MMA ISLAND

ブログトップ

11/29北グリウィークリー

バトスピ1巻を買おうと思って書店に向かったらその上にデュエマスFEの新刊が。
ええ、少し迷ってそっちにいきましたよ。
内容自体は、打ち切りにつき一気にまとめました、的な感じ。
まあ打ち切りといっても新シリーズに移行するための、玩具販促漫画にありがちなものだったんですがね。
スーパービーダマンもヴァリアントワイバーンやパワードスフィンクスとレギュラーの新型が出始め、ダークマターの幹部連中も出始めたというところでバトルビーダマンに移行すべく急ぎE-Unit攻防戦→トップビーダーVSダークマターの総力戦と展開していったんでしたっけ。
わざわざ各キャラの背後関係まで記した本戦トーナメント表を載せる辺り本当はもっとやりたかったんでしょうね。
ただ……月刊連載であの内容やろうとするならページ数を倍にでもしないと4、5年掛かるぞ。
各キャラの因縁があまりない前回トーナメントですら2年ちょっと掛かったし。
それにしても白鳳は本当にヒロインだな、おい。

とはいえ新シリーズも楽しみにしてますよ。
無印のMTG時代から数えて29冊、なんだかんだでここまで買い続けてきたのは扱ってる題材に限らず純粋に少年漫画として面白かったからですし。
FE12巻みたいに玩具展開に縛られることが少ない最初のうちはまたいつも通りに展開してくれることでしょう。


ギャラクシーバトルは大会というよりほとんど大戦会といった感じでした。
子供たちが地味に集まってきたり、コギャラクシーが新人だったのもあり、私含むナゾオトナたちはここにフリーしつつ時には子供たちに教えつつ、記念対戦といいコギャラクシーにシャ・ズーのトラウマを植えつけつつ、その片隅で遊戯王勢が自重しなかったりもしてましたが概ねゆったりとした時間でした。
うん、子供も混じったカードゲームの対戦風景ってこういう風にほのぼのであるべきだよね。
明日は発寒行かず、行ければ北グリに大会参加かな。


使用デッキ:新カード満載雪月
1戦目 月花空転 ×
2戦目 雪宙 ○
3戦目 トラペゾ ×
4戦目 ID

今回のデッキの組み方。
まず新カードで雪と月の試したいカードを3,4枚取り出す→
食い逃げあゆ、須磨寺、悪魔王、亜多良、マジ切れを入れつつ新カードが抜けないようある程度の枚数調整→
完成~。

はい、いつも通り超適当です。

1戦目。
自分の入れたアタッカーが強いね、って言ってました。

2戦目。
相手の引きがやたら弱かったおかげで、こちら最低限のアタッカーで勝てました。
とにかくシデンが強かった。
相手は長谷部合わせてきたんですが、無理しなきゃ抜けないようなときは普通に立って1点、相手がドローしたときはそのまま普通に殴って2点。
本当に地味に地味にいい活躍してました。

3戦目。
構築がやたら相性よかったらしいです。
とにかくここでもシデンが素敵過ぎた。
相手が転校生握ってるかもしれない→じゃあ殴らずに1点でいいや
ギルが対面に回ってきた→無理に抜く理由もないし普通に1点でいいや
最高です、こいつ。
殴っても2点なので、攻撃力を半分にしてダイレクトアタックしているだけっていうのが感覚としてすごく素敵です。
そしてトラペゾ相手にプリムラが強い強い。
ただこちらも殴り手を引かなかったので終盤ジリ貧で、1手足りず一生懸命を言わせられなかったのが響きましたね。

4戦目。
以下フリーでお送りします。


いや~、楽しかった。
やっぱり今回雪の強化が嬉しいですね。
シデンが本当にいい子過ぎて困る。
殴りにいかなくても強いアタッカーって久し振りなような。

ただ今回ラムネ、アリス、マドレーヌ、カレハ、ネリネが刺さる空いていなかったので試せなかったのが残念といえば残念。
ラムネは間が悪く雪コストが少ないときにしか来ないし、カレハは左右で殴ってたのがみんな移動持ちアタッカーだったり。
マドレーヌに関してはただの2/2/2、アリスにいたってはチャンプ程度にしか活躍してませんし、もう少し色んなタイプと当たりたかったところ。

この時期は色々なカードに出会えて楽しくてしょうがないわ、本当に。
[PR]
by mma-island | 2008-11-30 00:29 | Lycee | Comments(0)