MMA ISLAND

ブログトップ

10/2北グリ公認

グレタ・ガラス本当に出てきた!?
まあ敵っぽいけどね。

不幸最低拳がオミットされてて泣いた。
こうなると不幸断裂拳も怪しいな。
超3D無限拳も追加されて嬉しいことは嬉しいんですが、やっぱりスパロボ演出じゃこんなもんかな、と。
あれが壮絶なインパクトを誇っていたのは、3方向に逃げる敵を次々と武装を展開して三次元のカメラワークで追撃していく様子があまりにも強烈だったからですし。


マクフロ&スレイヤーズ最終回。

スレイヤーズはやっぱり当初の告知通りもう1クールあるみたいね。
マクフロは特に何も言うことはないです。
やっぱりマクロスシリーズはストーリーがぶっ飛んでても歌と戦闘があれば満足だってことがよくわかりました。


遊戯王。
新OP、普通にいい曲ですよね。
動画も前回はかなりイメージを掴みかねてたようですが、今回は実にスムーズに書いてました。
まあ前回のがテンポ悪かったのはあの攻撃力表記でしたが。
Bメロからの疾走感がかなりはまってましたね。


エラッタでましたね。
今回は1kill防止のエラッタなんですが……小夜理がかなり悲しいことに。
「まだ強いじゃん」とか言う人いますが、スーパーアグレッシブに組み込んでる私にとっては致命傷ですよ。


使用デッキ:花月空転
1戦目 宙単 ○
2戦目 日単 ×
3戦目 花単 ○
4戦目 日単 ×

ちょっと花を濃い目にしてみた。
花主体のビートにアクセントとして妨害を仕込むような形にして、空転絡みで盤面の支配力が高いウミナミを試験投入。

1戦目。
初手に空転はあるものの空転のコスト分しか月コストがなく、初手の岸田をカウンターしそこなう。
いいんちょで何とか誤魔化し、続いて出てきた謙吾を空転士郎で迎撃、蘇生ウミナミからFDクドでタックスをつけたりと何とか相手のAFを封殺する。
途中シスター・ヘルの登場妨害ができずだ点差が徐々に詰まるが、序盤に打点を稼いでいたためそのまま押し通す。

2戦目。
他人にデッキを貸すとその人と当たる法則自重。
終盤一気に詰めてくるデッキなので序盤に早くウミナミやいいんちょのスペック差で押し切ろうと企むも、相手の小夜理を利用したいいんちょでのドロー加速を以ってしてもコストがまったく噛み合わないため結局全然キャラが場に出ず。
色々揃い出したのはやっぱり相手の場が完全に埋まった後。
案の定そのまま一気に打点加えられて憤死。

3戦目。
クルルに対してセージを出して何とか対抗しましたが、正直相当苦しい状態でした。
勝因は、なんといっても相手のプレイングミス。
毎ターン九門恵の対面が開いているのに、わざわざいいんちょ対面のこのみから殴ってきて、クルルでサポートしてくるので安定して打点防げました。
相手がもっといいんちょに対する経験を積んでたら負けてたでしょうね。

4戦目。
こちら初手にFDしかなく、相手しょっぱなから林檎セット+オペレーターで安定打点。
その後何とか色々対処しようとするものの、こちらの対処の直後に相手にそのカウンターが出てくるため何もできず終了。


うん、そこそこ安定したかな。
手札不足になりがちだった3戦目も何とか凌げたし、あとは細部の調整すれば大丈夫かな。
[PR]
by mma-island | 2008-10-03 02:17 | Lycee | Comments(0)