLAND

ブログトップ

6/12ゲマ公認

絶望した。激しく絶望した。
ウェイクアップネイバーのマスター効果の前にシプリペディウムに絶望するのは予想外だった。
210も消費して付加一つ付けるだけかよ、しかも重複不可。
しかも付くのがランダや不滅の炎みたいのならまだしも「混乱抑制」ってなんじゃそりゃ。
混乱付けまくる側が抑制してどうするんだ、むしろこっちの方がリアルに混乱するわ。
落ち着いて見てみても、こちらの混乱追加には反応しないで混乱の減少もない。
これは効果による強制不可じゃ発動しないのだろうか。
隠し効果があるって信じたい。ああ、今ならデスパニックの人の苦悩がわかる。
せめて単発技だけでも十分だったのに。

それにしても狂乱怒涛は優秀だね。
こんな攻撃しない技でも1ターン目3行動保障があるから通常戦でも技EXP稼ぎできるし。
バグ修正されるまで存分に使わせてもらいましょう。
ただそれゆえに闘技だと最近反撃の的になってるけど、いっそのこと3行動保障を逆手にとって自己強化でもしてみるか。
今回体力Lv3も付けたし。
そう思って強化技を見てみると……三つしかないってなんだこれ。
しかもテリブルグリーンは相手もパワーアップするし、オーバーソウルは大抵火接触に使うものなのに。


遊戯王。
うん、ストーリーはそこそこ面白くなってるよ、相変わらず進みは遅いけど。
ランディングデュエルの演出も結構慣れてきたみたいで、最初のgdgd感が大分薄くなってきたしね。
ただやっぱり、この2話構成がね。
私もオリジナルでやったことあるからなんとなく問題点がわかりますが、要は裏に結構大き目のストーリー用意してるからなんですよね、間延びしてる感じがするのは。
GXみたいに1話でレギュラーのほとんどを出した状態でこれをやられるならまだ悪い印象は薄くなるのですよ。
もう一つの不安要素は、他のレギュラーキャラが出てこないおかげで「まさかGXみたいに遊星ばかりにデュエルさせる気じゃないだろうな?」と思わせてしまうこと。
他のキャラも頻繁にデュエルしてくれるなら問題ない構成なんですけどね。
十代のデッキが多彩さと後の広がりを感じさせてくれるコンセプトだったのに対し遊星のは現状かなり幅が狭い構築なので、これが他のキャラも頻繁にデュエルを行うならともかく遊星ばかりが出張ると途端に飽きてしまう要因にもなるわけで。
希望の光明も絶望の不安要素も等しく見えるのは、ある意味で目が離せない構成といえるとは思いますが。


ケータイ捜査官。
くう、やっぱり予告のフェイクは上手いな、この作品。
あの藤宮が攻めてくるかと思ったら、新たなレギュラーの登場回だったとは。
……レギュラー候補でいいんだよね、あの子?
あのエンディングからするとこの後もちょくちょく出て本当にアンカーに入ってレギュラー化、後半はバディ携帯を得てケイタと共に奔走するような感じになってもおかしくないし。
というか本当に、ケイタって地味にもてるよね。
桐原もなんか前々回辺りからケイタに対する態度が大分柔らかくなってるなぁ。
次回はあの刑事コンビがメイン張るんだろうか?


使用デッキ:月単雪メタ
1戦目 宙単トラペゾ ×
2戦目 雪月星ゲームセット ×
3戦目 日花 ×

王様士郎と悪魔王を入れてみた。
メタパワーは上がったがデッキパワーは下がったぜ!(待て

1戦目。
デッキを貸すと高確率でその人と当たる札幌環境自重。
1ターン目から出てきた舞が止まらねー。
いや、なんだかんだで一回も殴られてなかったけど

2戦目。
判断ミスでゲムセ止められなくて打点負け。
まああのまま通してもSPでこられて負けてたか。

3戦目。
アルテいないとDP2が止まらねー、ってだからスペック差自重。
特にDP同じなのにSP3とか出されると2キャラ出さなくちゃいけない上に隣素通しになるのですが。


メタに当たらないときはスペックに潰される、うん実に正しいメタデッキの姿だ。

今度はお得意の雪月で組んでみようかね。
雪のキャラは防御が強いからスペック差の対抗手段にもなるし、転校生から相手キャラ奪うのも立派な雪メタの姿だよね。


今日は偽島の結果をゆっくりと見たいからレポは手抜き。
カマラデリエのHPカンストや本当の意味での“必殺”技、
鳳仙花さんの練習試合の闇鍋等面白い結果がありすぎです、今回は。
[PR]
by mma-island | 2008-06-12 23:19 | Lycee | Comments(0)